【10万円ボーナス】the option(ザオプション)がハイローの次に人気なワケとは?

海外FXの評価レビュー

外貨を扱う資産運用として、外貨預金、FX(外国為替証拠金取引)の他に、
「バイナリーオプション」も注目されています。

Binaryとは、二択という意味で、
扱う通貨ペアが上昇するか下落するのかを予想して投資することを指しています。

バイナリーオプションを新しく「トレンドトレーディング」という仕組みにし、
国際的なサービスを提供しているのが、「the option」です。

今回は、the optionのサービス・利用方法についてお伝えしていきます。

一番の人気の理由は「最大10万円分もらえるボーナス」を開催しているところです、ぜひ参加してみましょう。

1.the optionの会社概要

「the option」は「TCG holdings Ltd.」によって、
2017年から運営されているバイナリーオプションのブローカーです。

所在地はマーシャル諸島と表記されており、
Finantsinspektsioon(Estonian Financial Supervision and Resolution Authorit)によって、
金融サービスでのライセンスが認可されています。


顧客の資金はFinantsinspektsioonの監視のもと、分別管理されています。

バイナリーオプション、海外ブローカー、と聞くと、
本当に大丈夫なのか?出金拒否されるのでは?と、不安に感じる方もいるかもしれませんが、
大手ブローカーであれば心配ありません。

the optionは、バイナリーオプションを提供している海外ブローカーの中では、
ハイローオーストラリアに匹敵する知名度となっており、「信頼性が高い点」がメリットです。

バイナリーオプションにおいて、単純にペイアウト倍率だけ比較して海外ブローカーを選ぶことは、
リスクを伴いますので、安心して取引できるブローカーを選択しましょう。

信頼性の高いthe optionでも、不正トレードをすると口座凍結、利益分の出金停止となりますので、
ルールはしっかり守るように注意してください。

ルールを守って取引をしていれば、the optionにおいて、出金拒否など心配する必要はありません。

ポイント
・マーシャル諸島にて金融サービスのライセンスを取得している
・信頼性が高く、出金拒否など心配せずに取り引きができる

2.取引オプションの詳細

the optionの「トレンドトレーディング」は、
金融商品の価格が現時点よりも高くなっていると予測するのであれば「HIGH」、
低くなっていると予測するのであれば「LOW」を選択します。

そして、予測通り動けばペイアウト倍率に沿った金額を受け取ることができる仕組みです。
詳しく取引オプションを区別するとthe optionは4つに分けられます。

HIGH/LOW

一つ目は、「HIGH/LOW」です。取引時間は、「5分、60分、23時間」となっており、
判定時刻終了の1分前まで購入することが可能です。

なお、ペイアウト倍率は「1.80倍~1.85倍」で、
「アット・ザ・マネー」(買値と判定時の価格が同じ)だと返金されます。

FXだと、仮にドル円を10万通貨購入していて、1pipsしか変動していなかったら、
1,000円の利益しか稼ぐことができませんが、トレンドトレーディングでは、
1万円分購入して1pipsの変動であっても、予測が当たれば8,000円~8,500円の利益になります。

ボラティリティ(変動率)が低くても大きく稼げるのがトレンドトレーディングのメリットです。

スプレッドHIGH/LOW

二つ目の取引オプションが「スプレッドHIGH/LOW」です。

スプレッドがあり、スプレッド分を差し引きした価格でHIGH/LOWが当たらなければいけないので、条件は厳しいといえますが、その分、ペイアウト倍率は高くなり「2.00倍」となっています。

投資額が2倍になるということですので、取引時間が短いほどスプレッドは狭くなり、
取引時間が長いほどスプレッドが広くなります。なお、取引時間は「5分、60分」です。

短期

取引時間が短く、すぐに結果がでる取引オプションが「短期」です。

取引時間は、「30秒、1分、2分、3分、5分」、
ペイアウト倍率は、HIGH/LOWと同じく「1.80倍~1.85倍」です。

スプレッドのある「スプレッド短期」で、ペイアウト倍率は「2.00倍」となっています。

短期だとアット・ザ・マネーの場合、回収となってしまいますので、
次々取引をしていきたい人や時間があまりない人は短期、
ハイリターンを期待している人はスプレッドという選択が良いでしょう。

国内のバイナリーオプションとの大きな違いは、「ペイアウト倍率が固定している点」、
「取り引き時間を自分で設定できるという点」が挙げられます。

なお、FXと比較してバイナリーオプションの方が、「リスクが低い」とされている理由は、二つあります。

  • レバレッジを効かせることができないため、ハイリスクにならない
  • 取引以上に損失が大きくなることはない

国内FXでは、損失額が資金を上回るケースがあります。
元本割れどころか借金返済の追証が発生するのです。

一方、バイナリーオプションは取引額以上に損失が大きくなることはありません。
だからこそ、FXよりもリスクが低いとされているのです。

外貨を扱うのが初めてであれば、リスクマネジメントという点において、
FXよりもバイナリーオプションの方が始めやすいでしょう。

ちなみに、短期取引で同値で終わってもちゃんと引き分けになります。

ポイント
・HIGH/LOW → ペイアウト倍率1.80倍~1.85倍
・スプレッド → ペイアウト倍率2.00倍
・取引時間は自分で設定することができる

3.トレードプラットフォームの特徴

海外FXであれば、MT4やMT5といったトレードプラットフォームが共有されていますが、
バイナリーオプションには対応していません。

その代わり、the optionでは、独自のトレードプラットフォームを提供しています。

PC版のデスクトップアプリとモバイル版アプリ(アンドロイド)の両方がありますので、
自宅ではPC版を利用し、外出時はモバイル版を利用するこなど、
好きな時間に効率よく取引をすることができます。

the optionは、自動売買ツールを利用したシステムトレードは禁止されていますので、
自動売買ツールはありませんが、テクニカル分析をするためのインジケーターは、
MT4やMT5に匹敵するほど用意されています。

インジケーター

レート配信会社は「FXCM」(Forex Capital Markets)または「LMAX」で、
FXCM によってLight Streamer社を経由してライブデータストリーミングを提供しています。

ラインチャートの他、「ロウソク足チャート」も表示でき、
1分足や5分足という短い期間のものから1時間足まで揃っています。

短期の取引になると、かなり期間が短い中での変動を分析することになるため、
「10秒足」まで設定されている点がFXとの大きな違いです。

期間によってロウソク足チャートはまったく異なるため、
自分のトレードに合ったもので分析するのが大切です。

その他、デスクトップ版では、

トレンド系指標

  • 「MA」(Moving Average:移動平均線)
  • 「MACD」(Moving Average Convergence/Divergence Trading Method)

オシレーター系指標

  • 「RSI」(Relative Strength Index)
  • 「ボリンジャーバンド」

などがありますので、しっかりと分析したうえで売買ができます。

ただし、設定の保存はできませんので、再度トレードプラットフォームを開いた際には、
改めて設定する必要があります。

画面の表示のされ方も、多少改善が必要かもしれません。

単純に上がるか下がるのかのギャンブル的な投機では、
計画的に資産を増やしていくことが難しいので、このようなインジケーターを利用したり、
経済情勢や政治情勢といったファンダメンタルズ分析も行ったりすることが、
バイナリーオプションで勝つためのコツです。

ポイント
・MT4やMT5に匹敵する多数のインジケーターを搭載
・自動売買ツールは使用禁止

4.通貨ペアとスプレッド

通貨ペア

the optionで扱っている通貨ペアは15種類です。
「アセット」(銘柄)と呼んでおり、日本円がらみでは、

  • 米ドル/日本円(USD/JPY)
  • ユーロ/日本円(EUR/JPY)
  • 英ポンド/日本円(GBP/JPY)
  • 豪ドル/日本円(AUD/JPY)
  • NZドル/日本円(NZD/JPY)

の5種類が用意されています。それ以外は、クロス円以外の通貨ペアです。

また、通貨ペア以外にも、貴金属で2種類(GOLD、SILVER)、
仮想通貨で1種類(BITCOIN)があり、状況に応じて、いろいろ扱える点がthe optionのメリットです。

国内のバイナリーオプションは、10種類以下のブローカーばかりですので、
およそ倍のアセットがthe optionにはあるのです。
(短期ではBITCOINは扱っていません。また、SILVERはHIGH/LOWのみで扱っています)

スプレッド

スプレッド(買値・売値と判定時の価格の差)は、固定ではなく、変動制です。

例えば、「スプレッドHIGH/LOW」で米ドル/日本円(USD/JPY)を扱った場合、

・取引時間が5分であればスプレッドは「±0.3pips」
・取引時間が1時間になると「±0.5pips」

となりますので、1ドル107.500円だとして、5分後に上昇を予想したとすると、
判定時にスプレッドの0.3pipsを加えた107.530円を上回っていなければなりません。

1時間後に上昇を予想したとすると、
判定時にスプレッドの0.5pipsを加えた107.550円を上回っていなければならないのです。

このように取引時間が長ければ長いほどスプレッドは広がり、勝ちにくくなるのが特徴です。

スプレッド短期であれば、

30秒1分2分3分5分
±0.1pips±0.2pips±0.3pips±0.4pips±0.5pips

というように変わってきます。
つまり、スプレッドがあると、まったく為替レートが変動しなかった場合、
HIGHでもLOWでも勝てないことになりますので、

ある程度、ボラティリティが見込めるアセットや時間帯を選んで取引をしていく必要があるでしょう。

取引できる時間帯は、平日7時から翌日の6時が目安ですが、HIGH/LOWで、米ドル円を扱う場合、

取引時間が23時間取引時間が60分取引時間が5分 
7時から6時8時から6時8時5分から5時55分

のように変則的です。とはいえ、平日は、ほぼ24時間取引ができますので、
日中仕事で忙しい人も問題なく取引をすることができます。

ポイント
・貴金属や仮想通貨を含めると18種類のアセット(銘柄)がある
・スプレッドも取り引きできる時間帯もアセットの取り引き時間によって異なる

5.転売機能

バイナリーオプションといえば、
判定の時間まで待っていなければいけないというイメージが強いですが、
the optionには「転売」という機能があります。

転売機能は、判定の前に決済することができますので、このまま判定時間まで待っても、
負け確定というケースの場合など、転売することで損失を抑えることができます。

いわゆる「損切り」です。

逆に、現時点では予測が当たっているが、このまま待っていたら逆に負けるかもしれない場合も利益確定が可能です。

転売機能を利用すると

転売機能では、「転売ペイアウト率」と「転売ペイアウト額」がポイントです。

上記画像を見てみると、

エントリー額転売ペイアウト率転売ベイアウト額
1000円82.99%829.96円

となっており、予測と相場が変動しているため、
転売ペイアウト率が100%を下回っていることがわかります。

このまま判定時間になって、予測が外れていれば1,000円は没収されてしまいますが、
ここで損切りすれば、損失を170円ほどに抑えることができるのです。

なお、予想通りに相場が動いている場合は、転売ペイアウト率は、
100%を上回りますので、利益を受け取ることができます。

転売を上手く利用できれば、勝率が低くても損失を抑えることができ、
最終的に利益を出すことができるようになるでしょう。

転売ルール

利益を出すうえで重要な転売ですが、ルールがありますので、確認しておきましょう。

・取引終了の1分前からは転売ができない

つまり、短期の取引オプションの「30秒、1分」という取引時間では、転売はできないのです。
ですので、損切りをするならば、1分前までということになります。

・転売ペイアウト率は、価格差で決まるか

例えば、ボラティリティが高く、エントリーしたときの価格と大幅な価格差があり損切りする場合は、転売ペイアウト率が0%になってしまうケースもあるのです。

ですので、マーケットのボラティリティは、常に確認が必要となります。
例えば、このままいけば確実に勝てるという状況であれば、
転売して利益確定する必要はないでしょう。

そのまま判定時間になった方がペイアウト率は高いからです。
転売の機能を活用していくと、効率的に利益を増やしていくことが可能です。

ポイント
・判定の時間を待たずに決済することができ、損失を抑えることができる
・30秒、1分という短期の取引では利用できない

6.ボーナス、キャンペーン

the optionには、ボーナスやキャンペーンもあります。

KANGENボーナスキャンペーン

まずは、期間限定の「KANGENボーナスキャンペーン」です。
手続きは特に必要なく、「2万円以上の入金」をすれば自動的にエントリーされる仕組みです。

なお、原則、一度しか適用になりませんので、初回入金ボーナスと考えると良いでしょう。
入金額や取引額に応じで、ボーナス額も変則的になっており、

  • 2万円以上5万円未満の入金、かつ、25万円分の取引 → ボーナス7,000円
  • 5万円以上10万円未満の入金、かつ、75万円分の取引 → ボーナス15,000円
  • 10万円以上25万円未満の入金、かつ、210万円分の取引 → ボーナス35,000円
  • 25万円以上の入金、かつ、500万円以上の取引 → ボーナス100,000円

という設定です。
つまり、入金額の最大40%の還元というわけです。

ボーナスサービスプログラム

the optionのボーナス二つ目は、「ボーナスサービスプログラム」です。

毎月「チャレンジャー」というステータスからスタートし、1,000円の取引で1ポイント付与され、500ポイント(50万円分の取引)でステータスがアップしていく仕組みとなっております。

  • チャレンジャー … スタート時
  • トレーダー … 500ポイント(50万円分の取引)、5,000円キャッシュバック
  • ベーシック … 1000ポイント(100万円分の取引)、5,000円キャッシュバック
  • プロ    … 3000ポイント(300万円分の取引)、3万円キャッシュバック
  • エキスパート… 5000ポイント(500万円分の取引)、5万円キャッシュバック

ステータスが上がるごとに、キャッシュバックも増えていきます。

月が変わると、またチャレンジャーからのスタートになりますが、
2ヶ月連続でエキスパートになると、加えて1万円のキャッシュバックがもらえます。

ボーナスは、魅力的ですが、あくまでもおまけとして割り切ることが大切です。
ボーナス目当てで無理に取引量を増やすことは、リスクを伴いますので注意してください。

ポイント
・初回入金額と取引額によってボーナスを貰えるキャンペーンがある
・毎月取引量に応じたキャッシュバックがもらえるボーナスがある

7.口座開設の手順

the optionの口座は、簡単な手順で開設することができます。
入力する項目も少ないので、5分ほどの時間があれば充分です。

ただし、「身分証明書」と「現住所確認書類」をアップロードしなければなりませんので、
必要書類は準備して開設の手続きを始めましょう。

申込者情報の入力

the optionの公式サイトの「新規口座開設ボタン」をクリックし、新規口座開設の画面に進みます。

「お名前」、「メールアドレス」、「パスワード(8文字以上)」、「お電話番号」、「JPY(日本円)」を入力して「次へ」へ進みます。

必要書類のアップロード

「決済承認契約書同意」の画面に切り替わりますので、日付け入力、署名と進み、「同意します」にチェックを入れて下さい。

次画面より必要書類のアップロードになります。
身分証明書については、顔写真付きでなければいけませんので、下記が該当します。

  • 運転免許証
  • パスポート
  • 住民基本台帳
  • マイナンバーカード

現住所確認書類は、6ヶ月以内に発行されたものでなければいけませんので、
下記が該当します。

  • 公共料金明細書
  • 携帯電話
  • カードの請求書
  • 住民票や健康保険証

「身分証明書」「現住所確認書類」のアップロードが完了したら、
審査に2~3日ほどかかり、審査に通れば、口座開設完了です。

IDセルフィーの提出

口座開設が完了したら、出金も可能になりますが、
「20万円以上の入金」を行う場合は、別途「IDセルフィー」の提出が必要です。

マイページにログインし、「本人確認書類」の項目を選択してアップロードします。
IDセルフィーは、身分証を持った状態で自分の顔が鮮明に写っている画像が必要です。

ちなみに、20万円というのは、一度の入金額だけではなく、
合計金額も該当しますので注意してください。

また、クレジットカードでの入金を希望される場合は、
クレジットカードのアップロードも必要ですので覚えておきましょう。

ポイント
・5分ほどの時間があれば口座開設の入力が可能
・入金合計が20万円以上の場合はIDセルフィーの提出も必要

8.入出金方法

the optionでは、現在「国内銀行送金」のサービス提供にむけて準備中ですので、
入金の方法は2種類、出金の方法も2種類となります。

なお、bitwalletでは、の出金手数料無料キャンペーンを行っていますので、
the optionを利用するのであれば、事前にbitwallet口座を開設しておいた方がお得でしょう。

入金について

入金方法の一つ目は、「クレジットカード」です。
「Master Card」と「JCB」が利用でき、最低入金額は1万円です。

二つ目は、オンライン決済サービス「bitwallet」です。
bitwallet口座への入金は、国内銀行振り込み(三井住友銀行、みずほ銀行)の他に、
クレジットカードも利用でき、「Visa」や「AMEX」といったクレジットカードでの入金も可能になります。

bitwallet口座への入金時は、手数料がかかりますが、bitwallet口座からthe optionの口座への入金は手数料無料です。bitwalletでの最低入金額は5,000円になっています。

出金について

出金の最低額は、5,000円で、利益分の出金最低額は3,000円です。

入金額までの出金制限はありませんが、利益分に対しては出金制限があり、
「口座レベル」によって異なります。

ステータスチャレンジャートレーダーベーシックプロエキスパート
出金手数料初回無料30日間で1回無料30日間で2回無料30日間で5回無料無制限で無料
30日間の利益分出金限度額50万50万50万50万100万

手数料について

出金手数料は、「銀行振込」であれば、一律2,000円。
「bitwallet」であれば、出金額の4%分が出金手数料となります。
※現在はキャンペーン中なので無料です。

なお、口座凍結になった場合の出金は、
さらに最低1500円~入金額の10%の手数料がかかりますので注意が必要です。

おすすめの入出金方法は、 bitwallet

クレジットカードでの入金については、銀行振込での返金となるため、
明らかに現金化が目的で入出金していると判断された場合は、
口座凍結となり、出金できる金額に制限がかかります。

具体的な取引回数は示されていませんが、クレジットカードで入金し、
取引回数が少ない状態で出金すると引っかかる可能性があります。

出金手数料や口座凍結のリスクを考えると、
bitwalletを利用して入出金していくのがコスト面でも安全面でも優れているでしょう。

銀行送金について

気になる銀行送金について、the optionのサポートセンターに直接連絡して確認したところ、
下記回答が返ってきました。

サポートセンターの返答によると、銀行送金による入金のサービスは、
もう準備が整っているとのことです。

公式発表はされていませんが、優先して銀行送金を利用できるよう配慮してくれるということなので、もしbitwalletではなく、銀行送金で入金したい場合はサポートセンターに問い合せてみましょう。

ポイント
・出金手数料が無料のbitwalletサービスを利用するのが一番お得

9.日本人向けサポートサービス

海外のブローカーを利用する際に心配に感じるのは、「どこまで日本語に対応しているのか」、
そして「どこまで日本人トレーダーのサポートをしてくれるのか」という点ではないでしょうか。

the optionのサポートの特徴としては、

  • 日本人スタッフが迅速に対応
  • 問い合せの方法は、「チャット」と「メール」がある
  • 営業時間は「16時~23時」(日本時間)

です。
試しにメールで質問してみたところ、5分で返答がありました。

国内のバイナリーオプションと海外のバイナリーオプションでは、
仕組みがかなり異なりますので、疑問に感じたことはどんどんサポートセンターを利用して明らかにしていくことがおすすめです。

the optionの公式サイトも日本語に対応していますので安心して利用できます。

詳細なルールについても公式サイトにはっきりと明記されていますので、
しっかり確認していれば、出金されないといったトラブルが起きることはないでしょう。

出金拒否が起こったなどの口コミを見ることがありますが、
基本的に出金最低額について把握していないケースが多いです。

ルールを理解していれば、問題なく、安心して利用できる海外ブローカーがthe optionといえるでしょう。サポートが確立されていないブローカーでは何かとトラブルが起きやすいので注意してください。

ポイント
・日本人スタッフが迅速に対応(メール、チャット対応)
・公式サイトもわかりやすく日本語で記載

まとめ

為替レートが上がるか、下がるかを予測するバイナリーオプションは、
単純に確率50%で当たると思われがちですが、ブローカーによって仕組みは異なりますので、
しっかりと事前に確認をしましょう。

the optionの「トレンドトレーディング」であれば、「ペイアウト率は1.8倍~2.0倍」、
さらに「転売」や充実した「ボーナス」といったサービスが充実しています。

このようなサービスを有効活用していけば、損失を抑え、
より効率的に利益を膨らますことが可能なのです。

海外のバイナリーオプションを始めるのであれば、the optionの口座は、
確実に開設しておくことをおすすめします。

● 当サイトの厳選ランキング! ●

1位XM Trading (エックスエム)評判レビュー公式サイト
2位Gemforex (ゲムフォレックス)評判レビュー公式サイト
3位iForex (アイフォレックス)評判レビュー公式サイト
4位TitanFX (タイタンFX)評判レビュー公式サイト
5位Axiory (アキシオリー)評判レビュー公式サイト