MYFXマーケッツ(MYFX Markets)の評判ってどう?ぶっちゃけ海外業者5位くらい

海外FXの評価レビュー

今回は「MYFX Markets」について詳しく紹介していきます。

MYFX Marketsの会社概要

2013年にニュージーランドでスタートし、オーストラリアで最大のシェアを誇るAxi Traderのホワイトラベル(子会社的な存在)として注目を集めました。

日本人向けには、モーリシャス共和国金融サービス委員会のライセンス(MUFSC)を取得して、
サービスを提供していましたが、現在はトレーディング名「AXIS INC.」として、
セントビンセントグレナディーン金融庁のもと、金融サービス機関として登録されています。

MYFX Marketsの公式サイトは、以前は英語表記のみでしたが、
2019年11月より日本語にも切り替えられるようになり、日本人トレーダーにも利用しやすくなっています。
今後は日本人トレーダーにも多く愛用されていくようになってくるでしょう。

MYFX Marketsのメリット

  • スプレッドが狭く、スキャルピングに適している
  • 仮想通貨FXにも対応している

ことが挙げられます。詳しくはそれぞれ後述します。

資金管理

顧客資金については、海外のブローカーとしては一般的な分別管理です。

国内FXでは、金融庁の規制により信託保全が義務づけられていますが、
海外ではこのような規制はなく、信託保全はコストがかかるので分別管理という形式をとっているブローカーが圧倒的です。

証拠金マイナス時の対応

また、海外のブローカーでは、証拠金がマイナスになった場合、
マイナス分をブローカーが負担する「ゼロカットシステム」を導入しているのが一般的ですが、
MYFX Marketsでは、正式に導入しているわけではありません。

MYFX Marketsでは、証拠金がマイナスになると追証が発生しますが、
ここで入金すると証拠金がリセットされて入金分から取り引きを進めることができます。

ただし、自動的になる仕組みではありませんので、証拠金がマイナスになった場合は、
サポートセンターに連絡してから入金する必要があります。

取引時間

取り引き時間は、

  • 夏時間 … 月曜日の6時から土曜日の6時
  • 冬時間 … 月曜日の7時から土曜日の7時

全て日本時間です。なお、ロールオーバーは夏時間・冬時間ともに6時となっています。

ポイント
・セントビンセントグレナディーンの金融サービス機関として登録されている
・サポートセンターに連絡すればゼロカットシステムが作動する仕組み

アカウントの詳細

MYFX Marketsのアカウントは、大きくわけて二つです。
細かく分かれているブローカーも多い中で、シンプルでわかりやすいのが特徴といえます。

Standard Account

  • 最低入金額 … 200ドル
  • レバレッジ … 最大400倍
  • 基本通貨 … 1Lotが10万通貨
  • 最小取引単位 … 0.01Lot

口座開設時の最低入金額は、200ドルですので、比較的簡単に開設できます。

基本通貨は、1Lotが10万通貨ですが、「最小取り引き単位が0.01Lot」になっていますので、
千通貨から売買できます。つまり、非常に少ない資金からでも取引が始められるということです。

レバレッジ400倍で千通貨は、なんとわずか270円(1ドル108円の場合)です。

口座開設も容易で、少ない資金で取引てきる点は、
海外FX初心者の方でも安心して始めることができます。

Pro Account

  • 最低入金額 … 500ドル
  • レバレッジ … 最大400倍
  • 最小取引単位 … 0.01Lot

レバレッジ、扱える通貨ペア、最小取引単位は、
Standard Accountと変わりありませんが、スプレッドは大きく異なります。

詳細は後述しますが、Standard Accountよりも狭いので、
コストを抑えたいのならPro Accountがおすすめです。

ただし、口座開設時の最低入金額は、500ドル(以前は1,000ドルでしたが緩和されています)ですので、Pro Accountから始めるのであればそれなりの資金を用意しておく必要があります。

また、別途手数料が「1Lot(10万通貨)往復で7ドル」かかります。
Pro Accountが「ECN」(Electronic Communications Network)のため、
ダイレクトでインターバンクに注文を入れられる仕組みだからです。

ちなみに、他のブローカーでもECNのアカウントでは、
別途手数料がかかりますが、MY FX Marketsの往復7ドルは安い方です。

MAM

MYFX Marketsには、「MAM」という特殊なアカウントもあります。

「マルチアカウントマネジャー」の略称で、
ひとつの口座から複数の口座の運用が操作できるというものです。

口座残高は、マスター口座に表示され、分配方法を設定した後、
自動で分配され複数の自動売買ツールを利用して取引ができます。

ただし、MAMは、マネーマネージャーのためのアカウントなので、
一般トレーダーには関わりはないでしょう。

ポイント
・どちらの口座もレバレッジ400倍、最小取り引き単位は千通貨
・Pro AccountはECNでスプレッドが狭いが、手数料は1Lot(10万通貨)往復7ドルかかる

トレードプラットフォームの特徴

MYFX Marketsは、トレードプラットフォームもシンプルです。

「MetaQuotes Ltd.」(2019年8月社名変更、前MetaQuotes Software Corp.)で開発され、
提供されている「MT4」(Meta Trader4)のみとなっています。

もちろんデスクトップだけはなく、スマートフォン用のアプリも用意されていますので、
外出先や移動の間などもMT4を利用して取引することが可能です。

MT4はトレードプラットフォームのシェアが世界で一番を誇っています(日本市場は除く)。
世界で最もメジャーなトレードプラットフォームですが、これには理由があります。

  • テクニカル分析用のインジケーターが充実している(追加もできる)
  • システムトレードのための自動売買ツールが豊富

とくに、二つ目の「システムトレードのための自動売買ツールが豊富」は、最大のメリットです。

「EA」(Expert Advisor)と呼ばれていますが、自分でロジックを開発することもできますし、
世界中の一流トレーダーたちのストラテジー(戦略)を反映した選りすぐりのEAを使用することもできます。

バックテストで過去のチャート上でどのような成果を出せるのか確認することもできるようになっているので、システムトレードの初心者でも自分のトレードに合ったEAを選択しやすくなっています。

システムトレードのメリット

システムトレードであれば、仕事で忙しい時間帯でも自動的に売買を繰り返してくれるので、
手間をかけずに不労所得を稼ぐことができます。

日本時間の深夜が世界で最も取引が盛んになる時間帯ですが、
その時間帯に寝ていてもEAが設定に応じて取り引きしてくれるのでチャンスを逃すことはありません。

本業に支障な取引を行うことができるでしょう。
国内FXでも独自の自動売買ツールを提供しているブローカーはいくつもありますが、
そのほとんどが1種類のシステムトレードで、カスタマイズもできません。

システムトレードをするのであれば、MT4を利用した方が柔軟な対応ができ、
はるかに勝率が高くなります。

国内のブローカーを利用するよりも、効果的に不労所得を稼ぐ仕組みになっているのがMYFX Marketsなのです。

ポイント
・世界で最も人気のあるMT4を使用することができる

通貨ペアとスプレッド

通貨ペア

MYFX Marketsで扱っている通貨ペアは「53種類」になります。

新興国通貨として注目されているトルコリラ(TRY)、メキシコペソ(MXN)、南アフリカランド(ZAR)はもちろん扱っていますし、
他にもオフショア人民元(CNH)や香港ドル(HKD)、シンガポールドル(SGD)なども売買できます。

さらに、日経平均株価(JP225)やS&P500(SPX500)といった株価指数、原油(BRENT・WTI)といったコモディティ、金(XAU)や銀(XAG)といった貴金属も同じトレードプラットフォームで取引することが可能です。

仮想通貨FX

また、MYFX Marketsでは、仮想通貨FXの取引もできます。

  • ビットコイン
  • ビットコインキャッシュ
  • ライトコイン
  • イーサリアム
  • リップル

上記5種類の仮想通貨で、レバレッジは5倍です。
また、コントラクトサイズは、

  • ビットコイン … 1BTC
  • ビットコインキャッシュ … 10BCH
  • ライトコイン … 100LTC
  • イーサリアム … 10ETH
  • リップル … 10,000XPR

となっており、すべて0.01Lotから取引できます。

仮想通貨FXは、コインの売買を行っているわけではありませんので、
コインを出金することはできませんが、他のCFD(差金決済取引)と同様にMT4で売買できますので、MYFX Marketsの投資先は、かなり充実していると言えます。

スプレッド

MYFX Marketsのスプレッドは業界でも狭いことで有名です。
米ドル/日本円(USD/JPY)の場合、変動制ですから「平均スプレッド」になります。

  • Standard Account … 1.12pips(約1.1pips)
  • Pro Account … 0.51pips(約0.5pips)

Pro Accountだと時間帯によっては、0.0pipsということもあります。
格段に狭いスプレッドですので、コスト削減したいトレーダーにとっては嬉しい環境です。

ただし、Pro Accountは、1Lot(10万通貨)の往復で7ドルの手数料を取られますので、
コストについては、スプレッドに0.7pips上乗せして計算していくといいでしょう。

国内FXと比較するとスプレッドは広くなってしまいますが、
MYFX MarketsがSTPやECNといったNDD方式(ノーディリンググデスク)を採用しているからです。

国内FXのDD方式(ディーリングデスク)だと、注文を吞んでいるので、
トレーダーの利益がブローカーの損失となり、利益相反の関係になってしまいます。
それが意図的なリクオートや約定拒否といった不正操作に繋がるのです。

逆にNDD方式は、スプレッドが広くなる分、透明性は高く、不正操作の心配をせずに安心して取引に集中できます。

FXで利益を出すためには、スプレッドの狭さも大切ですが、それ以上に信頼できる環境が整備されているかが重要になります。そのどちらも満たしているのが、MYFX Marketsです。

ポイント
・通貨ペアは53種類で、さらに仮想通貨FXなど他のCFDの取引もできる
・スプレッドは、業界内でも最狭水準で、Pro Accountだと0.0pipsもある

スワップポイント

FXでは、キャピタルゲインとなる為替差益の他に、
インカムゲインにより利益も得ることが可能です。

政策金利の低い国の通貨を売って、金利の高い国の通貨を買えば利息分を毎日受け取ることができる仕組みです。これを「スワップポイント」と呼びます。

つまり、通貨ペアによっては、ポジションを保有しているだけでスワップポイントが積み上がっていくのです。
もちろんプラススワップだけではなく、金利の高い国の通貨を売って、
金利の低い国の通貨を買えば利息分を支払うマイナススワップも発生します。

ただし、マイナススワップが発生する通貨ペアであっても、
ロールオーバーとなる6時(日本時間)にポジションを保有しないように、
その前に決済してしまえばまったく問題ありません。

スワップポイントの調べ方

スワップポイントは、通貨ペアによって異なりますし、
同じ通貨ペアであってもブローカーによって異なります。

MYFX Marketsのスワップポイントについては、公式サイトでは公開されていませんので、
トレードプラットフォームであるMT4上で調べる他に方法はありません。

MT4を開いて左側に表示される通貨ペアを右クリックし、「仕様」を選択すると、
買いポジション(ロングポジション)と売りポジション(ショートポジション)のスワップポイントが表示されます。

毎日変動しますので、スワップポイント狙いであれば毎日確認しておく必要があるでしょう。

MYFX Marketsのスワップポイント

目安として、MYFX Marketsの米ドル/日本円(USD/JPY)のスワップポイントを確認してみると、

  • ロング … -1.21
  • ショート … -4.23

となっています。
アメリカは、2020年になって利下げを続けているので、日本との金利差がほとんどないのが、
どちらのポジションを保有してもマイナススワップになる理由です。

この場合、ロングで1Lot(10万通貨)保有していると、
毎日121円のマイナススワップが発生します。ショートだと毎日423円のマイナススワップです。ショートポジションは、特に注意が必要になります。

プラススワップの通貨ペアを探すと、

  • 米ドル/メキシコペソ(USD/MXN)のショート … 137.28
  • ユーロ/南アフリカランド(EUR/ZAR)のショート … 146.16

となっていますので、スワップポイントを稼ぐのでしたら狙い目です。

ただし、全体通じてMYFX Marketsはあまりスワップポイントは期待できないので、
短期取引向きだといえます。

ポイント
・スワップポイントはそれほど期待できないので、短期トレーダー向き

キャンペーンとボーナス

海外FXといえば超ハイレバレッジと様々なボーナスをイメージする人も多いですが、
ボーナスについてはまったく実施していないというブローカーもあります。

ボーナスでトレーダーに還元するブローカーと、
取引環境でトレーダーに還元するブローカーに分かれるためです。

MYFX Marketsは取引環境でトレーダーに還元するブローカー

MYFX Marketsは、基本的にはボーナスはありません。
ボーナスにかけるコストを削減して、その分スプレッドを狭くしたり、
世界各地にデータセンターを設置し、高速で安定した取引環境を提供したりしているのです。

ボーナスは、出金できなかったり、取扱いのルールも複雑だったりするので、
MYFX Marketsは良好な取引環境を重視するトレーダー向きといえます。

キャンペーン

ただし、MYFX Marketsでも不定期でキャンペーンを実施することがあります。
2020年は、1月2日から1月31日まで「お年玉キャンペーン」を開催していました。

一括10万円以上の入金で、20Lot以上の取引があると5,000円のキャッシュバック、
50Lot以上の取引で1万円のキャッシュバックが受けられるというものです。

出金できるキャッシュバックは、トレーダーには嬉しいイベントになります。
今後も同じような条件でキャンペーンが実施される可能性があります。

ポイント
・口座開設や入金額、取り引き額に応じたボーナスはない
・不定期だがキャンペーンが実施されることはある

口座開設の手順

MYFX Marketsで口座を開設する手順は、

  1. オンライン申し込み
  2. 必要書類アップロード
  3. 口座承認
  4. 入金

という流れになっています。

1.オンライン申し込み

  1. MYFX Marketsの公式サイトにアクセスし、「ライブ口座開設」をクリック
  2. 「お取引口座開設」画面で、必要情報を入力し、「口座開設」をクリック

2.必要書類アップロード

  1. MYFX Marketsから届いたメールから、「基本情報の登録」に進む
  2. 必要情報の入力、「クライアントオフィスパスワード」設定等行い、「口座指定」の画面に進む
  3. 口座通貨など入力し、最後に「必要書類のアップロード」を行う
本人確認書類(写真付き)… 運転免許証かパスポート
現住所確認書類 … 公共料金や携帯電話の請求書など、発行日6ヶ月以内のもの
※現住所確認書類については、住民票や保険証は対象外になりますので注意してください。

3.口座承認

MYFX Marketsで審査され、問題なければ数日で審査通過のメールが届きます。
住所が入力したものと、アップロードした書類で食い違うと審査を通れませんので、住所の入力は、注意が必要です。

4.入金

ただし、入金しなければ口座は有効化されませんので、MYFX Marketsにログインし、入金をしましょう。

会員ページ「クライアントオフィス」に入り、口座承認した後に入金をして取引できるようになります。入金や出金についての詳細は後述しますので、そちらをご覧ください。

なお、MYFX Marketsは、インターネットエクスプローラをサポートしていないので、
ブラウザはFirefox、Chrome、Microsoft Edgeを使用します。

ポイント
・口座開設のために最低入金額を満たす必要がある
・ブラウザは、インターネットエクスプローラについては使用できない

入出金方法

MYFX Marketsの入金方法はいくつかありますが、現在メンテナンス中となっており、利用できないものもあります。

クレジットカード

現在は、メンテナンス中となっていますので、
MYFX Marketsではクレジットカードが利用できなくなっています。

利用できていたときは、Visa、Master Cordが利用でき、入金分までは返金という形式で、
手数料無料で出金も可能でした。※いつまでメンテナンス中が続くのかは公表されていません。

銀行送金

確実なのは、「銀行送金」です。
ただし、国内銀行での入出金サービスが2019年2月で終了していますので、
海外銀行送金となります。

  • 入金反映 … 1~3営業日
  • 手数料 … 出金時に仲介銀行・為替手数料などで3,000円以上の手数料、かつ、MYFX Marketsへ2,000円の手数料

入金反映に時間がかかり、コストもかかるため、銀行送金はおすすめできません。

bitwallet

現在利用可能な入金方法で最もおすすめなのは、オンライン決済サービス「bitwallet」です。

  • 入金反映 … 即時
  • 入金手数料 … なし
  • 出金手数料 … 一律824円、MYFX Marketsへの手数料無料

銀行送金と比較しても、お得で便利なことがわかります。

海外のブローカーでは、bitwalletのサービスを取り入れているところは多いですし、
別途bitwalletの口座を開設しておいた方が何かと都合が良いでしょう。

MYFX Marketsでは、現在クレジットカードが利用できなくなっていますが、
bitwalletの口座に入金する際には、クレジットカードが利用できます。
様々なクレジットカードに対応しているので便利です。

STICPAY

ちなみに、同様のオンライン決済サービスで「STICPAY」もありますが、
現在はメンテナンス中のため利用できなくなっています。

コスト面でbitwalletの方が有利なので、STICPAYが利用できなくてもあまり問題ないでしょう。

bitpay

入金には、6ブロックの承認が必要です。仮想通貨を使っているのであれば、
手数料は無料で入金も当日には反映されるので検討の余地はありますが、
仮想通貨を所有していないのであれば選択肢には入りません。

無理にbitcoinを購入する必要はありませんので、その場合はbitwalletの口座を利用すれば充分です。

ポイント
・現在クレジットカードは利用できない
・銀行送金はコストがかかるので、bitwalletが一番のおすすめ

日本人向けサポートサービス

海外のブローカーを利用する際に不安に感じるのは、
「日本人向けサポートが充実しているか」という点ですよね。

お問い合わせ

以前は、公式サイトすら日本語対応していなかったため、利用できるトレーダーも限られていましたが、近年では、業界で先駆けて「LINE」での日本人向けサポートを開始しています。

気軽に日本語で質問などができるサービスによって、
日本人トレーダーの不安を解消することに成功しています。

また、MYFX Marketsでは、LINEだけではなく、「ライブチャット」や「コールバック」といったサポートの仕組みを整えていますので、営業時間(平日8時から16時)であれば、タイムリー対応が期待できます。

公式サイト

以前は、口座開設ページのみ日本語対応でしたが、
公式サイト全体も日本語仕様に切り替わっているので、困ることはほとんどありません。
近年、日本人向けサポートは、どんどん手厚くなっているといえます。

どこのブローカーにも該当しますが、入金や出金については仕組みがいろいろ変わるので、
気になることがあれば事前に確認しておくことをおすすめします。

クレジットカードも再度利用可能になると思いますので、最新の情報を公式サイトでもご確認ください。

ポイント
・LINEを利用しての問い合わせが可能
・営業時間は8時から16時で、ライブチャットやコールバック、メールに対応している

まとめ

MYFX Marketsのメリットをまとめると、

  • 透明性の高いNDD方式
  • レバレッジ最大400倍
  • スプレッドが業界最狭水準

が挙げられます。
透明性の高い取引環境でありながら、レバレッジが高く、スプレッドも狭い。

日本のブローカーのような透明性の低いDD方式で取引を続けていくよりも、
成果が出しやすいで環境です。

「コストを抑えながら、超ハイレバレッジでFXがしたい」というトレーダーには最適のブローカーといえるでしょう。

また、「仮想通貨FX」といったCFDについても、MT4のトレードプラットフォームで取引できるので、資産を増やすチャンスが多いということもMYFX Marketsの嬉しい特徴です。

海外FXを始めるのであれば、MYFX Marketsは口座開設しておきたいブローカーのひとつになります。MYFX Marketsを有効利用して、ぜひ大切な資産を増やしていってください。

● 当サイトの厳選ランキング! ●

1位XM Trading (エックスエム)評判レビュー公式サイト
2位Gemforex (ゲムフォレックス)評判レビュー公式サイト
3位iForex (アイフォレックス)評判レビュー公式サイト
4位TitanFX (タイタンFX)評判レビュー公式サイト
5位Axiory (アキシオリー)評判レビュー公式サイト