【海外FX】業者別に認証ライセンスを比較してみた

徹底比較

国内のFX(外国為替証拠金取引)は金融庁の規制が厳しく、レバレッジが25倍に制限されているため、海外のFX業者を利用したいと考えているトレーダーは大勢います。

海外FXであれば500倍や1000倍といった超ハイレバレッジでの取り引きが可能だからです。

しかし、一方で「せっかく大きな利益を得ても、出金拒否されるようなことがあったらどうしよう」と不安になって、なかなか思い切って利用できないという声も聞かれます。

そこでポイントになるのが、「利用しようと考えている業者がどこの国のライセンスを保有しているのか」という点になります。

今回は「海外FXのライセンスについての有益情報」をお伝えしていきます。

「ライセンスチェック」は、海外FXを始める際の鉄則

無許可のFX業者も存在するので注意

日本でもFXに対する規制が緩い頃は、出金拒否のトラブルや業者の顧客資金の持ち逃げなど事件がありましたが、金融庁の規制が厳しくなり、そういった悪徳業者は姿を消しています。

しかし海外の場合は未だに悪徳業者が存在していますので注意してください。

海外FXを利用して利益を得ることは法律で禁じられているわけではないのですが、金融庁の管理下にはありませんので、何か問題が起こった際には自己責任となります。

ですから海外FXを始める際には、「信頼できる業者」を見つけることが最優先されます。

いくら超ハイレバレッジを提供していても、またはいくら充実したボーナスを提供していても、信頼できない業者を選んでしまったら、出金拒否や資金を失うといったリスクを伴います。

「そう言われても海外の事情や情報なんてよくわからない」という方も多いでしょう。

そこで、信頼できる業者なのかどうかの見極めに「ライセンスチェック」を必ず行ってください。

ライセンスというのは、金融庁のような金融機能を安定させるための組織が、調査を行い、許可・認可した証です。トレーダー保護のためのライセンスですから、出金拒否を行っていればライセンスは剥奪されます。

つまり「ライセンスを保有している=信頼できる業者」ということです。

実は近年、日本だけではなく、EU圏を含めた世界規模で規制は厳しくなってきています。そんな中でどこの認可も得られずに営業しているFXも存在するのです。

無許可営業ですからなんの規制もありません。ライセンスを保有していない業者を利用すれば、当然それだけトラブルに巻き込まれる可能性が高まりますので、海外FXを始める際には、必ずライセンスを保有しているところを選ぶようにしてください。

どんなライセンスを保有しているのかは、公式サイトのホームページの一番下に記載されているので確認しましょう。

業者側としても信頼してもらえるよう、保有しているライセンスは必ずアピールしていますので、何も記載されていない場合は無許可営業だと考えてほぼ間違いありません。公式サイトは隅々まで確認するようにしてください。

ライセンスによって取得のしやすさがある

ライセンスといっても「どこの国のライセンスなのか」によって、信頼度は変わってきます。

審査がとても厳しい国もあれば、簡単に登録できる国もあるからです。

審査が厳しいライセンスを保有するためには資本金や資産管理の方法、トレーダーに対するサポート体制などが登録前にチェックされますし、許可がおりた後も毎年、経営状況や顧客資金、運営資金といった項目の報告が必要です。

イギリスのFCA(金融行動監視機構)やキプロスのCySEC(キプロス証券取引委員会)といったライセンスはまさにその代表です。FCAやCySECといったライセンスを保有しているのであれば、疑う余地のまったくないブローカーということです。

ただし、出金拒否などの禁止事項だけでなく、レバレッジの上限も定められており、ボーナスの提供なども禁止されていることから、私たちの思い描くような海外FXの魅力は提供できない状態です。

そもそもこういったメジャーライセンスは、日本の金融庁からの要請もあり、日本市場に参入できません。つまり日本人トレーダーは利用できない業者ということです。

FCAであればFSCS(金融サービス補償機構)の加入が義務づけられていますから、業者が破綻しても8万5000ポンドまで補償されていますし、CySECでもICF(投資家補償基金)に加入が義務づけられているので、2万ユーロまで補償されていますが、これはすべて日本人トレーダー対象外の話になっています。

公式サイトでは紛らわしい記載があり、CySECのライセンスを保有しているので補償されると勘違いするケースがありますが、これはグループ全体を見たときに保有している法人もあるということで、日本人トレーダー向けには別法人で別のライセンスを保有してサービスを提供していますから対象にならないということは知っておくべきでしょう。

大手業者5社のライセンスを比較

それではここからは日本人トレーダーに絶大な人気を誇っている海外FX業者5社のライセンスについてご紹介していきます。

基本的にはすべてオフショア市場のライセンスになっていますが、この理由につきましては後述いたします。まずは無許可で営業しているわけではないということを明確にしていきましょう。

XM(XM Trading)>>レビューページ

海外FXをしているトレーダーで、XMを知らない人はいないというぐらいの大手です。日本人トレーダー向けの法人は、「XM Trading」ですが、XMのグループ全体を見渡すと、最も審査の厳しい「FCA」や「CySEC」、さらに「ASIC」(オーストラリア証券投資委員会)といったメジャーライセンスを保有していることが確認できます。

その審査を通過しているわけですから、経営状況も資金管理も万全であるということです。

ちなみ日本人トレーダー向けのXM Tradingが保有しているライセンスは「FSA」(セーシェル金融庁:Seychelles Financial Service Authority)です。セーシェル共和国はタックスヘブンとして有名で、税金がかからない他、審査自体も極めて緩いです。

自己資本金の制限もなく、会計監査の必要もありません。ですからFSAだけであれば信用度は低いのですが、グループ全体ではFCAのライセンスなどを保有していることから信頼できます。

FSAのライセンスといっても、XMだけは特別と考えていいでしょう。

iForex >>レビューページ

海外FX業者大手の「iForex」もXM同様にグループとして「CySEC」のライセンスを保有していますので、厳しい審査に合格できるだけの信頼できるサービスを提供しています。

日本人トレーダー向けには「BVIFSC」(イギリス領バージン諸島金融サービス委員会:British Vergine Islands Financial Services Commission)のライセンスを保有し、Formula Investment House Ltd.という別法人で運営しています。

イギリス領のライセンスとはいっても、FCAのような審査の厳しいライセンスではありません。BVIFSCは通過しやすいライセンスではありますが、グループとしてCySECを保有しているので、信頼して利用できる業者のひとつです。

Gemforex >>レビューページ

超ハイレバレッジとボーナスの充実ぶりなどで、飛躍的に顧客を増やし、XMと並ぶほどの人気を集めているのが「Gemforex」です。

ただし2014年から2019年までの期間、ライセンスなしという状況での運営で、それを危ぶむ声も聞かれていました。そんな中で2019年に「NZFSP」(ニュージーランド金融事業登録:New Zealand Financial Service Providers)のライセンスを取得し、信頼度を高めることに成功しています。

これについてニュージーランドのライセンスを取得したという記載をしているサイトもありますが、ニュージーランドで日本の金融庁にあたるのは「FMA」(ニュージーランド金融市場統制局:Financial Markets Authority-New Zealand)です。2019年に再編されて審査が非常に厳しくなっています。

それに対してNZFSPは、金融事業の登録なので基準を満たすことは容易です。NZFSPのライセンスではニュージーランド国内の活動は禁止されています。

無許可営業よりもはるかに信頼度は高まりますが、ライセンスの内容は厳密にはニュージーランドの厳しい審査のあるものではないという認識はもっておいた方がいいかもしれません。

TitanFX >>レビューページ

2014年設立の海外FX「TitanFX」が保有しているライセンスは、「VFSC」(バヌアツ金融サービス委員会:Vanuatu Financial Service Commission)です。

バヌアツ共和国もタックスヘブンとしては有名です。TitanFXはもともとNZFSPのライセンスを保有していたのですが、こちらを解除し、2018年にVFSCを取得しています。

バヌアツ自体は2019年より規制・監査を強化しており、金融ライセンス信頼性を高める努力をしています。

これによってライセンス解除になっている業者もあり、その中で運営を継続しているTitanFXの信頼性は高まっている状態です。今後もバヌアツの審査は厳しくなっていく方向になっています。

Axiory >>レビューページ

新しいサービスを次々と導入し、注目を集めているFXが「Axiory」です。Axioryのライセンスは「IFSC」(国際金融サービス委員会:International Financial Services Commission-Belize)です。

最低資本金額は50万ドルという制限はありますが、本社がベリーズになくても問題がないということですから、比較的取得しやすいライセンスだといえるでしょう。

ただこれまで紹介してきた他社が取得しているライセンスと比較的見劣りするわけではありません。分別管理、リスク管理、マネーロンダリング対策がしっかり施されていなければ登録はできないのです。

ライセンスを保有しているということは、海外FXの中でも信頼できる業者のひとつであるという認識で問題ないでしょう。

このように日本人トレーダーに人気の大手業者は、マイナーライセンスではありますが、許可を得て営業をしています。

海外FXを始める場合は、まずはこのようなライセンスを保有している業者を選ぶようにしてください。

実際のところ、おすすめする5社については入手金についてのトラブルなどありません(一部違法トレードで口座凍結などになり、入手金不可になったケースもあります。これはトレーダーに問題がある話ですので、業者が悪徳業者だというわけでは決してありません)。

また、マイナーライセンスを保有している業者であればどこでも大丈夫というわけではありません。

ご紹介した5社のような大手のFXは、メジャーライセンスを保有しようと思えば取得可能です。

それでもあえてマイナーライセンスで運営しているような規模の大きく信頼のあるFXを選ぶことをおすすめします。

ライセンスがなぜ変更になるのか

海外FXのメリットを維持するためのライセンス変更

メジャーライセンスの方が信頼度は高く、日本人トレーダーをより多く集客できそうに思えますが、実際はそのような仕組みにはなっていません。

これは完全に規制の問題です。「レバレッジが制限されてしまう」、「ボーナスが提供できない」となると日本国内のFXとほとんど違いがありません。

むしろ税率の問題や、入出金時の手数料の問題、スプレッドの広さなどの要素で、デメリットの方が大きくなり、わざわざ海外FXを利用しようとは誰も考えなくなってしまいます。

例えばXMの場合、当初はCySECのライセンスで日本人トレーダーにFXサービスを提供していましたが、2016年にセーシェルに別法人(XM Trading)を設立し、日本人トレーダーに移管手続きを促しています。

このニュースを聞いて驚いたトレーダーも多かったことだと思います。明らかにCySECのライセンスよりも、新しく取得したFSAのライセンスの方が審査は緩く、信頼度も低下するからです。

しかし、その後、トレーダーたちは納得することになります。ESMA(欧州証券市場監督局)が2018年より規制を強め、EU圏のFX業者はメジャー通貨ペアで最大レバレッジ30倍、マイナー通貨ペアで最大レバレッジ20倍に制限され、インセンティブトレード(ボーナスやリベート)も全面禁止となりました。

XMはその対応策として事前にEU圏外のオフショア市場に別法人を設立し、2017年12月中に日本人トレーダーの移管を終えています。

そのため、これまで同様「888倍」という超ハイレバレッジで取り引きを継続することができ、充実したボーナスを受け取ることができたのです。

このような対策を打てなかったFXは、日本国内とほぼ変わらぬレバレッジしか提供できなくなり、当然のように日本人業者はこれまで通りの海外FXのサービスを受けられる業者に乗り換えていくわけです。

つまり海外FXのメリットを維持するために、わざわざマイナーライセンスを取得し、そちらに変更したということです。

「マイナーライセンス=危険なFX業者」という考えは間違っているということがおわかりになったと思います。

マイナーライセンスでしか魅力溢れる海外FXのサービスは提供できなっているのです。マイナーライセンスを取得するに至った経緯を見ていけば、メジャーライセンスのFX業者と同じレベルで安心して利用できるということがわかります。

日本の金融局の許可がなくても危険ではない理由

ひとつ問題なのは、日本の金融庁が海外FX業者を名指しで危険だと注意勧告している点です。

投資家保護の観点からの処置なのでしょうが、レバレッジ25倍でも500倍でも限界までポジションを保有すれば、強制ロスカットのリスクが高まるのは変わりありません。

仮に取り引き停止などのハプニングが生じた場合、今回ご紹介したような大手の海外FX業者は「ゼロカットシステム」(名称は業者によって異なる場合もあります)を採用していますから、資金がマイナスになっても、マイナス分は業者側が負担してくれます。

つまり借金返済の追証は発生しないということです。

しかし、金融庁はこのゼロカットシステム導入を禁止していますから、同じようなケースで強制ロスカットが作動せず、資金がマイナスになった場合は借金返済の追証が発生するのです。

資産差し押さえという最悪のケースもあります。ですからむしろハイレバレッジであっても、ゼロカットシステムを採用している海外FX業者の方が安全だといえます。

補償面については国内の信託保全のような仕組みを採用している海外FX業者は少ないので、心配になる点もあるかもしれませんが、分別管理は徹底していますし、大手のFX業者が破綻するということ自体がほとんど考えられないので、大きなリスクと受け止める必要はないでしょう。

「出金拒否される」、「破綻して資金を失う」といった点はご紹介した5社に限っては不安を感じずに取り引きしていくことができます。

ですから「金融庁のライセンスがない=危険なFX業者」という考え方もまた間違っているということです。

また、海外FXを利用して利益を出しても、確定申告の際にしっかり申告していればまったく問題ありません。

金融庁としては、規制の外にいる海外FX業者からの税収を期待できないので、できるだけ国内FX業者を利用してほしいというのが本音だと思います。

金融庁の圧力が他の国にかけられて、日本市場から撤退する海外FX業者が一時期増えたのもこの辺りが理由なのかもしれません。

海外FXを行ってもなんら法律に抵触することはありませんので安心してください。

まとめ

このように保有しているライセンスはFX業者によって異なりますし、その多くがマイナーライセンスではありますが、それには事情があり、トレーダー側が不安視する必要はないということです。

「マイナーライセンスだからこそ海外FXのメリットを提供できている」という点を知っておいてください。

ただし、知名度が低く、ライセンスがないFX業者や、マイナーライセンスを取得するのが精一杯というFX業者を利用するのはリスクがありますので、避けるべきです。

評判が良く、安心して利用できる海外FX業者を利用して、大切な資産を効率良く増やしていってください。

海外FX初心者については、まず今回ご紹介した5社の中でFX口座を開設することをおすすめします。

● 当サイトの厳選ランキング! ●

1位XM Trading (エックスエム)評判レビュー公式サイト
2位Gemforex (ゲムフォレックス)評判レビュー公式サイト
3位iForex (アイフォレックス)評判レビュー公式サイト
4位TitanFX (タイタンFX)評判レビュー公式サイト
5位Axiory (アキシオリー)評判レビュー公式サイト