XMの評判ってどう?9年使い続けてわかったXM Tradingのチートとは?

海外FXの評価レビュー

● 当サイトの厳選ランキング! ●

1位XM Trading (エックスエム)評判レビュー公式サイト
2位Gemforex (ゲムフォレックス)評判レビュー公式サイト
3位iForex (アイフォレックス)評判レビュー公式サイト
4位TitanFX (タイタンFX)評判レビュー公式サイト
5位BigBoss (ビッグボス)評判レビュー公式サイト
ハイローオーストラリア評判レビュー公式サイト


【どこを見てもXMと書いてあるけれどなぜ?】
こんな疑問を持つ人は少なくありません。
なぜXMはこれほど人気なのか?そして自分には向いているのだろうか?
その疑問に答えます。

  • 海外FXの利用が初めてでどの業者が利用しやすいのかわからない
  • 入金できる金額が少ないから、ボーナスが充実しているFX業者を知りたい
  • 日本語サポートがあるFX業者が良い

このような業者を探している人は、888だったレバレッジが驚きの1000倍になったXMがおすすめです。
この記事を読めば、「XMとはどんな業者なのか?」という評判や特徴だけでなく「XMをおすすめしない人」までわかってしまいます!
XM利用歴9年のトレーダーが実体験をもとに解説します!

XMを利用すべき人と利用すべきでない人

まず、XMを利用すべきでない人と利用すべき人について解説します。

利用すべきでない人

XMを利用すべきでない人は、以下のような人です。
理由も「XMを利用すべきでない人・利用すべき人|その理由」に書きましたのでチェックしてください。

  • スプレッドが狭い業者を使いたい人
  • ※KIWAMI極口座の登場でXMはスプレッドの狭い業者ではなくなりました。
  • スキャルピング中心のトレーダー
  • 入金ボーナスをたくさんもらいたい人

※スキャルピングにおすすめの業者はこちら

※各社ボーナス比較も読んで!

利用すべき人

XMを利用すべき人は、以下のような人です。

  • 海外FXの利用が初めてで日本語サポートに対応している業者が良い人
  • ボーナスを確実にもらえる業者で取引したい人
  • 証拠金が少ない人
  • ナンピン型の戦略で取引をしている人

XMを利用すべきでない人・利用すべき人|その理由

よく言われるのが「スプレッドが広い」という噂です。
Titan FXと主要通貨のスプレッドを比較してみましょう。
もっと詳しい解説も「XMのスプレッドは他社より広いの!?」にありますので読んでいってください。

以下の表はドル円の平日昼間のスプレッドの例です。
1ロットは10万通貨です。

業者一般口座のスプレッドゼロ口座の手数料(往復)
XM1.6pips1ロットあたり10ドル
Titan FX0.4pips1ロットあたり7ドル

スキャルピング派に人気のTitan FXはさすがのスプレッドです。
スプレッドがゼロのゼロ口座も手数料が安いですね。
もし最初からガンガンとスキャルピングをしたい上級者なら、Titan FXなどの業者を選んだほうが良いでしょう。
ただしTitan FXには口座開設ボーナスなどのサービスはありません。

出金についても少し触れておきます。
「出金時の手数料が高い」と以前は言われていました。
こちらも最近は改善されています。

入出金においてXM側の手数料を無料にするサービスがはじまっています。
トレーダーに優しいXMの良さですね。
ただし国内銀行への銀行送金は、出金額が40万円までの場合2500円かかります。

ではXMを利用すべき人にとって、何が利点なのでしょうか?
XMを利用すべき人は、ほとんどの初心者トレーダーであるといえます。
海外FXの利用が初めてで、取引の操作などに不安がある人が当てはまります。

日本人スタッフが複数人在籍しており、日本語サポートに対応しているため、安心して利用できるでしょう。

また、口座開設するだけで3,000円の証拠金がもらえることや100%入金ボーナスなど、証拠金が少ない人にとってもおすすめのFX業者です。

ポイント
・まだトレードスタイルも決められなくて不安がいっぱいならXM一択!
・スプレッドを扱うのに慣れてきたら他の海外FXも使ってみよう

XMは日本人に最も人気の高い海外FX業者

XMは、2009年のサービス開始以来、日本人の利用者にとても人気があるFX業者です。

特に、国内FX会社のレバレッジ規制が行われた2010年以降、口座開設者は増え続け、2019年には利用者が100万人を突破しました。

また、親会社のXM.comは、世界中に進出しており、キプロスに本社があります。
キプロスはEU圏内にあるため、顧客の資金は信託保全で管理されます。

ただ、日本人利用者については、セーシェルのライセンスが適用されます。
そのため、顧客の資金は信託保全の対象ではなく、分別管理されるだけとなります。

万が一、XMが破綻した場合、預けた資金が戻ってこない可能性がある点には注意が必要です。
対応策としてはある程度の利益があるたびに出金しておくのが良いでしょう。

※ライセンスについて詳しく知りたいなら

ポイント
・海外FXで最も気になるのが金融ライセンス
・XMはその点もきちんとしている
・信託保全がないことだけに気を付けよう

XMの評判ってどうなの?

海外FX業者の評価については海外の掲示板「Forex Peace Academy」が有名です。

XMの評価は、5段階中3.098(2022年11月)となっており、海外FX業者としては、まずまずの評価です。

「Forex Peace Academy」では苦情も寄せられているのですが、ひとつひとつにXMのスタッフが丁寧に答え、解決しようとしている様子が見られます。

次に、Twitterにある日本人の利用者の評判を調査しましたので、見ていきましょう。

悪い評判はスプレッドの広さに不満がある口コミが多い

まず、XMの悪い評判としては以下のような評判がありました。

  • 自分だけでなく妻も30ドルのデポジットボーナスを申請したが、ボーナスがなかった
  • 他の海外FX業者と比較すると、スワップポイントが少なくスプレッドが広い
  • XMは損切りをおける距離が遠いのでスキャルピングには微妙

良い評判はハイレバや対応の良さをあげる口コミが多い

続いてXMの良い評判は、以下のようなものがありました。

  • スプレッドも狭く、手数料がないので良い
  • レバレッジ1000倍での取引が可能で、出金も問題なくできた
  • プラットフォームの問題で損失を出したが、失った金額の補填をしてくれました
  • 追証がないので、初心者でも入金以上の損をしない
  • 無料で口座開設ボーナス3,000円がもらえるのは良い
  • 海外FXを始めるなら、間違いなくXM一択
  • XMはハイレバで、入金ボーナスやXMポイントがあるので、ゼロリスクでトレードができる
ポイント
海外トレーダーの間でも評判はまずまず

良い評判と悪い評判のまとめ

XMの悪い評判は、「スワップポイントが少ない」「スプレッドが広がりやすい」「損切をおける距離が遠い」という評判がありました。

私もXMを長年使っていますが、確かにスプレッドが他社よりも広い点は若干気になります。
ただ、スイングトレードをする人は、そこまで気にする必要はないでしょう。

なお、XMでは、同一IP・同一世帯・同一デバイスで2回以上ボーナスの請求ができません。

そのため、デボジットボーナスがもらえなかったという口コミもありましたが、単に利用規約に違反したから付与されなかっただけだと思われます。

一方、良い評判は、国内FXと比較したXMのメリットを気に入ったトレーダーが多く、「ハイレバレッジ」「スプレッドの狭さ」「日本語サポートの存在」「ボーナスが豊富」などの口コミが多くありました。

また、プラットフォームの問題で損失が出た際も、きちんと対応してもらえたということで、サポート体制も良いという評判がありました。

海外FX業者と聞くと、不安になる方も多いですが、XMは取引上のメリットだけでなく、日本語への対応やサポートが親切なので、初心者でも安心してトレードができます。

実際に私が初めてXMを利用した時も、簡単に入出金や取引ができました。

ポイント
XMのスプレッドは広めなのは本当らしい

※海外FXの不安や疑問を解決しておこう!

「【Q&Aつき!】海外FXは不安?今さら聞けない疑問に答えるよ」

XMの5つのデメリット

XMで取引するデメリットは、以下の5つです。

  1. スプレッドが広い
  2. 入金ボーナスが100%もらえるのは500ドルまで
  3. Bitwalletが利益分の出金に対応していない
  4. 信託保全ではない
  5. 利益分の出金ができる方法が海外銀行送金のみ

XMに口座開設を検討している場合は、事前にデメリットについても理解しておきましょう。

スプレッドが広い

XMは、他の海外FX業者と比較してもややスプレッドが広い傾向があります。
そのため、スキャルピングで稼ぎたい人には不向きかもしれません。

また、ECN方式のZERO口座のスプレッドは、とても狭いのですが、手数料が片道5$と海外FX業者の中でも高い点がデメリットです。

そのため、ぱっと見のスプレッドが狭く感じますが、手数料を合わせるとスプレッドが広くなります。

入金ボーナスが100%もらえるのは500ドルまで

XMのメリットの一つは、100%入金ボーナスがもらえることです。
100%入金ボーナスは、入金額と同額のボーナスを証拠金として利用できるサービスですが、
他の海外FX業者と比較した場合、100%ボーナスの適用上限が低いのが残念なところと言えるでしょう。

FX業者XMHotForexFBSLAND-FX
100%入金ボーナスの上限金額5万円500万円200万円50万円

そのため、5万円以上の入金をする場合、他の業者と比べると、あまりボーナスが付与されません。

ただ、XMのボーナスは使い切った後も復活することがよくあるので、使いやすいです。

Bitwalletが利益分の出金に対応していない

海外FX業者では、海外銀行送金よりも手数料が安いBitwalletでの入出金が便利です。

XMでも入出金両方に対応していますが、Bitwallet対応の他のFX業者とは違い、出金できる金額が入金した金額までとなっております。

Bitwalletに対応しているFX業者が多い中、この点は明らかなデメリットです。
手数料を多く取られるので、出金を頻繁にしたい人には、不向きなFX業者といえます。

海外FXの入金と出金をメリットとデメリットで比較!(ネタバレ→bitwalletを使おう)

XMは信託保全ではない

XMの親会社であるXM.comについては、キプロスの規制が適用されるため信託保全があります

しかし、日本人については、セーシェルでの規制が適用されるため、顧客から預かった資金を信託銀行や信託会社に預けていません(信託保全)

その理由は以下の2つです。

  • 近年EUの規制が強化された
  • 日本の金融庁が海外FX業者に対して日本での営業を禁止している

そのため、XMに限らず、海外FX業者の多くが、信託保全ではなく分別管理という方法で顧客の資金とXMの運営資金を分けて管理しています。

万が一、XMが破綻をすると、資金が保証される可能性は低いので、この点は注意してください。

「【警告】金融庁が海外FX業者になぜ警告を発しているのか?」

利益分の出金が少し面倒

先に述べたBitwalletだけでなく、「クレジットカード」「STICPAY」「BXONE」の方法も出金できるのは、入金額と同じ金額までです。

そのため、利益分については、銀行送金でしか出金ができないため、出金時の手数料が多く掛かってしまいます。

ただしこの事情はほかの海外FX業者でも同じようなことなので、がんばってたくさん利益を出して大きく一度に出金して、手数料を気にしないほどになればいいのです。

ポイント
・デメリットとしていえるのは他の海外FX業者も同じようなもの
・XMはそれを超える良いところが多い

XMの10のメリット

XMのメリットは、10個もあります。
なかにはXMだけのメリットもありますので、しっかり確認しておきましょう。

  1. 最大レバレッジ1000倍で取引ができる
  2. NDD方式なので透明性が高い
  3. ゼロカットシステム導入
  4. 通貨ペアの数・CFDの数ともに多い
  5. わずか5ドルから入金でき、最低取引量は10通貨
  6. 100%入金ボーナスと20%入金ボーナスがある
  7. 口座開設するだけで3,000円分のボーナスがもらえる
    (2021年から5,000円ボーナスキャンペーン中)
  8. XMのボーナスは含み損にも耐えやすい
  9. 日本語対応が完璧
  10. 取引するだけで証拠金や現金に交換可能なポイントがもらえる

順番に解説します。

最大レバレッジ1000倍で取引ができる

XMは最大レバレッジ1000倍での取引ができます。
海外FX業者では、国内FX業者よりもレバレッジが高いですが、その中でも高いレバレッジです。

FX業者XMHotForexTitan FXAxiory
最大レバレッジ1000倍1000倍500倍400倍

同業のHotForexは、マイクロ口座のみですし、プレミア口座の場合、最大レバレッジは500倍に落ちます。

レバレッジが高ければ必要証拠金も少なく済みますので、資金が少ない場合や、なるべく一度に多くのポジションを持ちたい場合にぴったりです。
資金が少なくてもハイリスクハイリターンな取引が可能となります。

ただし、XMは全部の口座を合わせて、残高が20,000$(200万円相当)を超えると、最大レバレッジが200倍に落ちるので注意してください。

口座残高最大レバレッジ
20,000$以下1000倍※
100,000$以下200倍
100,001$以上100倍

※ZERO口座は500倍

NDD方式なので透明性が高い

XMのマイクロ口座とスタンダード口座は、顧客から受けた注文を自動的にインターバンクに流す仕組みであるNDD方式です。

NDD方式のFX業者であれば、勝手に注文を拒否することや注文を呑んだりすることはできませんが、国内FX業者で採用されているDD方式では、顧客から受けた注文をインターバンクに流さずに、業者で抱えることや注文を拒否することも可能になります。

つまり、NDD方式を採用しているXMは、国内業者よりも不正が起きにくい仕組みで、安心して取引ができるのです。

ゼロカットシステム導入

XMでは、ゼロカットシステムを導入しているため、万が一、市場の急激な変動により一定の証拠金維持率を下回っても、借金を抱えるリスクはゼロです。

(普段の強制ロスカットレベルは20%です。
「XMのボーナスは含み損にも耐えやすい」に解説しました)

口座の残高が一定の証拠金維持率を下回った時の対応

国内FX業者追証を求められるので、最悪借金を背負うリスクがある
XM 口座残高が一時的にマイナスになるが、ゼロに戻してくれる

XMは、国内FX業者のように、追証を求められません。
したがって、レバレッジ1000倍で取引をしても、失う金額は投資した金額までとなります。

※海外FXのロスカットについて詳しくなりたいなら

「【資金管理の手順】FXで家計簿が神レベルなワケとは?」

通貨ペアの数・CFDの数ともに多い

XMの取り扱い銘柄は、とても多いです。

商品取り扱い銘柄数主な取り扱い銘柄
FX57種類ドル円・ユーロドル・ポンド円など
貴金属2種類ゴールド・シルバーなど
商品先物8種類砂糖・ココア・大豆など
株式指数(現物)17種類日経225・ダウ30・UK100など
株式指数(先物)12種類日経225・ダウ30・UK100など
エネルギー5種類原油

FXの通貨ペアは、主要各国の通貨だけでなく、ルーブルやポーランド・ズロチなどの通貨も対象です。
様々な国の通貨ペアを取引したい人でも困ることはありません。

また、FXの通貨ペアだけでありません。
「金や銀」「原油」「日経225を含む世界各国の株式指数」の取引も可能となっております。

わずか5ドルから入金ができ、最低取引量は10通貨

XMの最低入金額は、5ドルです。
そのため、海外FX業者が初めての場合やとりあえずお試しでトレードをしてみたい場合でも、気軽に利用できます。

また、マイクロ口座なら最低取引量は10通貨ですので、ドル円が1円動いても10通貨なら10円の損益しか発生しません。

そのため、初めてFXをする人でも、口座の残高の変動に怯えることなく、安心してトレードできます。

100%入金ボーナスと20%入金ボーナスがある

XMは、入金した金額に応じて、ボーナスがもらえる「100%入金ボーナス」と「20%入金ボーナス」があります。

ボーナスの出金は、できないですが、証拠金として利用できます。

例えば、最初に5万円を入金した場合は、5万円の残高とは別にボーナスも5万円分もらえます。
そうすると最初から10万円分の証拠金で取引できるのです。

ボーナス制度のおかげで、少ししか取引用の資金がない場合でも、多くのポジションを持てるようになります。

口座開設するだけで3,000円~5,000円のボーナスがもらえる

XMは口座開設をするだけで、3,000円~5,000円のボーナスがもらえます。
このボーナスは入金をしなくてももらえるボーナスです。

つまり、3,000円~5,000円のボーナスを元手に数万円稼ぐことも可能なのです。

口座開設だけでボーナスを提供している海外FX業者は少ないので、XMならではのメリットといえます。
XMならノーリスクでトレードができますね。

XMのボーナスは含み損にも耐えやすい

XMのボーナスは、含み損を抱えても、ある程度の証拠金維持率までなら安心できます。
というのも、XMでは、残高を超える含み損を出しても、証拠金維持率20%までなら強制ロスカットされないのです。

そのため、ナンピントレードのように、一度に多くのポジションを持ち、含み損を抱えることが多い投資方法でも、強制ロスカットされるリスクは低いでしょう。

含み損が残高を 上回った時の対応

XMHotForexFBS
強制ロスカットされない強制ロスカット強制ロスカット

一方、他の海外FX業者の多くは、どんなに豪華なボーナス制度でも、含み損が口座残高を超えた瞬間に強制ロスカットされ、ボーナスもなくなります。

そのため、XMよりも含み損を抱えた時の口座破綻リスクが高くなるのです。
以上のことから、XMはハイリスク・ハイリターンな取引をしたい時が真っ先に選ぶべきFX会社といえるでしょう。

日本語対応が完璧

XMは公式サイトが日本語化されているため、詳しいサービスの特徴などをストレスなく調べることができます。

日本人スタッフが在籍しており、わからないことは日本語でサポートしてもらえるため、サポートは万全といえます。

一部のFX業者のように、外国人がカタコトの日本語で対応するということはないので安心してください。

サポート方法サポート対応時間
サポートデスクへのメール週5日24時間
日本語ライブチャット週5日24時間

なお、サポートデスクへのメールは、返信までに1営業日前後掛かります。

そのため土日祝日にメールを送った場合、返信に時間が掛かるので、急いでいる場合は注意が必要です。

取引するだけで証拠金や現金に交換可能なポイントがもらえる

XMは、先に説明したボーナス制度だけでなく、取引に応じて証拠金や現金に交換できるロイヤリティポイントをもらうことができます。

付与されるロイヤリティポイントは、以下の表のようになっています。
利用しているトレーダーのロイヤルティステータスによって違います。

ステータスもらえるポイント(1LOTあたり)ランクアップ条件ランクダウン条件
エグゼクティブ10XMP 初期設定なし
ゴールド13XMP 30日以上の取引  30日以上の取引 していない
ダイヤモンド16XMP 60日以上の取引  60日以上の取引 していない
エリート20XMP 100日以上の取引  100日以上の取引 していない

なお、取引日数は連続でなくても構いませんが、ランクアップ条件と同じ日数分の取引や入出金を行わないと、これまでもらったポイントが消滅し、ステータスもエグゼクティブに戻されるので注意が必要です。

なお、付与されたポイントは、以下の2種類の方法で換金可能です。

  • ボーナスへの換金はXMP÷3
  • 現金への換金はXMP÷40

ポイントの還元率が良いのはボーナスへの換金です。

例えば、1,000XMPの場合、ボーナスへの換金なら333ドル分へ交換されますが、現金に換金した場合、25ドル分しか交換できません。

現金への換金は出金ができますが、換金条件が悪いのでボーナスに換金がおすすめです。

ポイント
・ボーナスのサービスだけでなくポイント制度やイベントが豊富
・銘柄も多くFXやCFDを体験したいなら全く問題なく楽しめる

XMの3つの口座の特徴とは?

取引条件マイクロ口座スタンダード口座ZERO口座
注文方式NDD方式NDD方式ECN方式
最低入金額5$ 5$ 100$
最低取引量10通貨※1,000通貨1,000通貨
最大取引量10万通貨50万通貨50万通貨
最大レバレッジ1000倍1000倍500倍
スプレッド普通普通狭い
手数料なしなし1LOTあたり片道5$
ロスカットされる維持率20%20%20%
プラットフォームMT4MT5 MT4MT5 MT4MT5 
取り扱い通貨ペアFX57種類貴金属4銘柄商品CFD42種類 FX57種類貴金属4銘柄商品CFD42種類 FX57種類貴金属2銘柄  
入金ボーナス×
口座開設ボーナス
両建て

※MT4の場合。MT5の場合は100通貨

マイクロ口座

マイクロ口座をおすすめするのはこんな場合です。

  • 少額の資金でトレードしたい
  • お試しで取引してみたい
  • 初心者でまだトレードの自信がない

理由は、最低入金額が5$に設定されており、最低取引量も10通貨から取引できるからです。

そのため、リスクを抑えて取引することができ、入金ボーナスの対象にもなっているので、資金が多めの状態からスタートできます。

スタンダード口座

スタンダード口座は、XMの口座の中で、基本的な口座です。
なお、スプレッドなど取引条件については、マイクロ口座と違いがありません。

入金ボーナスの対象にもなっているので、証拠金が増えたら、スタンダード口座の追加口座を作ると良いでしょう。

唯一の違いは、最低取引量が1,000通貨から対応している点です。
FXの経験がある場合は、より多くのLOT数が取引できるスタンダード口座を開設することをおすすめします。

ZERO口座

ZERO口座は、マイクロ口座やスタンダード口座よりもスプレッドが狭い口座で、ドル円やユーロドルの最低スプレッドは、0.0pipsとなっております。
そのため、デイトレなど短期的な取引をしたい場合におすすめします。

ただし、以下の4つのデメリットがあります。

  • 入金ボーナスの対象外
  • 1LOTあたり片道5$の手数料が掛かる
  • 最低入金額が100$
  • 取引商品が少ない

ZERO口座特有のデメリットがあるため、FXを初めたばかりのトレーダーにはおすすめできません。

初心者にとって入金ボーナスがないのは痛すぎますし、最低入金額が高くなれば、気軽に利用するわけにいかなくなります。

なお、XMでは、合計8口座まで作ることが可能ですが、途中でZERO口座をマイクロ口座やスタンダード口座に変更することはできません。

裁量取引とEAなど自動売買での取引をする場合や、スイングトレードとデイトレードで口座を分けたい場合は、複数の口座を使い分けることをおすすめします。

ポイント
スプレッドの超狭い口座タイプもちゃんと用意されている

※プラットフォームの使い方はこちら

【完全版】MT4(メタトレーダー4)の 操作方法 ~初心者編~

XMのスプレッドは他社より広いの!?

XMのスプレッドは、他社よりも広いと言われていますが、本当にそうなのか調査をしてみました。

マイクロ・スタンダード口座とZERO口座のスプレッドの違いは?

まず、XMのマイクロ口座やスタンダード口座とZERO口座を比較してみました。
なお、マイクロ口座とスタンダード口座ではスプレッドの違いはありません。

通貨ペアスタンダード口座※ZERO口座※
USD/JPY1.7pips0.7pips
EUR/JPY2.3pips0.9pips
GBP/JPY3.4pips1.6pips
AUD/JPY3.2pips1.6pips
EUR/USD1.8pips0.7pips
GBP/USD2.5pips0.9pips
AUD/USD2.1pips0.8pips

※片道のスプレッドを足した実質スプレッド

どの通貨ペアで比較しても、スタンダード口座のスプレッドよりもZERO口座のスプレッドの方が手数料を足しても狭いことがわかります。

例えば、ドル円を100万通貨取引した場合、スタンダード口座のスプレッドは、1.7pipsなので17,000円です。

しかし、ZERO口座の場合は、0.7pipsなので7,000円のスプレッドしか掛かりません。
そのため、デイトレードのように何度も取引を繰り返す場合は、ZERO口座での取引をおすすめします。

スタンダード口座のスプレッド▼

ZERO口座のスプレッド▼

ポイント
・デイトレードやスキャルピングはスプレッドの狭いZERO口座を使うと良い
・ただし手数料もかかる

ZERO口座のスプレッドは他社と比べてどうなのか比較してみた

次に、【XMのZERO口座】【HotForexのゼロスプレッド口座】【TradeviewのILC口座】のスプレッドを調査しました。

通貨ペアXM ZERO口座HotForex ゼロスプレッド口座Tradeview ILC口座
USD/JPY0.7pips0.6pips0.35pips
EUR/JPY0.9pips1.3pips0.45pips
GBP/JPY1.6pips1.2pips0.85pips
AUD/JPY1.6pips1.8pips0.95pips
EUR/USD0.7pips0.7pips0.35pips
GBP/USD0.9pips0.7pips0.55pips
AUD/USD0.8pips1.0pips0.65pips

※片道のスプレッドを足した実質スプレッド

XMのZERO口座のスプレッドは、他社と比較しても狭いとはいえません。
特に、スプレッドの狭さに定評のあるTradeviewと比較すると、スプレッドが広いです。

また、サービス内容が似ているHotForexとは同じぐらいの狭さです。
そのため、極端に他社よりスプレッドが広がるわけではないので安心してください。

ユーロ系や豪ドル系ならHotForexよりも狭いスプレッドで取引が可能となります。

XM ZERO口座のスプレッド▼

HotForexゼロスプレッド口座のスプレッド▼

TradeviewのILC口座のスプレッド▼

XMのボーナスでローリスク・ハイリターンを

XMの一番の魅力は、ボーナスです。
具体的にどのような仕組みになっているのか解説します。

XMのボーナスは以下の2本建てです。

  • 100%入金ボーナス
  • 20%入金ボーナス

100%入金ボーナス

100%入金ボーナスは、入金額の100%がボーナスとしてもらえますが、100%入金ボーナスが適用されるのは、5万円の入金までです。

例えば、3万円の入金をすれば、入金額3万円に加えて、ボーナスも3万円追加されるので、証拠金は6万円から取引を開始できます。

資金が少ないトレーダーは、最初から証拠金が増えた状態でトレードできるので、ロット数を増やせますし、口座が破綻するリスクも抑えられます。

なお、入金をすると自動的にXMの口座にボーナスが反映されるので、ボーナスをもらうための手続きは必要ありません。

20%入金ボーナス

20%入金ボーナスは、100%入金ボーナスを使い切った後の入金に適用されるボーナスです。

入金した金額の20%のボーナスがもらえます。
20%入金ボーナスの上限は、45万円までの入金となりますので、たとえば、10万円入金した場合は、2万円がボーナスとしてもらえます。

初回の入金で20万円入れた場合

初回の入金で20万円入金した場合はどうなるのでしょうか?

この場合は、以下のように計算されます。

・5万円までは、100%入金ボーナスなので、ボーナスは5万円分
・残りの15万円は、20%入金ボーナスが適用されるので、ボーナスは3万円

したがって、初回に20万円入金した場合にもらえるボーナスは、8万円分です。
そのため、残高とボーナスを合わせた28万円の証拠金で取引が可能です。

ボーナスを利用する際の注意点

ボーナスを利用する際には、以下の4つの点に注意してください。

  1. ボーナスをすべて使い切ると、新たに入金してもボーナスが付与されない
  2. ボーナスをもらえるのは、マイクロ口座とスタンダード口座への入金のみ
  3. ボーナスの出金はできず、得た利益のみ出金可能
  4. XMでは時々プロモーションを行っており、
    使い切ったボーナスが復活することがある

また、以下の行為は、ボーナスが消滅する原因になるので覚えておきましょう。

  • 出金をしたとき(出金額の割合に応じて)
  • ボーナス対象口座からボーナス対象外の口座へ資金移動をしたとき
  • 90日間取引や入出金をしなかったとき

ただ、他の海外FX業者のように、1円でも出金をしたら全てのボーナスを失うようなペナルティはないので、その点は安心してください。

ボーナス制度がある他の業者と比べても、XMの利用しやすさは一番といえるでしょう。

ポイント
ボーナスやゼロカットシステムと組み合わせて最小のリスクで大きなリターンを目指せるのがXMの魅力

入出金方法を解説

XMの入出金方法について解説します。

入金方法

XMの入金方法は、全部で6つあります。

【画像つき】XM(XM Trading)の入金・出金マニュアル解説!

入金方法手数料反映時間最低入金額
VISAカード無料即時500円
JCBカード無料即時1万円
Bitwallet無料即時〜数分以内500円
STICPAY無料即時〜数分以内500円
国内銀行送金無料※1時間以内1万円
BXONE無料即時〜数分以内500円

※1万円未満の入金は980円の手数料が掛かる

おすすめの入金方法は、Bitwalletです。
理由は、銀行口座やクレジットカードと連携ができ、入金に時間が掛からないからです。

一方で、国内銀行送金は、

  • 最低入金額が高い
  • 口座へ反映されるまでの時間が長い
  • 銀行が営業していないと送金できない

などのデメリットがあるので、おすすめできません。
ちなみに、クレジットカードでの入金は、カード会社が利用を拒否しているケースもあります。

何回利用しても入金ができない場合は、他のカードで試してみてください。

出金方法

XMの出金方法は、全部で5つあります。

出金方法手数料着金までの時間最低出金額
VISAカード無料2営業日〜5営業日※1500円
Bitwallet無料即時〜24時間以内 500円
STICPAY無料即時〜24時間以内 500円
海外銀行送金無料※22営業日〜5営業日無制限
BXONE無料即時〜無制限500円

※1:入金後24時間以内に出金申請をした場合、1ヶ月〜2ヶ月掛かるケースがある
※2:中継銀行や受け入れ先銀行の手数料が掛かる

XMは、入金額と同額までの出金は入金方法と同じ方法で出金が可能です。
しかし、利益分の出金については、海外銀行送金でしか出金ができませんので覚えておきましょう。

海外銀行送金は、XM側の手数料は無料です。
しかし、中継銀行と受け入れ先の銀行で手数料が掛かるため、2,000円〜7,000円の手数料が掛かります。

また、クレジットカードで入金後24時間以内に出金をすると、カード会社の確認作業などの時間が余計にかかります。
出金されるまでに1ヶ月〜2ヶ月近く掛かることがあるので注意してください。

手数料や手間を考えると、出金は、できるだけまとめて行うのがおすすめです。

ポイント
・入出金はまとめてするのが得
・手続はわかりやすくなっていてXMに質問することもできる

XMについてのQ&A

XMについてのよくある疑問やQ&A形式で解説します。

禁止されている取引はありますか?

主に以下の行為は禁止されています。

  • XMの複数口座間での両建てやXMと他社の口座間での両建て
  • アービトラージ(裁定取引)
  • ボーナスを不正取得するための取引
  • 窓開けを狙った取引

なお、XMではスキャルピングは禁止されていません。

※禁止トレード特集はこちら

出金拒否の噂がありませんか?

XMでは出金が断られるケースは、規約に違反した場合のみです。
特にボーナスの不正利用については目を光らせているようです。

規約違反をするとボーナスの取り消しや、口座の凍結などをされることは規約にも記載されています。

EAを利用した自動売買は可能ですか?

はい、可能です。
MT4をインストールして、EAをセットすれば、稼働できます。

確定申告のため取引明細書をインストールしたいが、
口座が休止された場合はどうすればよいの?

90日間取引をしなかったなどの理由で、取引明細書がインストールできない場合は、メールでサポートに問い合わせをすれば、取引明細書を送ってもらうことができます。

なお、前年の取引明細書だけでなく前々年の明細書も対応可能です。

会社概要

会社名TPS Management Limited(XM)
サービス開始年2009年
金融ライセンスキプロスセーシェルイギリスフランスドイツアメリカなど
住所Steliou Mavrommati 80B, Agios Pavlos, 2364, Nicosia, Cyprus

XMについてのまとめ

XMは、海外FX業者のなかでも最も日本人利用者が多いFX業者です。

  • 最大レバレッジ1000倍
  • 追証なし
  • 入金ボーナス

など、メリットが多く口座開設するだけで、3,000円のボーナスがもらえるのでリスクなしでトレードができます。

初めて海外FX業者でトレードする場合でも、簡単に取引ができ、日本語にも対応しているので安心して利用できます。

最終的な結論も「はじめての海外FXで悩んでいるならXMの口座を持ってみよう!」です。
手続やサービスがチートといえるほど充実しているからです。
ぜんぜん自信がないなら「マイクロ口座」を選びましょう。
そうでないなら「スタンダード口座」を選べばOKです。

※まだあるXMのいいところ!

「【徹底比較】海外FX業者の日本語サポートってどう?」

● 当サイトの厳選ランキング! ●

1位XM Trading (エックスエム)評判レビュー公式サイト
2位Gemforex (ゲムフォレックス)評判レビュー公式サイト
3位iForex (アイフォレックス)評判レビュー公式サイト
4位TitanFX (タイタンFX)評判レビュー公式サイト
5位BigBoss (ビッグボス)評判レビュー公式サイト
ハイローオーストラリア評判レビュー公式サイト