いますぐトレードに使える新興国通貨の知識

取引方法

● 当サイトの厳選ランキング! ●

1位XM Trading (エックスエム)評判レビュー公式サイト
2位Gemforex (ゲムフォレックス)評判レビュー公式サイト
3位iForex (アイフォレックス)評判レビュー公式サイト
4位TitanFX (タイタンFX)評判レビュー公式サイト
5位Axiory (アキシオリー)評判レビュー公式サイト
ハイローオーストラリア評判レビュー公式サイト


こんにちは。

人類が新型コロナウイルスに攻撃されて1年以上が過ぎた2021年、
5月になって「新興国通貨が上昇している」という声を聞きます。

でも下がっている通貨もありますし、いったいどうなっているのでしょうか。

今回はBRICSと、その他気になる新興国通貨を見渡して今後の海外fx戦略に生かせるように考えてみましょう。

新興国通貨とは

新興国通貨の意味や全体像をチェックしましょう。

エマージング通貨ともいわれます

新興国通貨の意味は見た通りの意味です。

新興国の通貨ということなのですが、それでは新興国はどんな国をいうのでしょうか。

欧米などの先進国と比べまだ成長余地があるけれど、特に潜在力が高い国をいいます。

といっても最近は中国はもう新興国と呼べないのではないかという説もあり悩ましいところです。

とりあえずは、一般的にいわれるように分けてみましょう。

BRICSがポイント

BRICSと呼ばれる5か国は特に世界経済に影響を与えるといわれます。

B:ブラジル Brazil
R:ロシア Russia
I:インド India
C:中国 China
S:南アフリカ South Africa

これがBRICSです。

今回はトランプ政権時代に少し話題になったメキシコについても少し書いていきたいと思います。

コモディティとの関連

コモディティとは「商品」という意味で、
金、銀、銅などの鉱物、原油や天然ガスなどのエネルギー、穀物などの農産物をこう呼びます。

先物取引の話題でよく使われる言葉でもあります。

アメリカでも資源は採掘されますが、新興国で多いイメージがあります。

実際に資源の多くが新興国で採れます。

そして政治的に自国の資源価値を利用する国があり、
その相手が先進国であるために世界経済に与える影響は強烈になりがちです。

原油価格は中東とアメリカとの関係で派手に動くので印象が強いですし、
利益も損失も大きいことがよくあるので私たちトレーダーの成績を振り回してくれます。
(嬉しくないですね)

コーン、大豆、小麦は世界三大穀物といわれますが、コーンはアメリカのほかに中国とブラジルでの生産量が多く、小麦もインドで多く生産されています。

金銀も中国で産出します。

この需給が変わると経済状況も変わり、それぞれの通貨の変動の要因になってきます。

また、通貨が長期金利などの理由で上下すると商品の価格が変化することも知られています。

しかし「〇〇が上がればxxも上がる」のような明確な結論が出ていないのが現状で、膨大な要因から相関関係を知るのは難しいようです。

トレーダーとしては、関連ニュースが出たときに注意深くチャートをチェックして
「テクニカル分析とニュースとが矛盾しないならエントリーする」
みたいな立ち回りをすることになります。

先進国との関係

石油は世界経済にとってまだまだ重要なコモディティです。

サウジアラビアと米国が仲良くなったりケンカしたりも石油が原因です。

ドル安になると原油価格が上がるともいわれますが、原油価格が先に動くこともあります。

(これも「こうなれば上がる」みたいなのが必ずそうなるとは限りませんが、ドルのトレードの際は、できるだけ原油価格も確認するといいのです)

新興国は、自国産のコモディティを政治や経済の交渉材料に使うほかにも、
インターネットで世界が繋がっている時代になって情報のやり取りや電子取引も活発に行っています。

中国は急激にネット社会や電子経済を拡大しました。

コロナ後の社会で電子取引が広がったのは記憶に新しいですね。

面白いのは先進国との違いで、新興国が経済を発展させようとしたらすでにネット社会だったので先進国よりもスムーズに電子商取引が整備されてしまったことです。

先進国である日本は、古い商習慣からなかなか抜けずに現金取引が根強く残っているのは経験しているとおりです。

そして情報を持つ、渡す、ということに対してもお互いが自国の利益を追求するようになっています。

中国がTwitterなど欧米のSNSを使わずに独自のアプリを開発して使っているのは有名です。

消費に関してもAmazonよりもアリババでの通販のほうが人気がありますよね。

特に中国は経済的にもアメリカを追い越すべくがんばっています。

2021年の国際モーターショーでは、日本円にして50万円という低価格の電気自動車も発表されました。

こういう商品が世界を席巻してしまうかもしれません。

これまでのように先進国だから経済的に豊かで、新興国だから貧しいという考えは古いかもしれず、その考えを払しょくする時代が迫っているようです。

また、新興国どうしの争いのスポンサーとして先進国が資金援助をすることも多々あります。

よくいう「代理戦争」というものです。

これを知っていると「良く知らない国の争い」と思っていた遠くの戦争も通貨トレードに関わってくることがわかります。

※中国、50万円弱の低価格EV販売急拡大「人民の足」アピール(産経新聞)
https://www.sankei.com/world/news/210420/wor2104200019-n1.html

歴史を簡単にふりかえると怖い事実が

大昔にはアメリカも日本も新興国でした。

それまでイングランドやフランスが先進国だったのですが19世紀後半から20世紀初頭にかけてアメリカや日本、ドイツが台頭していったという歴史があります。

そういう時期には必ず戦争が起き、力の交代が進んでいます。

そして2021年現在、中国のGDPがアメリカ合衆国のそれを追い抜くかもしれない現実があります。

19世紀のように軍事力での戦争は起きていませんが、AIなどの技術革新やコロナショックなどそれに匹敵するかもしれないほどの出来事が次々と起きています。

アメリカのトランプ政権時代には経済戦争をしていましたね。

中国が世界一になりそうな時代の流れの中でどうトレードしていくか悩みますが、
海外fxという武器もあるので国内業者ではできない銘柄にアクセスでき、チャンスは転がっていそうです。

新興国通貨の特徴

新興国通貨の特徴は、その国の特徴でもあります。

一度にまとめてしまうのも乱暴かもしれませんが、トレードのために知っておきたいことを簡単に並べてみます。

高金利なのでスワップ狙いをしたくなる

トレーダーはいつも良い取引を探しています。

その国の通貨を持っているだけでスワップを貰えるというFXのロングは魅力的です。

トルコリラ、メキシコペソなど新興国通貨はどれも高金利です。

ついつい狙ってロングしたくなります。

ただし通貨そのものの価値が乱高下するのでせっかくスワップをたくさん貰ったのに売買で損失が出てしまうという残念な結果になることもしばしば起こります。

インカムゲインを取るかキャピタルゲインを取るかという問題がついて回るわけですね。

※インカムゲインとは https://www.smbcnikko.co.jp/terms/japan/i/J0181.html
※キャピタルゲインとは https://www.smbcnikko.co.jp/terms/japan/ki/J0182.html

独裁政権のところが多い

トルコのエルドアン大統領、中国の習近平主席、ロシアのプーチン大統領など独裁色の強いリーダーが強力に国を引っ張っていく様子が目立ちます。

このため独裁政権の決断ひとつで経済がガラリと変わりトレードに大いに影響を与えます。

たいていは悪い影響であることが多いです。

突然、金融政策が変わる

上で書いたように、独裁者の一声で金融政策まで180度変わってしまうことがあります。

そうすると為替や株市場にダイレクトに響きます。

最近だとトルコの中央銀行総裁が何度も変わったりしました。

リーダーであるエルドアン大統領とトルコリラ高についての見解が違っていたからでした。

エルドアン大統領は利下げをしたい派なのです。

しかし中央銀行総裁はインフレを懸念し、正しいはずの政策である利上げをして、それでクビになってしまったのです。

このタイミングでもし利上げのニュースだけ見て、良さそうだと思ってスワップ狙いのロングをしていたら損失が膨らむところでした。

独裁政権でないところは、中央銀行に対しても一応干渉はしないことになっています。

しかし独裁政権だとリーダーの好み(?)でこのように何の前触れもなく干渉されてしまいます。

インフレになりやすい

通貨の流動性も価値も落ちやすく、貿易が滞ったりしてモノが行き渡らず結果としてインフレになりやすい傾向にあります。

争い、トラブルが絶えない

内紛、国外との戦争が多いので経済も安定しにくいです。

戦争をするのは自国を豊かにしたいからなのですが、戦争しすぎや巻き込まれで思い通りにいかないこともあるということです。

物理的な戦争だけでなく、少しでも力を持つとサイバー攻撃やサイバースパイという攻撃も仕掛けたり仕掛けられたりします。

「それが成功するならその国はお金持ちになるんじゃないの?」と思えますが国際的な信用は失うので、公的な貿易統計が悪くなる要因の一つになってきます。

闇のお金はたくさん持っているかもしれませんが、公的な貿易統計が悪ければ国の格付けも通貨の価値も下がってしまいます。
(その経済指標も独裁政権だと書き換えて発表されたりします)

豊富な資源を持つ国とそうでない国の差がある

ロシアや中国は国土も広いしそこから豊富な資源が採取できます。

それを根拠に対外的にも強気な政策をよく打っています。

しかし新興国と呼ばれる国のうちBRICSに入らないような超弱小な国もあります。

そういう国は通貨の流動性も期待できず通貨のトレードがしにくくなります。(たま~に話題になると宝くじトレードのチャンスになることはありますが、なかなかないですよね)

※宝くじトレード=意外なことが起きて急変動があり、そこで偶然売買できたため大きな利益になること。

新興国通貨トレードのメリットデメリット

上で書いた特徴から、メリットデメリットがわかります。

整理してみましょう。

新興国通貨をトレードするメリット

• スワップを期待できる

インフレになりやすいということは、金利もよく上がるので高金利通貨が多いです。

近年だとトルコリラが円キャリートレードで人気になりました。

メキシコペソはトルコリラよりも政治的には少しだけ静かです。

その金利を期待する金融商品が、よく日本の証券会社などで発売されていましたね。

「新興国通貨の特徴」のところで書いたように、
通貨そのものの価格が下がらないことを確認してからなら、楽しいスワップ狙いのロングができます。

実際、トルコリラは中央銀行総裁がクビになってしまったので下がりました。

美味しいスワップ狙いではありますが常にヘッドラインを確認する必要がありますね。

※逆スワップになる口座もあるので使っている口座のスワップ一覧を確認しながらトレードしましょう。

• 宝くじトレードができるかも

まだ発展の途上にある国の通貨ということなので、今後は右肩上がりの可能性があると考えるのが普通です。

そうすると長い間持ち続けるのもいいですし、いいニュースが出そうなときに一気に買うのも良さそうです。

流動性の低さが値幅を跳ね上げることになるので成功すれば宝くじトレードになりえます。

スワップが高いのでできるだけショートはしたくないのですが、悪いニュースは勢いよく下がることが多いのでデイトレードまでなら値幅を狙えます。

新興国通貨をトレードするデメリット

• リスク要因が多い

地政学的に危ない場所にある国が多いので、リスク要因は数えきれないと思っておいたほうがいいです。

上の特徴のところでも少し触れましたが、それぞれの国がカントリーリスクを抱えています。

トルコのすぐ南にはシリア、イラク、などなど紛争の多い国が並んでいていつ紛争のとばっちりを受けるかわかりません。

楽しみなスワップトレードがとてもやりにくいのです。

• 流動性が低い

「流動性がある」とは「いつでも買ってくれる人、売ってくれる人がたくさん居て売買がスムーズにできるね」ということです。

ところが「新興国通貨を取引したい」という人は、ドルや円に比べて世界にもそんなに居ません。

そうなると「いまは希望の価格で買ってくれる人がいないね。安く買う人なら居るんだけど」ということがしょっちゅう起きるわけです。

これが流動性が低いということです。

思い通りの価格での売買ができず需給バランスが偏るので、結果として急落や暴騰が起きやすくなるのです。

新興国通貨のトレードをしていて思わぬ方向に暴落して損をしてしまうということがよくあります。

トレードにおけるポイント

カントリーリスクの細かいところも含め、各国とその通貨の説明をもう少しします。

主にファンダメンタル判断の参考にしてください。

中国

中国の主な産業は製造業とサービス業で、金、銀、その他メタル類、穀物などコモディティのほとんどを産生します。

ただし天然ガスは輸入に頼っています。

天然ガスの主な産地はアメリカなどです。

中国の通貨は人民元(じんみんげん)です。

中国は、2005年7月にドルとペッグするのをやめるという改革を起こしました。

IMFがSDR構成通貨に採用したのが2015年、世界通貨としての地位を確立したそうなのにドルとペッグしたいみたいなチャートの動きがときどきあります。

そういう謎の行動が続いていて、これまでの為替取引の常識を当てはめることができません。

それから、私たち外国人が取引できるのは「オフショア人民元」と呼ばれる人民元のみで「オンショア人民元」は取引できません。

「人民元/円のチャート」などという単語で検索するとヤフーファイナンスなどが出てきますが、
このときのチャートはオフショア人民元のレートで作られているはずです。

FXトレードの魅力をあまり感じないかもしれませんが、
政策金利も高めでコロナからの立ち直りも早く再び経済成長を見込める点は買いで良さそうに思えます。

2021年5月現在、1人民元は17円前後です。

しばらく16円台だったので上がってきている状況です。

政策金利は4.35%です。

※人民元見通し(みずほ銀行)https://www.mizuhobank.co.jp/corporate/world/info/cndb/market/index.html

インド

インドの主な産業はサービス業、鉱工業、農林水産業です。

最近はIT産業でも注目を浴びています。

宝石類を産出します。

中国に次いで経済成長が期待される国です。

金の宝飾品の消費量が多いので有名です。

通貨はインドルピーです。

原油価格が上がるとインドルピーが下がるといわれるのは、インドが原油の輸入国だからで、原油価格が上がることがインフレに直結するからです。

トレードする際は、原油価格も一緒にチェックしながらが良いでしょう。

2021年5月現在、1インドルピーは1.5円くらいです。

政策金利は4.00%です。

ロシア

主な産業は鉱工業、機械工業、化学工業、繊維工業です。

資源が豊富で、石油、天然ガス、石炭、ダイヤモンド、金などを産出します。

石油資源が主な収入源なので原油価格が下がると経済的にピンチになるという特徴があります。

ロシアの通貨はロシアルーブルです。

割とどの口座でも取引できますし、スワップ狙いの方がよくトレードしています。

新興国通貨のなかではポピュラーなほうでしょう。

2021年5月現在、1ロシアルーブルは、1.47円です。

政策金利は4.5%です。

2021年3月に4.25%から引き上げられました。

今後、人気が出そうな通貨といえるでしょう。

ただし利上げの理由はインフレ懸念です。

中央銀行は今後も利上げの可能性があると言いますが、
それよりもインフレが加速してしまえば経済は落ち込んでしまい、ロシアルーブル下落のタネがいつ沸き起こるかわかりません。

長期で持つならヘッドラインに気を付けましょう。

ニュースアプリで「ロシア」のニュースを通知するようにしておくと良いかもです。

ブラジル

主な産業は製造業、鉱業、農牧業です。

砂糖、オレンジ、コーヒー、大豆などを作っています。

コーヒーのイメージは強いですよね。

ちなみに海外fxでコーヒー先物ができるところもあります。

ブラジルの通貨はブラジルレアルです。

2021年5月現在、1ブラジルレアルは20.6円です。

政策金利は2.75%です。

2021年3月に2.00%から2.75%に引き上げられました。

0.75%の引き上げは先進国の3回分なのですごい金融政策です。

この利上げの理由もインフレで、次回の会合での利上げも示唆されています。

地理的にアメリカと近いので関係も深く、政局の変化があると影響を受けやすい国です。

高い金利ではあるけれど、情報を入手しやすいロシアルーブルより低いし投資妙味が少ない気はします。

ただしコロナショックから立ち直りつつあって消費者物価指数も上昇しているので、ワクチン接種が一巡して経済が安定すると一気に上がるかもしれません。

また、そうなる見込みですでに株が買われています。
(株と通貨は逆相関といわれますが、最近はそうでもなくなっていますので注意しましょう)

大統領選挙が2022年にあるので、その流れを見つつデイトレード~スイングトレードでコツコツやっていくのが良さそうです。

南アフリカ

主な産業は農業、鉱工業です。

金やプラチナという貴金属のほか、鉄鉱石、銅、石炭、パラジウムのほか、マンガンなどレアメタルを産出します。

農産物は大豆、小麦などです。

南アフリカの通貨は南アフリカランドです。

2021年5月現在、1南アランドは7.74円です。

政策金利は3.5%です。

コロナ前は6.5%で南アランド債が日本でよく売られていました。

こういうのは逃げにくいので海外fxで売買していたほうが良いなとつくづく思ったことがあります。

メキシコ

航空産業、自動車産業、金型産業といった工業が盛んです。

石油、天然ガス、銅、銀、亜鉛、鉛のほかレアメタルが多く採れます。

メキシコの通貨はメキシコペソです。

2021年5月現在、1メキシコペソが5.49円です。

政策金利は4.00%です。

アメリカの隣なので、良い意味でも悪い意味でも関係が深いです。

2018年の統計では、アメリカへの輸出は全体の80%、輸入は全体の46%でした。

アメリカでコロナワクチン接種が進んでいて、経済も回復基調にあるのでメキシコの景気も良くなると見込まれています。

メキシコペソも回復しています。

アメリカと連動するならわかりやすそうですから、株なんかもできるものがあればやってみたいですね。

※各国の資料(外務省データ)
https://www.mofa.go.jp/mofaj/area/index.html

新興国通貨【トレードできる海外fx口座】

今回おすすめの人気業者のなかにブラジルレアルができるところがないのが悲しいですが、FBSでは2018年にできるようになりました。

XM GemforexiForexTitanFXAxiory
人民元(CNH)ありありあり
インドルピー(INR)あり
トルコリラ(TRY)ありありありあり
ロシアルーブル(RUB)ありありありあり
ブラジルレアル(BRL)
南アフリカランド(ZAR)ありありありありあり
メキシコペソ(MXN)ありありありあり

ここになくても、今後できるようになるかもしれませんが、参考にしてください。

トレード注意点と【新興国通貨が上がっているといわれる理由】

今回は新興国通貨の個別のトレードアイデアを考察してみました。

立ち回りで気を付けることにスプレッドの広さがあります。

小ロットにするとか長期保有にするとか、先進国通貨とは違う作戦を立ててからトレードしましょう。

それにしてもなぜ上がっているのでしょうか。

新興国通貨がコロナショックからの立ち直りで上がるのもわかるのですが、先進国の通貨よりも人気が出ているようです。

2020年11月にコロナワクチン普及のめどがついたことで世界の株価や通貨が一気に上昇しました。

半面、ヘッジ資産として買われやすかった金などは下がりました。

これは新興国通貨だけが上がった理由にならなさそうです。

上がった理由はやはり利上げです。

それからバイデン政権のおかげで貿易に関する政策もわかりやすくなるだろうということで、輸出入に関係する新興国への安心感が広がったともいわれます。

こういう基礎があるので、ちょっとくらいはスワップ狙いをやってみてもいいかなという気持ちになっていますが、
引き続きヘッドラインに気を付けながら楽しくやっていきましょう。

※このサイトの他の記者さんの意見も読んでみよう

『【2021年版】トルコリラでハイリターンを狙う方法とは?』


● 当サイトの厳選ランキング! ●

1位XM Trading (エックスエム)評判レビュー公式サイト
2位Gemforex (ゲムフォレックス)評判レビュー公式サイト
3位iForex (アイフォレックス)評判レビュー公式サイト
4位TitanFX (タイタンFX)評判レビュー公式サイト
5位Axiory (アキシオリー)評判レビュー公式サイト
ハイローオーストラリア評判レビュー公式サイト