GemForex(ゲムフォレックス)レバレッジ5000倍の評判ってどう?人気ボーナスは釣りなのか?

海外FXの評価レビュー

● 当サイトの厳選ランキング! ●

1位XM Trading (エックスエム)評判レビュー公式サイト
2位Gemforex (ゲムフォレックス)評判レビュー公式サイト
3位iForex (アイフォレックス)評判レビュー公式サイト
4位TitanFX (タイタンFX)評判レビュー公式サイト
5位Axiory (アキシオリー)評判レビュー公式サイト
ハイローオーストラリア評判レビュー公式サイト


近年爆発的に顧客を増やしている
GemForex(ゲムフォレックス)」について詳しく紹介します。
ついに5000倍レバレッジの口座を条件付きながら作れるようになって話題沸騰中です。
とくに海外FXが初めてという方は参考にしてみてください。

タイトルのボーナスに関しては「6.ボーナス」からどうぞ!

GemForexの会社沿革

Gemの意味は「Global-Expansion-Method」の略で、
「世の中に拡がるトレードの方式を提供する」というコンセプトを表しています。
実際にGemForexならではの特徴的なサービスがいくつもあります。

構成としては、50名以上のスタッフの半数が日本人で、
しかも4名の経営陣のうち3名が日本人になっています。


海外ブローカーですが、
日本人トレーダーにわかりやすい日本語でのサポートも
きめ細やかで安心して利用できる点が、
日本で人気を集めている理由のひとつでしょう。
もちろんメールのお知らせも日本語で届きます。

では最初に、歴史から特徴までをご紹介します。

2010年~2016年

国内で2011年8月から『レバレッジ規制』がはじまり、
個人投資家のFXトレードが一律レバレッジ25倍にしばられてしまった時期にあたります。
それまで100倍や400倍が当たり前でした。
スキャルピングで利益を得ていたトレーダー等は困ってしまい、
レバレッジ規制の及ばない海外FXに注目しはじめたのです。
(参考サイト:金融庁 https://www.ffaj.or.jp/regulation/

最初のレバレッジ規制は、2010年の50倍からはじまっています。
そんなさなかに、当時GemForexを運営していた「GEMTRADE Co.,Ltd」は、
日本人によって2010年に香港に設立されました。

EA(Expert Advisor)と呼ばれる自動売買ツールの無料提供サービスが始まったのもこの頃です。
2014年に運営権が「GEM GROUP NZ LIMITED」に移り、ここからFXのサービスが始まりました。

スタート段階では、どこの国のライセンスも取得できていないことから、
トレーダーもやや警戒している状態でしたが、
2016年に「ニュージーランドFSP」(NZFSP)に登録し、信頼度と透明性が大きく向上しました。

※ニュージーランドライセンスとは
ニュージーランドではFMAとFSPのどちらかに金融業者が登録しています。
FSPは比較的登録が簡単なほうです。
といっても無登録時代より今のほうが信頼性が高まったのは間違いありません。
このFSPについて「まったく信用できない」ように書いているところもありますが、
その日本人ライターさんのTwitterを見ると凍結されていたりします。
あまりにも極端なネット情報は気を付けて読むようにしましょう。
※FSP https://fsp-register.companiesoffice.govt.nz/

2019年~2020年

2019年には、本社を香港からニュージーランドに移転しています。
オフィスはその他にもイギリスやバヌアツ、ベトナムにもあります。
信託保全については、信託銀行による分別管理です。

2019年3月には、13万口座開設を突破、2020年2月1日の時点で26万口座を突破しています。
1年も経過せずに倍増しています。

2019年7月に、ボクシング界で史上初となる8階級を制覇した「マニー・パッキャオ」がGemForexのアンバサダーに就任しており、このことも知名度を高めるのに一役買っていたのでした。

2017年楽天リサーチの3部門で1位、2020年までに海外のリサーチ会社「theforexawards」で
「ベストブローカー賞」を受賞、顧客対応の丁寧さと入出金の速さなどが客観的にも認められ
高く評価されています。

2017年から2019年にかけて「ベストブローカー賞」を毎年受賞しており、
実績についても折り紙つきです。

ポイント
・FSPを取得して信頼度が増している。
・顧客対応の良さで賞をいくつも取っている。

GemForexで作れるアカウントは3種

GemForexのレバレッジは、なんと驚異の「1000倍」です。

国内FXの最大レバレッジ25倍と単純に比較してみます。
国内FXは、単純計算ですと1万円で25万円分の取引ができます。
いっぽうGemForexは、1万円で1,000万円分の取引ができるのです。
圧倒的に違います。

ハイレバレッジ=ハイリスクと思われがちですが、
GemForexは「ゼロカットシステム」を採用しているので、
資金がマイナスになって借金返済の追証が発生することはありません。

※国内FXでは追証が発生するリスクがあります。

つまり、
「1万円が1,000万円になることはあっても、マイナス1,000万円になることは決してない」
ということです。
この場合、最大の損失で1万円です。
ハイレバレッジだからこそ、少ない資金でハイリターンを狙うことができるのです。

トレードスタイルに合わせてアカウントが4種類ある

GemForexには本番口座3種とデモ口座1種のアカウントが用意され、
どれも最大レバレッジは1000倍になっています。
※ただし、口座残高が200万円以上になるとレバレッジは500倍に制限されます。

本番トレードができる口座は、
最近新たに追加された「レバレッジ5000倍口座」を含めると全部で3種です。
それにデモ口座を合わせると4種の口座があるということです。

ここでは本番口座である「オールインワン口座」と「ノースプレッド口座」
そして注目の「レバレッジ5000倍口座」
について説明しましょう。
レバレッジは同じ設定ですが、内容は大きく変わりますので、
自分のトレードスタイルに合った方を選ぶと良いでしょう。

オールインワン口座

オールインワン口座は、「1Lot千通貨」となっており、0.01Lotからの取引が可能です。
100円の入金から取引が開始できます。
(CFDの取引条件は銘柄ごとに違うことがあります)

少額の資金から始めるのであれば、オールインワン口座が最適です。

「EA」の他、「ミラートレード」というサービスも利用できます。
口座開設ボーナスや入金ボーナスといった「ボーナス」が付与されるのもオールインワン口座です。

「スプレッド」については、ノースプレッド口座よりも広く設定されています。
ミラートレード・ボーナス・スプレッドについては、後述しますのでそちらをご覧ください。

ノースブレット口座

ノースプレッド口座は、「1Lot10万通貨」となっており、0.01Lotから取り引きできます。
口座開設時に30万円の入金が必要となり、初心者にはややハードル高めです。

ノースプレッド口座というだけあって「スプレッドは業界最狭水準」ですが、
「裁量トレード」限定となっているため、EAを使ったシステムトレードやミラートレードといったサービスは利用できません。また、ボーナスも適用外となっている点も注意が必要です。

レバレッジ5000倍口座

口座数の限りがあり、2021年6月現在は1000口座までとなっています。
まだ口座開設に間に合いそうなので、ここでお知らせします。
口座を作れば5000倍のレバレッジで取引できますが、良い話には条件があります。
入金上限が10万円までなのです。
また、すべての含み益が100万円を超えると強制決済になり、無限に利益を増やすことはできません。また、EAとミラートレードが使えずボーナス対象からも外れます。
(5000倍レバレッジによる損失からトレーダーを守ることもできるので、強制決済のルールは必要なのかもしれません)
取引は0.01Lotからで、スプレッドは0.1pipと、オールインワン口座と同じになっています。

ポイント
・オールインワン口座 → EA、ミラートレードが使えて、ボーナスも適用される
・ノースプレッド口座 → スプレッドは狭いがサービスは限定されている
・レバレッジ5000倍口座→魅力的だが条件つき


選び方のヒント

初心者の方には、管理しやすくボーナスなどのサービスを受けられる
オールインワン口座をおすすめします。

EAの導入も簡単ですし、金や株価指数(CFD)もトレードできます。
最初はオールインワン口座からスタートしましょう

FXに投入できる金額が30万円を超えても平気な方以外も、オールインワン口座一択です

資金が潤沢で、バリバリとスキャルピングを楽しみたい方はノースプレッド口座も楽しそうです

レバレッジ5000倍口座開設は、1000件までです
超えると作れないことになっています。
(今後、増える可能性はあります)
とにかく「なんでもいいからハイレバレッジだけを追求する」なら、
レバレッジ5000倍口座を作ってしまうのもアリです。

新規口座開設の際レバレッジ5000倍口座を選ぶと、
マスター口座としてオールインワン口座が自動的に開設されます

なので「オールインワン口座も作りたいけど」と迷うことはありません。

追加口座を持つことができるのもGemForexの強みです(最高4つまで)
口座ごとにロット数を変えて資金管理したり、
取引履歴が分かれていることで検証やテストがスムーズになったり、
ミラートレードを試したり、ときめ細かいトレード管理ができるのです。

トレードプラットフォームの特徴とEAの無料提供サービス

FXでは、トレードプラットフォームの使いやすさや機能性は大切です。

国内FXでは、ブローカーが独自に開発したトレードプラットフォームであるケースが多いですが、GemForexは、世界中のトレーダーが愛用している「MT4」(Meta Trader4)での取引になります。

国内FXのトレードプラットフォームは、FX初心者向けで、
テクニカル分析をするためのインジケーターが絞られています。

「MT4」(Meta Trader4)

国内業者のトレードプラットフォームに装備されているのは、移動平均線(Moving Average)やボリンジャーバンド、一目均衡表といったメジャーなものばかりですが、MT4にはそれをはるかに上回る数のインジケーターが用意されています。

有料・無料で配信されているものをダウンロードして追加することも可能です。
経験を積んでいく中でカスタマイズしていくことができるのです。

また、MT4は自動売買ツールであるEAも世界中で開発され、配信されています。
GemForexは、もともとEA無料提供サービスを行っていますので、
オールインワン口座のアカウントを持っていれば150種類に及ぶEAを
無料で利用することができます。

しかも、人気ランキング別に掲載されており、パフォーマンスをチェックして、
勝率や実際の損益を比較することができますので、EA初心者も選びやすくなっています。
EAの使い方も丁寧な解説ページや動画が用意され、
日本人による日本語での解説なので初めてでもすぐに取り組めます。

EAの無料提供サービス

EAの無料サービスについては、口座残高(ボーナスは含めません)によって異なり、
ステータス分けされています。

  • 5万円以上10万円未満が「ビギナーズ」で月にひとつダウンロード可能
  • 10万円以上20万円未満が「アドバンス」で月に3つまでダウンロード可能
  • 20万円以上30万円未満が「プロフェッショナル」で月に5つまでダウンロード可能
  • 30万円以上だと「マスターズ」となりダウンロードが無制限

口座残高が5万円以上で利用できるサービスになっています。

ポイント
・世界で最も多くのシェアを誇るMT4を採用している
・オールインワン口座であれば、EAの無料提供サービスもある


通貨ペアとスプレッド

通貨ペア

GemForexで扱える通貨ペアは33種類です(貴金属を含めると35種類)。
新興国通貨のメキシコペソや南アフリカランド、トルコリラも扱っています。

国内FXでもこれらの通貨を扱うブローカーが増えてきていますが、
GemForexは、クロス円ではなく、ドルストレートです。
(南アフリカランドはクロス円もあります)

例えば、トルコリラを扱う場合は、
米ドル/トルコリラ(USD/TRY)という通貨ペアになります。


そして、CFD(差金決済取引)はオールインワン口座に用意されています。
日経225やNASDAQ(US100)といった10種類の株式指数や、
原油(BRENT)といった2種類のエネルギーも扱っており、
FXだけでなくCFD(差金決済取引)への投資も可能なのです。

スプレッド

スプレッドは、海外FXのブローカーの中でも屈指の狭さを誇っています。

海外のブローカーは、NDD方式(ノーディリンググデスク)を採用しており、
DD方式(ディーリングデスク)ではないため、トレーダーの注文を吞んだり、
他のトレーダーの注文と相殺したりすることができません。

そのため、手数料的な存在であるスプレッドは国内FXより広めです。

NDD方式にもECN(電子商取引)という仕組みだとインターバンクに直結して注文できるため、
スプレッドはとても狭くなりますが、基本的に別途手数料が発生してしまいますので、
やはりコストはかかるのです。

オールインワン口座のスプレッド

一番ポピュラーなオールインワン口座のスプレッドは、
会員ページでいつでも確認することができます。
下の図のように見やすくなっており、トレーダーのストレスになりません。
市況や銘柄によってスプレッドは変わるのでこまめなチェックが必要ですが、
MT4を使う海外FXのなかでは常に適正で広すぎないスプレッドを実現しています。

ノースプレッド口座のスプレッド

ノースプレッド口座は名前のとおり、以下のように0に近い狭さになっています。
そして取引手数料が無料です!

GemForexは、公式サイトで
「NDD方式であること」とふたつのアカウントが「どちらもECN」
であることを公表し詳しく解説しています。

それにも関わらず別途手数料が発生しないのがGemForexの特徴です。
米ドル/日本円(USD/JPY)を例にすると、

  • オールインワン口座で「平均スプレッド1.3pips」
  • ノースプレッド口座で「平均スプレッド0.3pips」

になります。
コストを抑えながら海外FXのハイレバレッジを利用したいと考えているのであれば、
GemForexはまさに最適なブローカーでしょう。

取引時間

取引時間は、夏時間で【月曜6:10~土曜5:50】、冬時間で【月曜7:10~6:50】です。

また、夏時間の【5:55~6:10】、冬時間の【6:55~7:10】は、
銀行レートが不用意に飛ぶことがあるため注文受け付けを停止しています。
(CFDは、銘柄それぞれの受付時間が変わることがあります)

スワップポイントが付与されるロールオーバーは、
夏時間で【5:58~6:05】、冬時間で【6:58~7:05】となっていて
金曜日のみ3日分のスワップポイントが付与されます。

ポイント
・新興通貨も扱え、海外FXではダントツのスプレッドの狭さを誇る


スワップポイント

金利の低い通貨を売って、金利の高い国の通貨を買うと、
ポジション量によって毎日利息を得ることができます。
これが「スワップポイント」です。

為替差益のことをキャピタルゲインと呼びますが、
差益ではなく毎日スワップポイントで得られる利益をインカムゲインと呼んでいます。
為替レートの変動にかかわらず、
毎日利益を得ることができる点がメリットです。

買い、売り、どちらでもスワップポイントがプラス

変動の小さなレンジ相場の通貨ペアであれば、
キャピタルゲインの利益はほとんど期待できませんが、
インカムゲインはポジションを保有しているだけでいいので、
安定した利益を得ることができます。

GemForexは、国内業者と比べればスワップポイントが低めの場合がありますが、
海外FX同士で比べると決して引けを取りません。
しかもGemForexでは、買い(ロングポジション)、売り(ショートポジション)、
どちらでもスワップポイントがプラスになっている通貨ペアがあります。

同一口座での両建てをGemForexは許可しており、
両建てすればどれだけ変動してもロスカットされずに
確実にインカムゲインを積上げていくことが可能です。
※別の口座との両建ては違反トレード、他業者との両建てもまた違反トレードです

例えば、米ドル/日本円(USD/JPY)がどちらのポジションでも
スワップポイントはプラスです。

1ドル108円だとして、買いだと「0.213」ですから、
10万通貨保有していれば、1日約23円の収益です。
両建てで売りも10万通貨保有していれば「0.287」ですから、1日約31円の収益です。
(スワップも変わることがあります。これは一例です)

つまり、合計54円になります。1年間保有していれば、19,710円です。
100万円を日本の銀行に定期預金しても1年間の利息が100円ほどですから、
これは大きな違いですよね。

ポイント
・スワップポイントは低めだが、どちらのポジションでもプラスになる通貨ペアがある


ボーナス

海外FXの醍醐味のひとつに、充実した「ボーナス」があります。

GemForexは、不定期で「新規開設2万円プレゼント」などのキャンペーンを行っています。
口座を開設するだけで2万円のボーナスを受け取ることができるのです。

ボーナス自体は、出金不可ですが、ボーナスで取り引きして得た利益は出金することができます。
レバレッジは1000倍ですから、この2万円だけでもいろいろな取引が可能ですので、
大きなメリットと言えるでしょう。

オールインワン口座のみ対象

ただし、ボーナスにはいくつかのルールがあります。
まず、オールインワン口座のみ対象ということです。

また、1円でも出金するとボーナスはリセットされて0になります。
ボーナスを有効活用する際は、出金のタイミングには気をつけるべきでしょう。
※キャッシュバックサイト経由も対象外ですので注意が必要です。
ポイント目当てにキャッシュバックサイトから口座開設をすると
思わぬ損をするので気を付けましょう。

当選者のみが該当

GemForexのボーナスは、不定期に更新されており、「入金100%ボーナス」もありました。
100万円入金すれば、なんと100万円のボーナスが付与されるということです。

つまり、有効証拠金は200万円になりますので、倍の取引ができるようになります。
このボーナスは、上限100万円で、当選者のみが該当となります。

当選者は、バナー表示されるので、提示された期間内であれば、入金100%ボーナスが適用されます。あくまでも当選者限定ですので、入金のタイミングも重要になってきます。

いろいろなボーナスが不定期で登場しますので、
公式サイトで確認しながら取り引きしていくのは大切です。

ボーナスは、クレジットで表記

実際に入金した資金とボーナスは明確に区分されており、
「残高」で表示される金額が出金できる資金になります。
「クレジット」で表示される金額は、ボーナスで得た資金のことです。

このふたつを合わせて「証拠金」となります。損失が発生した場合は、
まず残高から減っていき、マイナスになったらクレジットから補填され、
それでもマイナス分がある場合は、60分以内にゼロカットシステムでリセットされます。

ただし、それ以前に証拠金維持率が50%に達するとマージンコールが起き、
20%まで低下すると強制ロスカットになります。

証拠金がマイナスになるのは、2015年のスイスフランショックのように、
混乱で一時的に取引が停止され、強制ロスカットも作動しなかったような希なケースです。

ポイント
・2020年2月時点で新規開設2万円ボーナス開催中
・不定期で入金100%ボーナスも当選者限定で行われている


アカウント開設の手順

GemForexは、海外のブローカーですが、
あっという間にアカウントを開設して取引を始めることができます。

アカウント開設はパソコン環境で行うとスムーズです。
メールアドレス、パスワード候補をあらかじめ準備しておくと
30秒以内の開設も可能なくらい簡単です。
では、個人口座の開設方法を説明しましょう。

  • 座開設最短30秒
  • 取引開始まで最短3分

しかかかりません。
理由は、本人確認用の書類の提出が後日でいいからです。

この後日というのは、1回目の出金時までということになりますが、
新規開設ボーナスや入金ボーナスを受け取るためには、
最初から本人確認の書類を提出しなければなりませんので、
その場合はもう少し時間がかかるでしょう。

手順1:新規口座開設

GemForexの公式サイトから「今すぐ!リアル口座開設」をクリックすると、
「口座開設フォーラム」に移りますので、
「口座タイプ」「名前」「メールアドレス」を入力しましょう。

後ほど、入力したメールアドレス宛にGemForexから口座ID発行の案内が届きます。
この口座IDとパスワードで、MT4にログインすることができるようになり、
ここまでならほんとうに30秒です。

手順2:口座開設に伴う必要書類の提出

「ボーナスを得る」「出金する」「クレジットカードで入金する」を行う場合は、
併せて本人確認書類の提出が必要になりますので、マイページからログインし、
提出書類をアップロードします。

必要書類について

まず「身分証明証」ですが、期限内のものであれば、運転免許証でもパスポートでも構いません。
自分で持って顔がしっかり映っている写真(セルフィー写真)も提出する必要があります。

次に、「住所証明証」ですが、発行から3ヶ月以内のものであれば、
住民票の他、公共料金領収書や携帯電話代・クレジットカードの請求書でも構いません。

身分証明証も住所証明証も同一の住所になっていないと審査が通らないので、
事前にしっかり確認しておきましょう。
※ファイルサイズは1MB以内に制限されています。

ちなみに、GemForexでは90日間取引がない場合、口座は休眠状態になります。
基本的に口座維持費は無料なのですが、
休眠状態になると毎月15ドルの口座維持費が引かれていくことになります。

知らないうちに口座残高が減っていたということにならないように注意してください。

ポイント
・クイック開設だと最短30秒で開設できる


入金、出金方法

入金方法

GemForexの入金方法は、いくつか種類があります。

  • 銀行送金
  • クレジットカード
  • bitcoin など

銀行送金、クレジットカード

まず、即時反映される「銀行送金」です。
手数料は無料で、1,000円以上から入金できるので使い勝手がいいです。

次にクレジットカードですが、他の海外FXと同様に、
「Visa」「Master」「アメックス」「DINERS Club」「DISCOVER」など、
多様な種類に対応しています。
こちらも手数料無料で即時反映されますが、最低入金額は5,000円からとなっています。

また、2020年1月27日より、クレジットカードによる初めての入金時には、
クレジットカードを持ったセルフィー画像の提出が義務づけられました。
※この手間は最初だけです。

PayPalやbitwalletなど

基本的には、「銀行送金」か「クレジットカード」での入金がベターですが、
「bitcoin」も0.01BTCから入金可能となっています。
「ethereum」でもできます。0.1ETHからです。

ただ、出金については、メンテナンス中となっているので利用しにくい状態です。
「STICPAY」は、最低入金額5,000円から利用可能ですが、出金には対応していません。
※「PayPal」「bitwallet」「MEGATRANSFER」も以前は利用できたのですが、
2021年6月時点ではまだメンテナンス中となっており利用できません。

出金方法

入金方法がいくつか方法があるのに対し、出金方法は限定されています。

銀行送金のみ

出金方法は「銀行送金」のみです。

一般的には、アンチマネーロンダリングのため、クレジットカードによる入金分は、
クレジットカードで出金される流れとなるのですが、
GemForexの場合は、
クレジットカードによる入金もすべて銀行送金による出金となります。

クレジットカードの現金化が可能となるため、
一度も取引がない状態や5万円以上の入金で数回しか取引していない場合は、
出金がカード会社の許可待ちとなります。
銀行送金は、即時反映とはなりませんので、「3~5営業日」ほど待たねばなりません。

出金手数料

出金手数料は、月1回までならGemForexが負担してくれるので無料です。

2回目以降は、
【20万円未満なら、手数料4,500円】【20万円以上なら、出金額の2%】
が手数料として引かれます。

口座開設ボーナスなどのボーナスのみの取引で出金する場合も、
手数料は発生しますので、注意しておきましょう。

他の海外ブローカーも出金方法は、海外送金がメインですが、
リフティングチャージなどで3,000~5,000円ほど手数料がかかりますので、
GemForexの【月1回無料】は、メリットと言えるでしょう。

ポイント
・銀行送金による出金は、月1回であれば手数料無料


約定力

FXのブローカーを選ぶ際に、
どうしてもレバレッジやスプレッド、スワップポイントに目がいきがちですが、
「約定力」も重要です。

国内FXは、DD方式のため、トレーダーの利益がブローカーの不利益と相反しているので、
スリップページやリクオート、約定拒否、ストップ狩りといったトレーダーにとって不利な環境になりがちなのです。

一方で、NDD方式の海外FXの場合、
トレーダーが利益を出して取引の量を増やしていくことで
ブローカーの利益も増えていくWin-Winの関係になっています。

だからこそ透明性が高く、ブローカーによる不正操作が起こらないのです。

GemForexは、リクオート、約定拒否について「追放宣言」をしています。
トレーダーの不利になるような不正操作はないということを約束してくれているので、
安心して取引ができますよね。

約定のスピードも、特殊なリーディングシステムを開発しており、
「0.78秒以内に99.7%の約定を実現」しています。

ポイント
・リクオート、約定拒否はなく、約定スピードも速い


ミラートレード

GemForexでは、EAによるシステムトレードの他に、
一流トレーダーのストラテジー(戦略)をそっくり真似て取引を行っていくという
「ミラートレード」も可能です。

EAとミラートレードの大きな違い

  • EAをダウンロードする必要がない
  • MT4、VPSも必要ない
  • パソコンを24時間起動しておく必要がない

上記の違いから、負担を軽減したシステムトレードが可能となります。
※ミラートレードもオールインワン口座のみのサービスです。

手数料、利用方法

他にもミラートレードを採用しているブローカーはありますが、
その分の手数料としてスプレッドが1pipsほど広がります。
GemForexは、手数料が無料になっていますので、手軽に利用できるのです。

利用の方法は、オールインワン口座のマイページからミラートレード用のアカウントを作成するだけです。EAと同じようにランキング表示されているので比較しやすく、初心者にも選択しやすいようになっています。

倍率の設定が可能

ミラートレードでは、「倍率」が設定できます。いきなり同じポジション量ではなく、
試しに少ないポジション量から始めてみることができるのです。

倍率が1の場合、公開パフォーマンスが【0.1Lot】だとすると【0.1Lot】でエントリーしますし、
倍率を3にすると、【0.3Lot】でのエントリーとなります。

毎月利用できるストラテジー数が上下する

EAの無料利用サービスと同じ仕組みで、口座残高によってステータスが変わり、
毎月利用できるストラテジーの数が上下します。

  • 10万円未満だと「ビギナーズ」で月にひとつ利用可能
  • 10万円以上20万円未満で「アドバンス」となり月に3つまで選択可能
  • 20万円以上30万円未満で「プロフェッショナル」となり月に5つまで選択可能
  • 最上級ステータスは30万円以上で「マスターズ」、無制限で利用可能

※5万円以上の残高がなければ利用できませんので注意してください。

ポイント
・ストラテジーを選択するだけで、一流トレーダーと同じ取引を自動で行うことができる

日本人向けサポートサービス

海外のブローカーを利用する際に気になるのは、日本語でどこまでコミュニケーションできるのかという点でしょう。サイトもすべて英語表示、質問する際も英語だとハードルが高すぎですよね。

スタッフの半数が日本人

GemForexはスタッフの半数が日本人ということもあって、その点はまったく心配ありません。
サポートセンター自体はベトナムのホーチミンにありますが、
常に日本人スタッフがいますので、ここで対応してくれます。

  • 受付時間は、平日の日本時間で10:00~17:00
  • チャットまたはメールでの対応

となっていますので、直接電話で確認することはできませんが、
サポートについては十分カバーできるようになっています。

公式サイトも日本語でわかりやすく説明も丁寧なのが特徴です。

ポイント
・日本人スタッフがサポートしてくれるので安心

まとめ

GemForexのメリットをまとめると、

  • 1000倍の超ハイレバレッジ
  • レバレッジ5000倍になるチャンスも
  • スプレッドは業界最狭水準
  • EA無料提供
  • ミラートレードも無料提供
  • ボーナスも充実
  • 約定力も問題なし
  • 出金も手数料無料
  • 日本人サポートも万全

となっており、非常に利用しやすいブローカーであることがわかりますよね。
2019年にからGemForexを愛用するトレーダーが急増しているのも当然のことではないでしょうか。

海外FXを始めるのであれば、最初に口座を開設しておくべきブローカーです。
海外FX経験者も、他のブローカーで成果を出せていないのであれば、
GemForexを試してみる価値は大いにあるでしょう。

● 当サイトの厳選ランキング! ●

1位XM Trading (エックスエム)評判レビュー公式サイト
2位Gemforex (ゲムフォレックス)評判レビュー公式サイト
3位iForex (アイフォレックス)評判レビュー公式サイト
4位TitanFX (タイタンFX)評判レビュー公式サイト
5位Axiory (アキシオリー)評判レビュー公式サイト
ハイローオーストラリア評判レビュー公式サイト