【無料】おすすめの外部インディケータ3つを画像付き解説!【怪しくないの限定】

取引方法

● 当サイトの厳選ランキング! ●

1位XM Trading (エックスエム)評判レビュー公式サイト
2位Gemforex (ゲムフォレックス)評判レビュー公式サイト
3位iForex (アイフォレックス)評判レビュー公式サイト
4位TitanFX (タイタンFX)評判レビュー公式サイト
5位Axiory (アキシオリー)評判レビュー公式サイト
ハイローオーストラリア評判レビュー公式サイト


外部インディケータの探し方やダウンロードできるリンク先をご紹介します。
当サイトで過去におすすめした優秀な外部インディケータをトレードに使ってみましょう。

今回は、混乱を防ぐためにMT4限定で解説しますが、最後にMT5に関する補足を入れております。

MT4とMT5の外部インディケータとは

下記記事でおすすめしていたのは、外部インディケータというものです。

たとえば、XM(XM Trading)のMT4なら自分のPCに取り入れたらすぐに多くのインディケータが使えます。ないものは、どこかから買ったり貰ったりして導入する、それが外部インディケータです。

MT4のダウンロード方法もあるので、自信のない方は、先に読んでおいてくださいね。

おすすめした3つのインディケータの特色

さっそく、3つのおすすめインディケータをざっと見直してから詳細な実践例などを追っていきましょう。

Alert SMA-EMA CrossOver1

特徴は、【売買シグナルをアラートでお知らせ】です。

※シグナルとは? … 「ここで買いましょう」というサインを出してくれるという意味です。

移動平均線2本の関係から売買シグナル(矢印の絵)を出してくれるもので、
ダマシを減らすこともできていて初心者にも使いやすいものです。

似たような外部インディケータとは違った面白い特徴もあり、
「よくわからないけど」と悩みつつも導入して大丈夫な外部インディケータです。

old CCFp & alerts original

特徴は、主な通貨ペアの強弱がわかることです。
世の中には、通貨の強弱サイトもありますが、MT4に入っていると各段に使い勝手が良くなります。<

自分なりに設定を変えられる点も、トレードの最大の助けになってくれます。
今回は、名前の最後に”original”とついているのを取り上げましたが、今は修正後の新しいものが出ているのでそちらを使いましょう。

また、同じ目的のインディケータがいくつも無料で配布されています。
アラートはないけどシンプルなCCFpというものもあります。好きなものを使えば問題ありません。

※通貨の強弱サイト https://currency-strength.com/

Custom Candle6

他の時間足のキャンドルスティック、つまりローソク足を重ねて表示してくれるものです。
重ねるのは「上位の時間足」といわれるもので、今見ているチャートよりも長期のローソク足のことです。

多くのトレーダーが「あったらいいな」と思うもので、それを叶えてくれているのです。

3つの外部インディケータを使うための基礎知識

これらの外部インディケータを使う前に、基礎知識を知っておきましょう。
難しくありません。

移動平均線とゴールデンクロス、デッドクロス

Alert SMA-EMA CrossOver1のメインインディケータの移動平均線は、ある期間の価格の平均を線グラフにしてくれるというものです。価格は、その時間の終値を使うことがほとんどです。

  • SMAは、移動平均線の基本のもので「単純移動平均線」といいます。
  • EMAは、「指数平滑移動平均線」といって、一番新しいローソク足の価格を2倍にして移動平均線を出したものです。最新の値動きに対して敏感になりシグナルを早く的確に出せるようになります。(Alert SMA-EMA CrossOver1だとピンクとブルーの矢印をシグナルといいます)
  • ゴールデンクロスとは、言葉の雰囲気からもわかるように嬉しいもので、チャートが上昇するシグナルです。Alert SMA-EMA CrossOver1ならブルーの上向きの矢印です。
  • デッドクロスとは、反対に悲しいもので、チャートが下がるシグナルです。Alert SMA-EMA CrossOver1ならピンクの下向きの矢印です。

どちらも「クロス」となっていますが、Alert SMA-EMA CrossOver1の2本の移動平均線がクロスする状態をあらわしています。赤い移動平均線(SMA)をブルーの移動平均線(EMA)がクロスすると矢印を出してくれるのです。

SMAが基準になっていて、これをEMAが下から上にクロスするとゴールデンクロスと呼ばれ、上から下にクロスすればデッドクロスと呼ばれるのです。

※終値とは https://www.oanda.jp/lab-education/dictionary/closeprice/

通貨の強弱とは

old CCFp & alerts (original)が示してくれる通貨の強弱とは、何なのでしょうか?

これはそのままの意味です。2つ以上の通貨の上下動を比べて派手に上がっているものを「強い」といいます。

インディケータにその強さをグラフにしていくつかの通貨を出して比べることができます。どの通貨よりも急上昇している通貨は、グラフで右肩上がりになっていきます。

FXは、2国の通貨の両替価格をトレードするものですから、その通貨同士の強弱がわかったほうが良さそうですよね。

「ドルは上に上がっているのに円が下のほうにあるならドル/円を買う」といった判断材料になるのです。

マルチタイムとは

Custom Candle6は、たとえば1時間足のチャートを表示したまま、その上に4時間足を重ねて見ることのできるインディケータです。こういうのをよく「マルチタイム」といいます。

先輩トレーダーは必ずといっていいほど「マルチタイム分析」もしています。

FXでは、トレンドに沿った売買が大切とされますが、そのトレンドは1分足で見るのと日足で見るのとではまったく違っています。そこで、Custom Candle6のようなインディケータでひとつの画面ですべてを見渡そうというのが「マルチタイム」分析なのです。

先輩トレーダーは、そうして日足などの長期のトレンドを頭に入れて自分がトレードしたい時間足のバックグラウンドにするのです。

ローソク足の形も同時に見られるので、根拠のしっかりしたトレードができますよね。詳しくは下で実際のトレードでの使い方を書くので読んでください。

3つのインディケータの設定方法と実際のトレードでの使い方

ご紹介したインディケータの良さを生かして使ってみましょう。
パラメータ設定については、トレードで必要そうなところだけ説明いたします。

Alert SMA-EMA CrossOver1

初期設定は、画像のようになっています。

「チャート」「表示中のインディケータ」「Alert SMA-EMA CrossOver1」「パラメータの入力」の順で設定画面を出すことができます。
MT4に慣れている人はインディケータ上で右クリックしても出ますよ。もし変更したら最後に「ok」をクリックして終わります。

パラメータの意味

  • SMA Period、EMA Period、これが移動平均線の期間の設定です。最初は、このままで使いましょう。
  • Time Frameは分単位で設定できます。最初は240(4時間)になっています。
  • Emailはメールでシグナルが出たことを知らせるかどうかです。trueは「知らせる」です。やめたいときはダブルクリックしてプルダウンメニューを出し「false」にしましょう。

最初の設定では、このまま4時間足でデイトレード~数週間のスイングトレードに使えます。

トレード方法

4時間足で矢印のとおりに売買をすることができます。

矢印が出るタイミングが遅く思えますが、ゴールデンクロスとデッドクロスが確定するのがローソク足の終値なので仕方ないことです。

それでも他のインディケータよりもダマシを減らせているのでデイトレード~長期トレードでしっかりトレードできます。(反対にスキャルピングには使いにくいインディケータとなります)

矢印が出たらその方向で売買すればOKです。

これだけです。
性質の違う移動平均線をうまく組み合わせてあるのが最大の利点で、移動平均線を見ながら矢印を確認できるインディケータも実はそんなに多くないので貴重なのです。

ただし移動平均線は期間しか変えられないので、つまらなくなったら他の外部インディケータを探すのがいいでしょう。

トレードのルール作りにも使えます。

矢印を出したゴールデンクロスとデッドクロスがそのトレードの根拠なのですから、『その矢印のローソク足または移動平均線のクロスのローソク足の終値(高値や安値でもOK)よりも逆行したら損切りをする』のような損切りルールを作ることができます。

音の設定

矢印が出るときに親切にアラート音が出ますが、うるさいかもしれません。

音は消すこともできます。

以下のどちらかの方法があります。

  • Windows10のシステムから消す

Windows10の右下のメニューの「スピーカー」を右クリック、「音量ミキサーを開く」でいろいろなアプリの音量調節ができます。そこにMT4のベルの絵か、使っている海外fxのマークがあるのでそれを0にします。それでも気になるときは「システム音」を0にします。

「システム音」を0にすると他のアプリの音もしなくなるので気をつけてください。

  • MT4の設定から消す

MT4の上のメニューから「ツール」「オプション」「音声設定」と進みます。
「有効にする」のチェックを外すか、「Alert」のベルをダブルクリックして✖を出します。

old CCFp & alerts (original)

old CCFp & alerts originalには新たに修正が加わっているとのことで、ここからは修正後の「old CCFp & alerts」というインディケータで説明します。基本の使い方は同じです。

パラメータの意味と通貨の表示、非表示

初期設定は、上の図のようになっています。
「チャート」「表示中のインディケータ」「old CCFp & alerts original」「編集」で出せます。

通貨は5種を出すパターンと8種を出すパターンを切り替えることができます。

上から2行目の「show_8_Currencies」を「true」にすると8種類になります。

どうしても2種だけ比べてみたいなどの場合

通貨の名前のある行の「true」を「false」に変えるとでなくなります。
色設定で通貨の色を変えたり、「none」にして消えたように見せることもできます。

決めておいた通貨がほかの通貨とクロスするとアラートが鳴ります。

上のパラメータ設定では「alertsFor」が「GBPUSD」になっています。
これはポンドとドルがクロスするとアラートが鳴る設定ということです。

トレード方法

トレードの前に見ておくべきインディケータです。

普段から通貨同士の力関係を見て自分なりの相場観を作っておくと、いざトレードをするというときに自信に繋がり迷いのない売買をすることができます。

ファンダメンタルズのニュースと合わせてトレードの優位性を確認することもできます。

例をあげます。
病気のワクチン接種に失敗したというニュースがイギリスで出てから、良いワクチンが流通しそうだというニュースに変わったとします。そのタイミングでポンドが他の通貨よりも上がっていけばロングしやすくなります。

アラートも鳴る前からどうするか決めておいたほうが良いです。

たとえば、上がっているポンド/ドルが下がるのを待つ予定だったとして、「GBPUSD」のアラートでドルが上に行ったのがわかったとします。そうしたら、力関係が変わりドルが強くなった(ポンドは弱くなった)と判断してショートをするという考え方です。

※あくまでもその時点までの過去を分析しているので、突発的な事件などですぐ逆転することもあります。これだけに頼らないようにしましょう。

Custom Candle6

誰もが「今見ている1時間足のチャートに日足を重ねられないかな?」と思ったことがあるでしょう。それを叶えてくれています。

パラメータの意味

初期設定は、1時間足の上に4時間足のローソクを載せて見るようになっています。
「チャート」「表示中のインディケータ」「Custom Candle6」「編集」です。

TimeFrameで、上から重ねる足を指定します。

単位は分なので1時間足を描きたいなら「60」、2時間足を描きたいなら「120」というように設定します。数字をダブルクリックすると書き換えられますよ。

CustomCandleTimeShiftで、出すローソク足のスタート場所を決めることができます。

これがちょっと難しくて、海外fxのMT4によってスタート場所というかスタート時間が変ってしまうことがあります。私は0~2くらいで出してみて、その日の0時や朝6時(その海外fxの月曜が始まる時間など)に合うように数値を探して使っています。

※夏時間と冬時間の切り替わりのときも一応、ここをチェックするようにしています。

BGCandleは、出すローソク足の色を塗りつぶすことができます。塗りつぶしたいときは「true」にします。

トレード方法

チャートをごちゃごちゃ切り替えずにスマートにトレンドフォローする

上位の時間軸というのが重要視されるのは、最初のほうで書いたとおりです。

トレンドフォローという売買は「上がっているときはロングをする」という投資の基本ですが、
それをスマートにできるのがCustom Candle6のいいところです。

たとえば、日足で上昇トレンドだとはわかっているけれど、1時間足や4時間足ではバラバラな動きをしているようなときです。いくら便利なMT4でもクリックを何度もして足を切り替えながら分析すると疲れます。

そこでCustom Candle6で一度に見ながらすべての足が上昇トレンドになったところでロングをする、という楽な使い方ができるのです。

各国市場の時間に合わせて分析

たとえば、東京の株式市場は、朝9時から午後3時まで(休憩ありですが)です。

この6時間のリズムを分析したいときにTimeFrameを「360」にして、スタート時間をCustomCandleTimeShiftで朝9時にセットするとドル/円のその時の流れがはっきり掴めることがあります。

その後、欧州時間やニューヨーク時間に弱くなったり強くなったりと変化しても東京時間の続きだからという根拠のような実感があってトレードしやすくなることがあります。

今は夏時間、月曜の午後3時ちょっと前で、CustomCandleTimeShiftを「3」にしてTimeFrameを「360」にしました。

最後の青い6時間足は、陽線です。「今日は下ヒゲを作って上昇したんだな」と判断でき、日本でドルの需要が高まっていたんだなと想像できます。

これで今後のトレードのすごいヒントが得られたかもしれないですよね!
他にも4時間足と日足など無限にアイデアが湧くと思います。試してみると楽しいでしょう!

※画像が乱れて重ねたローソク足のヒゲがすごく長くのびたりすることがあります。直すには足を変更して戻してみたり、パラメータ設定のメニューを出して何も触らずにまた「閉じる」で消したりといじってみると良いです。

相性のいいのはこの海外fx

今回紹介した外部インディケータと相性の良い海外FXをご紹介します。

Alert SMA-EMA CrossOver1

すべての海外fxのMT4に使えます。
ただしスキャルピング中心にするために、以下の口座を駆使している人には向きません。矢印はクロスが確定した後に出るからです。

  • AXIORY「ナノスプレッド口座」
  • TitanFX「Zeroブレード(ECN)口座」
  • XM(XM Trading)「ZERO口座」

old CCFp & alerts original

すべての海外fxのMT4に使えます。

Custom Candle6

すべての海外fxのMT4に使えます。
面倒なのは、それぞれのMT4でCustomCandleTimeShiftが合っているかどうかチェックしなくてはならないこと。とはいえ触らなくてもトレンドを見るだけなら充分使えます。

今回ご紹介した外部インディケータの入手サイト

これらのおすすめインディケータの他にも面白いものは世の中に転がっています。
危険なサイトに気を付けながら、外部インディケータを楽しみましょう。
多くのトレーダーが昔から使っているのは以下のダウンロードサイトです。

Alert SMA-EMA CrossOver1

MT4インディケータ貯蔵庫
abysse  

old CCFp & alerts original(old CCFp & alerts)

通貨強弱 環境認識 インジケーター FX MT4 

CCFp(アラートなし)とCustom Candle6

abysse  

ちなみに、「MT5」のダウンロードページもあります。

全て無料で入手できるサイトです。
作成した方が無料で公開するなど、無料で優秀な外部インディケータがいっぱいありますので、いろいろ使ってみて、自分にあったものを選んでいきましょう。

● 当サイトの厳選ランキング! ●

1位XM Trading (エックスエム)評判レビュー公式サイト
2位Gemforex (ゲムフォレックス)評判レビュー公式サイト
3位iForex (アイフォレックス)評判レビュー公式サイト
4位TitanFX (タイタンFX)評判レビュー公式サイト
5位Axiory (アキシオリー)評判レビュー公式サイト
ハイローオーストラリア評判レビュー公式サイト