海外FXのフルレバ実は安全?手法とおすすめ業者

取引方法

● 当サイトの厳選ランキング! ●

1位XM Trading (エックスエム)評判レビュー公式サイト
2位Gemforex (ゲムフォレックス)評判レビュー公式サイト
3位iForex (アイフォレックス)評判レビュー公式サイト
4位TitanFX (タイタンFX)評判レビュー公式サイト
5位Axiory (アキシオリー)評判レビュー公式サイト
ハイローオーストラリア評判レビュー公式サイト


その業者の最大レバレッジでトレードすることを一般にフルレバといいます。

でも、レバレッジが高いぶん強制ロスカットもすぐ来てしまいます。

メリットデメリットを知って効率よくフルレバで利益をあげたいですね!

ここではこんなことがわかりますよ!

  • フルレバの意味
  • フルレバだといつロスカット水準になるか?調べるインジケーターは?
  • フルレバおすすめ手法
  • フルレバおすすめ業者

【意味】フルレバってなに?

フルレバレッジのことです。

その口座で最高にかけられるレバレッジでトレードすることで、フルレバとかフルレバトレードとか呼んでいます。

レバレッジが25倍と小さく制限されている国内FXと違い、海外FXでは自由なハイレバレッジが設定されています。

口座資金である証拠金を使えるだけ使って超高額の通貨を取引できるので、短時間で高い利益を目指せる方法として話題にのぼっています。

※レバレッジが大きいと不安?海外FXは安全でしょうか
「【Q&Aつき!】海外FXは不安?今さら聞けない疑問に答えるよ」

フルレバの2つのメリット

メリットが2つは少ないようですが、費用対効果の最大の可能性を追えるのですからこのメリット1つだけでも惹かれてしまいます。

少ない資金で最大の利益が狙える

最大の特徴でありメリットがこれです。

デメリットを避けてこのメリットをどう生かすかがフルレバトレードの課題ですね。

ぜひ「フルレバするといつロスカット水準になる?」を読んでから「フルレバトレードの種類3種」を読んでください。

ギャンブルトレードで夢を追うことができる

あまりおすすめしませんが、ギャンブルトレードとは、経済指標発表前や歴史的な経済事件のあったときなどの値動きの急変を狙って短時間で巨大な利益を狙うことです。

また、月曜の窓埋めトレードもギャンブルトレードの一種です。

もし失敗しても追証のない海外FXですから最大損失が口座に入っている資金のみに限られます。

そこで、海外FXではギャンブルトレードが人気なのです。

夢を追うことができるのはすばらしいですが、極端なギャンブルトレードを禁止する業者はとても多いです。

ギャンブルトレードはデメリットになりうるので、デメリットのところも読んでおいてください。

フルレバの4つのデメリット

デメリットを乗り越えてチャンスをつかみたいですね。

どんなことが危険なのでしょうか。

銘柄や口座タイプによりレバレッジ制限がある

せっかくフルレバでがんばろうと思ってXMに口座を開設したけれど、スプレッドの狭いゼロ口座ではフルレバは500倍。

XMのスタンダード口座なら888倍だけどスプレッドが広い…。

こんなことがあってがっかりしてしまうこともあります。

500倍でも充分デカい!

と思いますが、期待していたなら残念ですよね。

また、こんなことも起きます。

近く重要な経済指標の発表があるとか、ギリシアショックのようなことが起きそうだというときに

業者が一時的にレバレッジ制限をし、レバレッジが低くなるのです。

これに気づかずにフルレバのつもりでいると、思い通りの利益にならずがっかりする可能性があります。

※ファンダメンタルも重要です。

「【ファンダメンタルズ!】勝率を上げるための5つの指標とは?」

「【ファンダメンタルで海外fx】そもそもを知ればヘッドラインを読みこなせる!」

すぐロスカットになってしまう

レバレッジを100%効かせて利益を追い求めるのですが、動かす通貨が何十万、何百万となれば少しの値動きで口座の証拠金がプラスにもマイナスにもなります。

もしマイナスになれば、レバレッジ1の場合と比べて超高速で強制ロスカットになってしまいます。

追証はないですが、また一から出直しになるので悲しいですよね。

参考までに、証拠金維持率の出し方を書いておきます。

証拠金維持率=口座残高÷必要証拠金×100

これはパーセントで出ます。

もし強制ロスカットが20%ならこの答えが20%に近づいたら警戒するというようにします。
(口座残高は証拠金残高と同じ意味だと思って大丈夫です)

必要証拠金が大きければ証拠金維持率は下がりますので、フルレバトレードでは常に気を付けていなくてはなりません。

※ロスカット水準や強制ロスカット、証拠金維持率の意味が分からない人はこちら

「【注意点】海外FXで資金を溶かさない対策法とは?」

スイングトレード、中長期トレードには向かない

すぐに強制ロスカットになってしまうので、長い時間ポジションを持ち続けることができません。

ギャンブルトレード禁止の業者でやってしまい、口座凍結される

ギャンブルトレードを禁止している業者は多いです。

たとえば以下のトレードを禁止している業者があります。

該当のギャンブルトレードをすると口座凍結などペナルティを課される確率が高いです。

  • 指標発表時のトレード禁止
  • 窓埋めトレード禁止
  • スキャルピング禁止

デメリットの多さでもわかるように、初心者にはフルレバトレードをおすすめしないFX情報サイトばかりです。

でも、ロスカット水準を意識できていれば初心者でもフルレバトレードはできます。

ポイント
デメリットは多いが気を付けることを知っていれば、大きな利益を追っていける

※口座凍結について読んでおこう

「【出金トラブル?】海外FXで勘違いしやすい違法トレードと回避方法とは?」

フルレバするといつロスカット水準になる?

海外FXを選ぶ理由のひとつが「ゼロカットシステム」「追証なし」です。

でも、フルレバだと、口座にあるお金(証拠金残高)は、持っているポジションが少しでもマイナスになると持ちこたえにくくなります。

持てる通貨数が大きいので、数pips動いただけで何万円ものマイナスになります。

そこで、あらかじめいつごろ強制ロスカットになってしまうか知ってからトレードを始めれば、

その前に逃げる(ポジションをクローズするということ)こともできるのです。

いつロスカット水準が来るか予想できるインジケーター

デメリットのなかの「すぐロスカットになってしまう」を解決するためにちょっと作業をします。

普通ならフルレバはスキャルピング、もしくは長くてもデイトレードが向いています。

でもここでは、ロスカット水準について考えたいので、例を出します。

スイングトレードのように長期にわたってポジションを持つと仮定して考えます。

使うインジケーターはATRです。

では調べてみましょう。

スイングトレードをすることは決まっているので、次は銘柄を決めます。

できるだけフルレバトレードに合う銘柄を探したいですね。

銘柄を決めるときはこうします。

  1. ポジションを持つ期間を先に決める
  2. 期間が決まったらチャートの時間足を決める(スイングトレードは日足か週足になるはず)
  3. インジケーターのATRを出して最新の値を確認(パラメータは最初に決めた期間のせめて2倍に設定する)
  4. その値がロスカットに耐えられる銘柄を選ぶ

例をあげます。

レバレッジ1000倍で口座資金が10万円、ロスカットレベルが20%の例

  • 1カ月ポジションを持つ予定で、日足チャートで分析することとする
  • ATRのパラメータ設定は“90”
通貨ペアフルレバで持てる数(参考値)ATR(値はvalue)ATRをpipsに直すと何pips逆行でロスカット?判断
ドル/円約88万ドル0.71871.8pips約9.1pips
ユーロ/ドル約79万ユーロ0.0064664.6pips約10.1pips
ポンド/ドル約66万ポンド0.0091191.1pips約12.1pips

結果は、すべて✖で「スイングトレードには向かない」となりました。

ATRの数値は、マウスポインタを好きな場所に当てると出ます。

今回は最新の数値が欲しいので、右端に当てて出しました。

表の意味

※ATRの値をpipsに直すには、クロス円(ドル/円など)は、Valueを100倍します。
ドルクロスは、Valueを10000倍します。

※「何pips逆行でロスカット?」の計算は、【ロスカットレベルまでがんばれる口座資金/フルレバで持てる数x100】で出ます。
ドル/円なら【8万円÷88万ドルx100】です。

※ゼロカットならドル/円は【10万円÷88万ドルx100】です。

※「判断」の✖は、「フルレバで1カ月の保有はできなさそう」という意味です。この例では〇がないので全部だめです。
たぶんほかの通貨ペアも同じようなことになります。
何しろ、10pips動いたらゼロカットになってしまうので怖くて持ち続けることなんてできませんよね。

補足の解説

表の見方ですが、ATRで出る値をpipsに直すとその期間に動きそうな値幅がわかります。

証拠金維持率が20%でロスカットなので、口座残高が約2万円でロスカットです。

(10万通貨を持った時なら、80pipsで8万円動くので逆行しても80pipsは持ちこたえることができます。しかしフルレバだと70万も80万も通貨を持ててしまいます。80万通貨なら80pipsも持ちこたえることができないです)

スキャルピングやデイトレードなら大きな数値ですが、スイングトレードだとこれが大丈夫なものなのかわかりません。

そこで、直近2カ月ほどのATRと比べてみるのです。

ATRは値動きの平均みたいなものなので、ロスカットレベルまでがATRの範囲内なら1カ月や2カ月ポジションを保持していてもまあ、大丈夫だろうという考え方です。

まとめると以下になります。

ATR<何pips逆行でロスカット?

フルレバでスイングトレードできそうだと判断するには、上記の条件が必要です。

そして、ATRはできるだけ小さい方が良いのです。

この例とは違い、完全なゼロカットの場合は手数料やスプレッドを無視してざっくり考えれば100%持ちこたえられるので、もう少しスイングトレードしやすくなります。

あくまで予想ですが、ATRが大きすぎる通貨ペアを避けるめやすになります。

が、今回の例では余裕を持ってスイングトレードできないですね。

結論「フルレバはデイトレードまで」

スキャルピングならたとえばこのように改善されます。

10万円の口座資金で、レバレッジが1000倍とします。

1分足でトレードをして、長くても5分くらいでポジションクローズすることにします。

ATRのパラメータ設定は、デフォルト設定の14で良いでしょう。

通貨ペアフルレバで持てる数(参考値)ATR(値はvalue)ATRをpipsに直すと何pips逆行でロスカット?判断
ドル/円約88万ドル0.0191.9pips約9.1pips
ユーロ/ドル約79万ユーロ0.000101pips約10.1pips
ポンド/ドル約66万ポンド0.000101pips約12.1pips

約14分間のATRは、1~2pipsという極端に小さな値になります。
(指標のない月曜日の東京時間)

でも、口座資金とレバレッジが同じなので「何pips逆行でロスカット水準?」の値は変わりません。

とても余裕を持って、さっきのこの条件をクリアできるわけです。

ATR<何pips逆行でロスカット水準?

ちなみにこの例と同じ時間のドル/円の15分足のATRはValue0.067で、6.7pipsです。

だんだん厳しくなっていますが、半日くらいでポジションをクローズする計画にしておけば強制ロスカットの嵐にならなくてすみそうです。

しかし、この試算はスプレッドを無視しています。

ドル円のスプレッドが1.6pipsもあるXMだと、相場が0.3pips逆行しただけでロスカットになるということです。

ATRとは別に、スプレッドの狭い口座を選ぶことも必要です。

どうしてもフルレバでスイングトレードしたい場合の解決策

それでもどうしてもフルレバでスイングトレードしたいときはどうすればいいのでしょうか?

上の表のように計算してみて、ATRが小さく強制ロスカットされにくい銘柄と期間を組み合わせるしかありません。

よくポンドの値動きが荒いといわれますが、やりたい期間のATRを調べないとほんとうのことはわかりません。

上の例だと、どの通貨ペアも10万通貨を1カ月ポジション保有するのは無理そうです。

そこで以下のような解決策があります。

解決策といえなさそうなものありますが、書いておきます。

  • フルレバをきっぱり諦めて、2万通貨くらいのポジションボリュームにする
  • スイングトレード、長期保有をきっぱり諦めて、デイトレードにする(または長くても数日)
  • 絶対にフルレバでスイングトレードしたいので、ギャンブルトレード覚悟で実行!
  • 絶対にフルレバでスイングトレードしたいので、トレール注文を設定してがんばる
  • スプレッドのなるべく狭い業者を選ぶ

結局「フルレバスイングは諦めましょう」という結論になってしまいそうですね。

トレール注文で、自動で値動きに合わせて損切りの位置を変えてあげれば、最悪な逆行が起きてもゼロカットまで行かず口座資金をある程度守ることができます。

※海外FXでは必ず使うMT4の導入から注文方法までわかる!

【完全版】MT4(メタトレーダー4)のダウンロード・インストール方法

【完全版】MT4(メタトレーダー4)の 操作方法 ~初心者編~

【完全版】MT4(メタトレーダー4)の 操作方法 ~レベルアップ編~

それでもFOMCやECBの前にはポジションを閉じておくなどのメンテナンスは必要です。

また、トルコリラなど新興国通貨のペアでのフルレバのスイングトレードと長期トレードは、危険なのでおすすめしません。

特にロングはしょっちゅう暴落でみんなやられているので気を付けましょう。

ポイント
やっぱりフルレバで長期はやめたほうがいい

フルレバトレードの種類3種

上の例でも、たった10pipsの値動きでゼロカットの可能性があるとわかりました。
(レバレッジや証拠金や銘柄で変わります)

それを踏まえてフルレバトレードの種類をみていきましょう。

フルレバショート

フルレバでショートをすることです。

デイトレードまでならスワップの心配もなく相場の急上昇のあとの調整局面を狙えます。

フルレバロング

フルレバでロングをすることです。

意味不明の急上昇があったあと、調整の下げがよくあります。

そういうときだけ勝負するのにいいでしょう。

フルレバスキャル~デイトレ

ロングでもショートでも関係なく、ポジション保有時間で分類するいいかたです。

スキャルは数秒で終わることもあるので、性能の良いプラットフォームが用意されたスプレッドの狭い業者で行います。

デイトレードの保有時間は24時間以内で、数時間で終わることもあります。

こちらもできるだけ高性能な機能を持つ業者、口座を選ぶべきです。

【危険】フルレバスイング~長期

上にも書いてきたようにおすすめしません。

ポジションを長く持つほど急変のリスクが増えます。

利益が出たらすぐにポジションをクローズするくらいの素早さでフルレバトレードをしましょう。

フルレバに合う業者選び【おすすめ4口座】

「ここならできるよ」という業者をピックアップします。

超おすすめはもしGemForexのノースプレッド口座がMT5を導入したらここ一択です。

でも、まだMT4です。

そこで、現実的なおすすめはTitan FXのゼロブレード口座です。

フルレバは500倍でスプレッドが0(手数料は別)というバランスの良さが使いやすさにつながっています。

Gemforex:ノースプレッド口座

トレードプラットフォームはまだMT4なのが残念です。

少し動きが遅いのでスキャルピングで不利です。

今後、MT5口座ができるので期待するとして、現状(2021年12月)は以下です。

  • トレードプラットフォームはMT4
  • フルレバは1000倍(レバレッジ5000倍キャンペーン中)
  • スプレッド 0~
  • ロスカット水準20%

XM: ZERO口座

XMの口座タイプのうち、スプレッドがゼロの口座です。

  • トレードプラットフォームはMT5
  • フルレバは500倍
  • スプレッド0~

ほかの業者のゼロ口座と比べ、手数料が高めですが、充分使えます。

窓埋めトレードは禁止されているので注意しましょう。

Titan FX:ゼロブレード口座

ECN口座で、スキャルパーの人たちに近年ものすごい人気です。

約定力も以前よりも上がっています。

  • トレードプラットフォームはMT5
  • フルレバは500倍
  • スプレッド0~

Axiory:ナノスプレッド口座

AxioryもプラットフォームはMT4ですが、

それよりもcTraderのほうがスキャルピングに向いているので、フルレバをするならそちらを使いましょう。

  • トレードプラットフォームはMT4かcTrader
  • フルレバは400倍
  • スプレッド0.3~

フルレバトレードで使いやすいインジケーター

おすすめ口座でする場合に限りますが、フルレバトレードで使いたいインジケーターがあります。

パラメータ設定は、プラットフォームに収められているそのままで使ってみてください。

スキャルピングとデイトレードならだいたいそのままで使えます。

  • ATR必ずこれでロスカット水準との関係など見てからフルレバトレードをしましょう。
    使い方は「フルレバするといつロスカット水準になる?」にあります。
  • ボリンジャーバンド:行き過ぎを見るのに使います。
    元々はトレンド系のインジケーターなので逆張り用に作られていないのですが、あまりにもチャートが行きすぎるとさすがに変わった形になるので一目で見てとてもわかりやすいのです。
    同じ理由で、エンベロープ、ドンチャンチャネル、などチャートを包み込むような形のインジケーターなら使えます。
  • ストキャスティクス:こちらは買われすぎや売られすぎがわかります。
    フルレバトレードは短期間で終わらせるので、パラメータ設定の期間を短めにしても使いやすいです。
    たとえば最初は14だったけれど、10にしてみるとスキャルピングの数分の動きによく合うということがあります。
    試行錯誤してみましょう。
    似たようなインジケーターで、RSI、CCI、なども使えます。

フルレバをするチャンスとできない危険時間

フルレバは一日のうちにいつチャンスがあるのでしょうか?

細かく2pipsくらいで利益確定してしまうなら、一日のうちに無数にあります。

ただしこのスタイルだと危険時間に気を付けなくてはいけません。

指標発表時、欧米の要人が発言しやすい時間、大きな国のトップの選挙の前後などです。

もし、上級者になってその値動きを狙いたいということになれば、やってみてもいいのですが、

安心なはずのNDD口座でもスプレッドが開いてしまうなど、想定外の事件はあるものです。

ほんとうに自信がついてからにしたほうがいいでしょう。

デイトレで数時間の余裕があるなら、「東京時間の間だけやる」なら安全です。

各国の市場のはじまりと終わりの時間に相場が急変することが多いので、それを避けるのです。

この考え方も、初心者と上級者とでは正反対で、市場のはじまりと終わりの時間の値動きを利益にしていこうという手法もあるのです。

どちらを選ぶかは、自信の腕前と相談しながら決めましょう。

【まとめ】フルレバはこの業者でこのスタイルで

今回のことをまとめるとこうなります。

まとめ
・フルレバは、『Titan FX:ゼロブレード口座』でスキャルピングがおすすめ。ただしレバレッジは500倍で我慢する
・次に夢があるのがGemforexのギャンブルトレードで、レバレッジ1000倍(5000倍口座あり)でフルレバができる

  

世の中でいわれるように、強制ロスカットが頻発して結局資金を溶かしてしまうからフルレバは危険であるというのは真実ですが、

そうならないようにATRでロスカット水準を確認して、スプレッドの狭いスキャルピングに適した口座で行えば、利益を増やすチャンスがあるのです。

ここでは、いたずらに「危険だからダメ」とはいいません。

そのかわり、充分な準備をしてチャレンジしてください!

※テクニックを学ぼう!

【負けても安心!】実は海外FXのスキャルピングは負けた時のリスクが小さいわけとは?

【スキャルピング派必見!】エントリーポイントの見つけ方

スキャルピングと中長期トレードで【ブレイクアウト】を使おう

海外fx口座を選んでスキャルピングテクニック8パターンをマスターする!

【ふり幅で勝つ!】トレンドラインの引き方と手法

あえて【水平ラインだけ】で海外FXに勝つ!

トレンドラインの【始めと終わり】に疑問が残るなら

● 当サイトの厳選ランキング! ●

1位XM Trading (エックスエム)評判レビュー公式サイト
2位Gemforex (ゲムフォレックス)評判レビュー公式サイト
3位iForex (アイフォレックス)評判レビュー公式サイト
4位TitanFX (タイタンFX)評判レビュー公式サイト
5位Axiory (アキシオリー)評判レビュー公式サイト
ハイローオーストラリア評判レビュー公式サイト