IFC Marketsの評判って?保険加入してる安心FX業者

海外FXの評価レビュー

働き方改革により残業が減ったことで、副業を始める人が多くなってきましたよね。
ただ、本業をしながらの副業は、労働時間が長くなりますので、
体への負担や本業への影響も大きいと思います。

そこで注目を集めているのが、
24時間いつでも取り引きできるFX(外国為替証拠金取引)による投資です。

今回は、「投資対象が600種類」、「16万5千人の顧客」に愛用されている
「IFC Markets」のサービス・利用方法についてお伝えしていきます。

IFC Marketsの会社概要

「IFC Markets」(IFCM)は、シティ・オブ・ロンドンに本社を構える「IFCグループ」のひとつ、
「IFC MARKETS.CORP.」によって、2006年からサービスを開始しました。

ライセンス

イギリス領ヴァージニア島金融商品市場指令の許認を受けており、
「BVI FSCライセンス」を取得しています。

「IFC Markets」は、日本人トレーダーに対応しておりますが、
同グループ内の「IFCM Cyprus Limited」という会社は、対応しておらず、
欧州圏のトレーダー向けになります。名前は似ていますが、別会社ですので覚えておきましょう。

なお、IFCM Cyprus Limitedは、CySEC(キプロス証券取引委員会)のライセンスを取得しており、
IFCグループ全体の信頼性の高さを示しています。

資金管理

IFC Marketsはトレーダーの資金を分別管理しているだけでなく、
American International Groupの「AIG保険」(専門職業人賠償責任保険書)に加入していますので、仮に会社が破綻したとしてもトレーダーの資金は保証されています。

海外のブローカーは、国内のブローカーとは違い信託保全の規制がなく、
分別管理だけというケースが多いので、非常に安心できるポイントです。

だからこそ、80ヶ国、16万5千人以上のトレーダーがIFC Marketsを利用しているのでしょう。

その他特徴

IFC Markets は、FXマガジンAtoZMarketsにおいて、「2020年の国際的なブローカー賞」を受賞しています。

なお、IFCグループには、セーシェル登録の「NetTradeX Limited」という会社があり、
IFC Marketsだけが提供しているトレードプラットフォーム「NetTradeX」を開発しています。

ポイント
・BVI FSCライセンスを取得している
・分別管理+AIG保険でトレーダーの資金を守っている

アカウントの詳細

IFC Marketsのアカウントは、大きく分けて、下記4つです。
BeginnerとMicroが初心者用、頻繁に利用する場合はStandardがおすすめです。

  • NetTradeXの「Standard」と「Beginner」
  • MT4とMT5の「Standard」と「Micro」

Standard

  • レバレッジ … 200倍
  • 最小購入単位 … 10000単位
  • 最低入札金額 … 10万円

国内FXのレバレッジは25倍が限界ですから、200倍でも充分にハイレバレッジと言えます。

最低入金額が10万円と、やや敷居が高いのですが、初めての海外FXの場合は、
まずは、「Beginner」または「Micro」がおすすめです。

「Beginner」や「Micro」は、口座資金が50万円(5,000ドル)を上回った時点場合、
新規ポジションが扱えなくなりますが、「Standard」は、制限なく取引ができます。

Beginner、Micro

  • レバレッジ … 400倍
  • 最小購入単位 … 100単位(Beginner)、0.01Lot(Micro)
  • 最低入札金額 … 100円

最低入金額が100円と口座開設のハードルも低く、
100通貨から取引が可能(Microだと0.01Lot)ですので、海外FX初心者にはおすすめです。

口座残高が50万円を上回った場合は、Standardに変更するか、同じ口座を利用する場合は出金して調整すると良いでしょう。

BeginnerとMicroのレバレッジは、「400倍」と、かなりの超ハイレバレッジです。例えば、米ドル/日本円(USD/JPY)が1ドル108円だとして、10万通貨を取引する場合、
国内FX(レバレッジ25倍)だと、432,000円の資金が必要ですが、レバレッジ400倍だと、なんと27,000円で取引ができるのです。

1円の変動で10万円の損益は、レバレッジに左右されませんので、
レバレッジが高いほど、少額でハイリターンが狙えることになります。

ゼロカットシステム

IFC Marketsは「ゼロカットシステム」を導入していますので、
万が一証拠金がマイナスになった場合でも、借金返済の追証は発生しません。
マイナス分はIFC Marketsが負担してくれる仕組みです。

ただし、資金が少ないと強制ロスカットになるリスクもありますので、
ポジション量や実効レバレッジには注意しましょう。

IFC Marketsでは、証拠金維持率が50%を下回るとマージンコールとなり、
証拠金維持率が10%を下回ると強制ロスカットで損失が確定します。

ポイント
・Standard → レバレッジ200倍
・Beginner、Micro → レバレッジ400倍だが、口座残高の制限がある

トレードプラットフォームの特徴

IFC Marketsで利用できるトレードプラットフォームは3種類です。

NetTradeX

まずは、IFC Marketsだけで利用できる「NetTradeX」です。
自動売買ツール、テクニカル分析用のインジケーターなど機能が充実していますが、
NetTradeXを利用する最大の魅力は「合併商品」(PCI)が作成できるという機能です。

IFC Marketsでは、FXの通貨ペアの他にも、株価指数、株式、貴金属、ETF(上場投資信託)、
仮想通貨など様々な分野に投資することができ、その組み合わせを自由に行えるのが合併商品です。

例えば、「天然ガス/原油WTI」(&GAS/OIL)というように、
新しい取引商品を作り、売買したり、分析したりすることができます。

25資産までの組み合わせが可能で、ひとつの口座で100個の合併商品を作ることができ、
全体に占める割合の調整もできます。珍しい通貨ペアを作り、取引することができますので、
可能性は無限です。他のブローカーにはないサービスです。

「MT4」(Meta Trader4)

IFC Marketsでは、もちろん世界中で愛用されている「MT4」(Meta Trader4)も利用可能です。

MT4の最大のメリットは、自動売買ツール「EA」(Expert Advisor)の機能です。
自分で自動売買ツールを開発することもできますし、世界中の一流トレーダーが開発した自動売買ツールも利用できます。

国内FXでは、システムトレードといっても固定の自動売買ツール1種類だけしか利用できないケースが多いですが、MT4であれば膨大な数のEAから自分のトレードに合ったものを選び利用することができるのです。だからこそMT4は世界で圧倒的なシェアを誇っています。

「MT5」

さらに、IFC Marketsでは、MT4の後継型である「MT5」を選択することも可能です。
MT4に対して互換性はありませんので、MT4のEAを使ってシステムトレードすることはできませんが、より高性能なMT5専用のEAが続々開発されていますので、新しい機能を求めるのであればMT5がおすすめです。

ポイント
・合併商品が作れる「NetTradeX」が利用できる
・MT4やMT5の選択もできるのでEAによるシステムトレードにも対応している

通貨ペアとスプレッド

通貨ペア

IFC Marketsで扱っている通貨ペアは49種類です。

通貨は多彩で、スウェーデンクローナ(SEK)、シンガポールドル(SGD)、デンマーククローネ(DKK)、オフショア人民元(CHN)、チェココルナ(CZK)、ポーランドズロチ(PLN)、ロシアルーブル(RUB)まで揃っています。

仮に扱いたい通貨があっても、クロス円の通貨ペアがない場合、
NetTradeXのアカウントであれば合併商品として作ることも可能です。

スプレッド

「スプレッド」は、固定制(Fixed)と変動制(Floating)を選ぶことができ、
固定制の方が広めになります。

NetTradeXのアカウントでは、どちらかを事前に選択できますが、
MT4は固定制、MT5は変動制のみとなっています。

固定制と変動制の違い

固定制と変動制とで、スプレッドにどれだけの違いがあるのかについて、
米ドル/日本円(USD/JPY)で比較してみましょう。

最低スプレッドは、固定制「1.8pips」に対して、
変動制「0.5pips」と公式に掲載されています。

一見すると変動制の方がスプレッドは狭く有利に思えますが、
重要な経済指標の発表前後で、かなりスプレッドが広くなりますので、
この数値だけでは判断できないでしょう。

NDD方式(ノーディリンググデスク)を採用

スプレッドの狭さの理由は、IFC Marketsがトレーダーの注文をのむDD方式(ディーリングデスク)ではなく、NDD方式(ノーディリンググデスク)だからです。

国内ブローカーは、のむことで利益をあげていますので、
その分だけスプレッドを限界まで狭くすることができますが、
トレーダーの利益がブローカーの損失に繋がるため、約定拒否やリクオートによる不正操作が起こってしまいます。

IFC Marketsは、透明性の高いNDD方式を採用しているので、
トレーダーが不利になるような操作は発生しません。

だからこそ一流のトレーダーは、NDD方式のブローカーを利用して取引をしているのです。
これは、スプレッドの広さ以上に、FXで勝つための重要な要素になります。

ポイント
・通貨ペアは49種類で、合併商品によってさらに種類を増やすことができる
・スプレッドは固定制と変動制があるので、選択することが可能

スワップポイント

IFC Marketsの取引時間は、

  • 夏時間で月曜日の7時から土曜日の5時
  • 冬時間だと月曜日の8時から土曜日の6時

となっていますが、その取引時間の中で、日にちをまたいでポジションを保有していると発生する利息分のことを「スワップポイント」といいます。

同じ通貨ペアであっても、スワップポイントはブローカーによって異なります。
また、日々変動しますので、最新のスワップポイントは公式サイトやトレードプラットフォームで確認するようにしましょう。

スワップポイントが付与されるのは、

    夏時間では5時
  • 冬時間では6時

の段階となり、これをロールオーバーと呼びます。

プラススワップが付与されるのであれば、このロールオーバーを狙ってポジション量を増やす方法もありますし、逆にマイナススワップになるのであれば、
ロールオーバー前に決済してポジション量を減らすという方法もあります。

IFC Marketsは、全体的にスワップポイントがあまり期待できないので、
長期でポジションを保有し、プラススワップを積上げていきたいのであれば、
他のブローカーを探した方がよいでしょう。

その代わりIFC Marketsでは、超短期売買である「スキャルピング」が認められていますので、
取引回数で利益を積上げていきたいトレーダー向きです。

両建てによるアービトラージも不正トレードには該当しません。
だからこそEAをフル活用して超短期売買を繰り返し、不労所得をどんどん稼いでいくことが可能です。

ポイント
・スワップポイントは低い
・スキャルピング、アービトラージが許可されているので短期トレード向き

キャンペーンとボーナス

海外FXと聞くと、派手なボーナスを想像しがちですが、IFC Marketsには、ボーナスがありません。

一般的には、新規で口座を開設したり、一定の入金額を満たしたりするとボーナスが付与されるのですが、このような仕組みがIFC Marketsにはないのです。
その代わり、IFC Marketsには、独特なキャンペーンがあります。

フリーマージンに対する利息

フリーマージンとは、要するに「利用していない余剰証拠金」のことです。

一般的に余剰証拠金は、実際に取り引きしている資金ではありませんので、
ただ、口座に縛られている資金になってしまうのですが、IFC Marketsは、
このフリーマージンに利息を付与してくれるのです。

為替レートの変動によって証拠金維持率が低下し、
強制ロスカットにならないように余剰証拠金を充実させているトレーダーは多くいます。

為替レートが、一方的に上昇し続けたり、下落し続けたりすることは珍しく、
上昇と下落を繰り返すので、含み損が発生しても、余剰金証拠金が充実していればトレンドが転換するまで耐えきることができるのです。

この利息率(年利)は、「毎月の取引量によって決まる」ので、資金を入金しただけでは利息はもらえません。最低でも月に「10Lot(100万通貨)以上」の取引が必要になります。

  • 10Lot未満 … 利息率が0%
  • 10Lot以上30Lot未満 … 利息率は1%
  • 30Lot以上50Lot未満 … 利息率2%
  • 50Lot以上70Lot未満 … 利息率4%
  • 70Lot以上 … 利息率7%(最高)

また、入金の上限はありません。入金額が多ければ、
その分だけ受け取れる利息も多くなります。なお、利息が口座に反映されるのは翌月5営業日以内です。

スワップポイントは、ポジションを保有していて初めて貰えますが、
フリーマージンの利息は、「ポジションを保有していなくても利息が付与される」ます。

リスクをとらず、利息が付与されるのは、大きなメリットです。

IFC Marketsを利用する場合、できるだけ多くの資金を投入し、その一部でEAを利用したシステムトレードや、裁量トレードのスキャルピングをしていけば、
取引量も増え、フリーマージンの利息が非常に期待できます。

しかも、一般的なボーナスは、出金することができませんが、
フリーマージンの利息は、出金することができるのです。

ポイント
・口座開設、入金ボーナスはない
・フリーマージン(余剰証拠金)に対する利息が毎月、取引量に応じて付与される

口座開設の手順

IFC Marketsの口座開設は、わずか2分ほどで完了しますが、
口座開設とともに「会員ページ承認」まで完了させないと出金ができませんので、注意してください。

口座開設手順

STEP:1

まずは、IFC Marketsの公式サイトにアクセスし、「口座を開設」をクリックします。次に、登録画面に切り替わりますので、名前、メールアドレス等の情報を入力してください。

なお、「Eメールでのニュースレター購読を希望の場合は、マークを入れてください」
の項目については、チェックを入れておいた方がいいです。
IFC Marketsは、情報提供サービスが充実していますので、参考になります。

STEP:2

ここまで終了すると、IFC Marketsからメールが送信されてきます。
「メールアドレスを確認」をクリックすれば登録は完了です。

STEP:3

これでIFC Marketsの公式サイトから「会員ページ」にログインできるようになりました。

次に「口座開設」という画面になりますので、「リアル口座」を選択、
「取引ツール」、「口座タイプ」、「レバレッジ」、「口座の通貨」(JPYを選択)をそれぞれ入力し「口座の開設」をクリックすると口座開設完了です。

入金を行う

口座開設は完了しましたが、有効化されるためには、最低入金額を満たさなければなりませんので、次に入金に進みます。

入金画面より入金方法を選択し、入金します。その後、「取引ツールのダウンロード」を行えば、取引ができるようになります。

かし、有効化されても、出金まではできませんので、次に、会員ページの承認を行ってください。

会員ページの承認

会員ページ右上の「プロフィール」をクリック、さらに「会員ページを承認」をクリックし、
「個人情報」を入力していきます。

この際に「身分証明書」と「現住所証明書」をアップロードする必要がありますので、
準備しておいてください。

  • 身分証明書 … 「運転免許証」(両側)、「パスポート」
  • 現住所証明書 …「6ヶ月以内」に発行された「住民票」や「公共料金の請求書」、「クレジットカードの明細書」

必要書類のアップロードと、生年月日等の必要な情報を入力したら、
保存・完了とクリックしてください。IFC Marketsの審査を経て承認が完了します。
ここまで完了したら、出金まで自由にできるようになります。

※現住所証明書はサイト上では6ヶ月以内の発行と表記されていますが、サポートセンターからの直接的なやりとりでは「3ヶ月以内」という指示を受けています。
ポイント
・口座開設時に入金まで必要
・口座開設だけではなく、会員ページ承認まで完了させておく

入出金方法

IFC Marketsの入金方法は、複数あります。

国内振込

最低入金額は1万円です。
IFC Markets では、2019年より「国内送金による入金」が可能になりました。

口座に反映されるまでの時間は、「国内送金だと1日」です。
ただし、国内銀行送金による出金の仕組みはありませんので、注意してください。

国際振込

「海外送金による出金」だと時間がかかるうえに、
仲介銀行・為替手数料など3,000円以上の手数料もかかってきますので、
あまりおすすめできません。

クレジットカード

クレジットカードによる入出金は、「JCB」だけが利用できます。

「Visa」と「Master Card」も利用できるとサイトには掲載されていますが、
実際は、テクニカルメンテナンス中と表示され利用できなくなっています。

最低入金額は1万円、最低出金額は5,000円です。
入金は即時反映されますが、出金は返金処理になるために5日ほどかかります。
出金の際には、手数料が1,500円かかってきます。

また、返金の対象が入金額までとなりますので、
利益分は海外送金で行うというように分けて出金する必要もあります。
クレジットカードによる入金だと、出金時にバタバタするのであまりおすすめできません。

bitwallet

入出金において一番おすすめなのは、オンライン決済サービスの「bitwallet」です。

  • 最低入金額 … 1,000円(即時に反映)
  • 最低出金額 … 1,000円から(早めに反映)
  • 出金手数料 … 824円(海外送金やクレジットカードよりも低コスト)

事前にbitwallet口座を開設しておく必要がありますが、
長い目で見たときに、この方法がもっとも効率良く稼ぐことができますので、bitwallet口座も同時に開設しておきましょう。

また、bitwallet口座には、VisaやMaster Cardからも入金できます。

bitcoin

  • 最低入金額 … 0.001BTC
  • 最低出金額 … 0.001BTC
  • 手数料 … 0.0005BTC

uBTC建て口座での取引となりますので、bitcoinを所有していないのであれば、選択肢には入ってこないでしょう。

ポイント
・反映されるまでの時間の短さ、コスト削減を考えるのであればbitwalletがおすすめ
・bitcoinによる入出金も可能

日本人向けサポートサービス

最後に、IFC Marketsの日本人トレーダーに向けのサポート体制について確認しておきましょう、

公式サイト

まずIFC Marketsの公式サイトですが、日本語対応になっており、
口座開設から取引まで問題なく行うことができます。

海外のブローカーの中には、魅力的な超ハイレバレッジを提供していても、
日本語対応がおろそかの為、トラブルに発展するケースもあります。

海外FXを行う場合は、日本語にもしっかりと対応できているブローカーを選ぶべきです。
ちなみに、IFC Marketsのサポートサービスは18ヶ国語まで対応しているというので驚きです。

サポートセンターへの問い合わせ

サポートセンターへの問い合わせは、下記が用意されています。

  • ライブチャット
  • スカイプ
  • コールバック

営業時間は、日本時間で【平日13時~21時30分】ですし、
質問にも迅速に答えてくれますので、安心して取引を進めていくことができます。

また、IFC Marketsは、情報提供や分析にも力を入れており、
取引する際の参考になります。

動画が毎週発信されている他、分析エキスパートによる通貨ペアのテクニカル分析も更新しているのです。

テクニカル分析の詳細は、英語表記にはなっていますが、
シグナルが買いなのか売りなのかといった点はしっかり日本語で書かれていますし、
チャート分析もわかりやすく表記されています。

ポイント
・ライブチャット、スカイプ、コールバックでの対応が平日13時から21時30分
・情報提供にも力が入っているので、取引の際の参考にできる

まとめ

IFC Marketsの大きなメリットをまとめると、

  • 高い信頼性や安全性
  • 200倍を超えるハイレバレッジ
  • 合併商品やポートフィリオを作成し取引可能
  • フリーマージン(余剰証拠金)に対する利息

このような独特なサービスを提供しているだけでなく、
世界共通の「MT4」、「MT5」も利用できます。

システムトレード中心に取引をしていきたいトレーダーにとっても魅力的なブローカーです。

● 当サイトの厳選ランキング! ●

1位XM Trading (エックスエム)評判レビュー公式サイト
2位Gemforex (ゲムフォレックス)評判レビュー公式サイト
3位iForex (アイフォレックス)評判レビュー公式サイト
4位TitanFX (タイタンFX)評判レビュー公式サイト
5位Axiory (アキシオリー)評判レビュー公式サイト