【徹底比較】海外FX業者の日本語サポートってどう?

徹底比較

困った際やトラブルが起きた際に、海外FXのブローカーが日本人や日本語にどれだけ対応しているのか

「海外FXブローカーの日本語サポートの現状」

そして

「各ブローカーのサポートサービスの比較」

についてお伝えしてきます。

海外FXの公式サイトは日本語対応されているのか

トップページだけ英語表記になっている理由

公式サイトを調べる際に、ブローカーのトップページがすべて英語表記になっている場合があります。

「あれ?日本人トレーダーには対応していないのかな?」ですとか、「英語力がないと海外FXはできないのか?」といった疑問や不安を感じるかもしれません。

しかしいざFX口座を開設しようとクリックすると画面が切り替わって日本語表記になり、問題なく開設の手順が理解できたというケースがほとんどです。なぜトップページだけが英語表記になっているのでしょうか?

これは、「海外FXのブローカーは日本の金融庁の許可を得ていない」からです。要するに日本のライセンスを所有していない状態です。ですから公式に広告などで集客することが禁じられています。

金融庁のホームページには認可されていない大手の海外FXのブローカーに対して警告しているのが現状です。ですから金融庁にマークされないために公式サイトのトップページをあえて日本語表記していないわけです。

しかし実際のところ「金融庁の許可を得ていない=危険なブローカー」というわけではありません。許可を得ていない理由は、許可を受けられないからではなく、金融庁の規制を受けないためです。

金融庁の規制内だと500倍や888倍、1000倍といった超ハイレバレッジは提供できません。金融庁ではレバレッジの最大は25倍に制限しているからです。ボーナスやゼロカットシステムも禁止しています。

つまり、金融庁の許可を得てビジネスを行っていると、多くのトレーダーが期待している「海外FXの魅力がすべて失われてしまう」ということになるわけです。

また、トレーダーについても海外FXを利用したからといって処分されるわけではありません。利益が出たら国内FXと同様に確定申告すればまったく問題はないのです。(ただし納税の仕組みは国内FXと海外FXでは違いがあります)

最近はほとんどの公式サイトが日本語対応

今回は数ある海外FXブローカー(その数は千を超えます)の中から日本人トレーダーに人気のある大手だけに注目し、その日本語サポート態勢を比較していきます。

XM」(XM Trading)

iForex

Gemforex

TitanFX

Axiory

の5社になります。

海外FXといえば知名度の高いブローカーばかりなので、聞いたことがあるのではないでしょうか。

初めて聞いたなというブローカーがありましたら、ぜひ公式サイトを調べてみてください。どのようなサービスを提供しているのか確認することができます。

上記で挙げた5社については、公式サイトはすべて日本語対応しています。右上に言語切り替えのボタンがあり、ここで英語や日本語に切り替えられる仕組みを採り入れているブローカーが多いです。

日本語にもしっかりと対応している理由は、やはりFXに感心のあるトレーダーが日本には多いということでしょう。海外FXのブローカーにとって日本はとても魅力的なマーケットということです。

ですから日本語サポートを充実させる海外FXブローカーは多くなってきています。トップページが英語表記になっていれば日本人トレーダーは見向きもしないはずです。

なぜなら公式サイトを日本語表記に対応している海外FXブローカーばかりだからです。あえてトップページが英語表記の海外FXブローカーを選択する必要がないのです。ですから公式サイトのトップページもしっかりと日本語表記にしているのです。

ですから、上記5社については、「英語力がないと海外FXはできない」という心配はいりません。FX口座開設も、ログインした後のマイページも日本語対応されているからです。

ただし本社の住所などは英語表記のままになっていたりしますので、すべてが日本語に訳されているわけではありません。FXをするにあたって絶対に必要になる部分については、きっちりと日本人にもわかるようになっています。

これが最近の海外FXブローカーの公式サイトの現状です。公式サイトに記載されている内容や、入出金のやり方などのルールについて「まったくわからない」と困ることはないので、心配せずに利用してください。

海外FXブローカーの日本人サポートセンターの比較

サポート態勢の注目点

海外FXブローカーは「超ハイレバレッジ」、「ボーナス」、「ゼロカットシステム」、「NDD(ノーディリンググデスク)」、「入出金方法の選択肢の多さ」、「通貨ペアの豊富さ」、「どの国のライセンスを取得しているか」、「どこの銀行で分別管理しているのか」などといった点をそれぞれメリットとしてアピールしています。

もちろんその中には「日本語によるサポート態勢」も含まれています。「自社が安全であり、かつ安心して活用できるブローカーである」という点を海外FX初心者に認識してもらうことで、日本人顧客を増やしていきたいという戦略によるものでしょう。

しかし、日本語対応しているからそれで安心というわけではありません。実際にやりとりしてみると、日本人スタッフはおらず、日本人以外のスタッフのため、「たどたどしい日本語でうまくコミュニケーションが取れない」、「問い合せしたが一向に連絡がこない」といったケースもあるのです。

サポート態勢の内容もブローカーによって異なります。ですから海外FXブローカーを選ぶ際には単純に日本人向けのサポートがあるということで安心することなく、「どのような方法でサポートしているのか」という点にもしっかり注目してください。

また、入出金について、取り引き方法について、ボーナスの仕組みについてなど疑問や確認したい点なども出てくることが考えられます。その際に「日本時間の何時から何時まで営業していて、対応してくれるのか」という点もしっかり確認してください。

「チャット」でのサポート態勢があるブローカーであれば、かなり迅速に質問に答えてくれます。もちろん無料サービスですし、チャットをするにもお金はかかりませんので、慣れるまではチャットを通じて、サポートセンターを頻繁に利用することになるはずです。

「いや、私は直接電話をして問い合わせをしたい」という方もいるかもしれませんが、基本的に電話対応はしていないです。これは国内FXのブローカーにも共通しています。

また、記録も残りますし、確認したいことを明確にして問い合わせができるので、電話よりもチャットやメールの方が便利です。

「問い合わせ先の電話番号が掲載されていない=リスクの高いブローカー」ということはけっしてないので、安心して利用してください。ブローカーの中には電話をすると後から電話をかけ直してくれる「コールバック」というサービスを提供しているケースもありますが、タイムラグが生じてしまうので、なるべく早く対応してくれるチャットやメールの方が都合は良いでしょう。

ただし、営業していない土曜日や日曜日は基本的にどこのブローカーも対応していません。ここは取り引きできない期間ですから支障がないでしょう。その点は国内FXのブローカーも同じ態勢です。

海外FXを初めて利用しようとした際に、「何かトラブルが起きたらどう対応しよう」、「わからないことは誰に相談すればいいのだろう」という不安は誰でも抱くところですが、大手の海外ブローカーではしっかりと日本人トレーダーをサポートする態勢が整っていますので安心して始めることができるようになっています。

日本語サポートについておろそかになっているブローカーや、公式サイトがまったく日本語対応になっていないといったブローカーは、取り引きを始めた後でトラブルになった際に対処できなくなるリスクがありますので、なるべく避けた方が懸命です。

大手ブローカーのサポート態勢

それでは、実際におすすめの大手ブローカー5社のサポート態勢がどのようになっているのかについてご紹介していきます。主に「問い合せの方法」、「問い合せ対応している時間帯」についてになります。

「XM」(XM Trading)〉〉レビューページ

888倍という超ハイレバレッジと、業界でもトップクラスの充実振りを誇るボーナスが魅力のブローカーです。8以上の言語でサポート対応をしています。もちろん日本語対応も含まれています。
サポート態勢としては、

  1. サポートデスクへのEメールでの問い合わせ、
  2. オンラインサポートへの日本語ライブチャット

の2通りが用意されています。
営業時間は「平日24時間」なので、平日であればいつでも問い合せ可能なのが便利な点です。Eメールであれば「support@xmtrading.com」宛て、日本語ライブチャットはメニューの「お問い合わせ」から選んでクリックするだけです。

iForex 〉〉レビューページ

20年以上の取引実績を誇る老舗ブローカーです。レバレッジは400倍で、FXだけでなく600もの銘柄のCFD(差金決済取引)を提供しています。
日本語カスタマーサポートは、

  1. Eメール
  2. Fax
  3. チャット
  4. 電話

と様々な対応をしている点が他のブローカーと異なる点です。
電話についての営業時間は、日本語デスク電話が「平日GMT4:00~12:00」(日本時間との時差9時間)、取引サポートフォームサポート電話が「平日GMT5:30~19:00」です。その他のサポートは24時間対応しています。

Gemforex 〉〉レビューページ

近年人気急上昇のブローカーで、レバレッジは驚異の最大5000倍や、MT4やMT5の自動売買ツールであるEAを無料使いたい放題にできるなど、インパクトのあるサービスを提供しています。ベトナムホーチミンにあるサポートセンターには日本人スタッフも常駐しており、

  1. チャット
  2. Eメール

での対応を行っています。営業時間は「平日の10:00~17:00」(日本時間)となっています。

TitanFX 〉〉レビューページ

レバレッジ500倍、業界最狭水準のスプレッドを提供しているブローカーです。もちろん日本語サポートの態勢も整っており、

  1. チャットのみ

となりますが、公式サイトの左下にチャットのアイコンがあり、手軽に問い合せができるようになっています。営業時間は「平日24時間」です。

Axiory 〉〉レビューページ

レバレッジ400倍とそこまで高いレバレッジではないものの、海外FXブローカーには珍しく国内銀行送金による出金にも対応しているブローカーです。カスタマーサポートのスタッフは厳しい研修プログラムを定期的に受けており、的確な日本語サポートをしてくれます。

  1. Eメール
  2. チャット

という2つの方法があり、営業時間については、Eメールが「平日9:00~24:00」、チャットが「平日10:30~23:30」(どちらも日本時間)となっています。

このように5社すべてでチャットによる日本語サポートを行っています。

「ボーナスの仕組みが複雑」、「入金と出金で方法が違う」といったブローカーの場合は、しっかり理解できるまで公式サイト内の説明やよくある質問事項を確認し、さらに疑問に感じた点はチャットで問い合せをしていった方がいいでしょう。

Gemforexのように1円でも出金するとボーナスが全額消滅するといった特殊なルールもありますので注意してください。後からわかっても手遅れになりますので、事前確認が大切です。

国内FXと日本語サポート力はどう違うのか

海外FXブローカーからも毎日日本語で情報が発信されている

国内FXブローカーを利用しているトレーダーは、公式サイトやトレードプラットフォームに表示される「情報」も確認されて市場予測に役立てていることだと思います。

「海外FXに切り替えるとどうなるのだろうか?」と少し心配になるかもしれませんが、まったく問題ありません。各ブローカーで経済指標の数値発表は行っています。もちろんそういった情報入手は別のサイトを利用するという方法もあります。

情報発信ではXMのサービスは魅力的です。最新マーケット分析を日本人アナウンサーが「デイリーマーケット分析ビデオ」として動画配信しています。

日本人が説明してくれるので問題なく聞き取ることができます。また、「FXを学ぶ」ということで日本トレーダー向けに様々な企画が用意されており、日本人講師による「FXウェビナー」も毎月週に一度くらいのペースで開催されています。

このサービスの充実ぶりがXMの人気の高さの要因のひとつであるのは明らかです。

他のブローカーでも日本人トレーダー向けのサポートは手厚く行っており、毎日のように最新マーケット分析をメール配信してくれるブローカーもあります。

もちろん内容は日本語で、わかりやすくまとまっていますので、英語力はまったく必要ありません。

このように日本語による問い合せの対応だけではなく、海外FXブローカーでも日本語による積極的な情報発信を毎日しているのです。中にはXMのようにFXのトレードスキルが向上するようなサポートまでしてくれるブローカーもあります。

海外FXの場合、トレードプラットフォームはやはりMT4で共通しています(一部MT5やcTraderなどの選択肢もあります)ので、充実したインジケーターでテクニカル分析をしたり、一流トレーダーが開発したEAをダウンロードして様々な自動売買を行ったりすることができるという大きなアドバンテージがあります。

一方で「難しそう」、「安心して使えるのか」といった不安もあるでしょうが、それをサポートして、FXについて学習する機会まで日本語対応で設けてくれているわけですから、かなり心強いです。

さらにファンダメンタルズ要素についての情報も的確に発信してくれるので、FXの勝率を高めていくことができる環境が整っているといえます。

大手ブローカーであれば国内と比較しても遜色がない

つまり海外FXといっても大手ブローカーであれば、国内FXブローカーと比較しても、「日本語のサポート力はまったく遜色がない」わけです。

実際にXMのような独自のFXニュースの動画を配信してくれるブローカーは国内にはほとんどありません。そう考えると国内FXブローカー以上に手厚いサポート態勢が構築されているわけです。

「国内FX=安心、海外FX=リスクが高い」というのは大手の海外ブローカーには当てはまりません。むしろFXに勝つための条件は、大手の海外FXブローカーの方がそろっています。

ただし、すべての海外FXのブローカーがご紹介したような日本人向けのサービスを独自に行っているわけではありません。

超ハイレバレッジだけをアピールするだけでサポート態勢の整っていないブローカーも確かにあります。ですから海外FXのブローカーを選択する際にどこでも大丈夫というわけにはいかないでしょう。

国内FXブローカーのサービスに匹敵するサポートを期待するのであれば、こちらでご紹介した5社のように知名度が高く、実績も信頼できる大手を選択すべきです。

悪徳業者を選んでしまうと、トラブルが起きてもまったく対処できず、相談するところもないので泣き寝入り状態になってしまいますので、海外FXを始める際は必ず信頼できるブローカーを選択してください。

まとめ

ここまでお伝えしてきたように、近年では「日本語対応」という点において、国内と海外ではもはやまったく差はありません。

ですから、「よりFXに勝つためには」、「より多くの利益を出すためには」という点に注目して、国内・海外と幅広い中からブローカーを選ぶのがいいのではないでしょうか。確かに海外FXと国内FXでは仕組みに違いはあります。

しかし日本人向けのサポートが充実していれば、すぐに慣れて使いこなすことができるようになるでしょう。

国内FXは金融庁がさらなる規制強化に動いていますので、レバレッジの限度が現状の25倍から10倍まで引き下げられる可能性は大いにあります。

そうなると海外FXの需要はさらに高まっていくことになりますが、そうなる前に、一足先に海外FXの経験を積んでおくことがおすすめです。

ぜひ日本人向けサポートが充実しており、信頼できる海外FXブローカーを選んで、大切な資産を増やしていってください。

● 当サイトの厳選ランキング! ●

1位XM Trading (エックスエム)評判レビュー公式サイト
2位Gemforex (ゲムフォレックス)評判レビュー公式サイト
3位iForex (アイフォレックス)評判レビュー公式サイト
4位TitanFX (タイタンFX)評判レビュー公式サイト
5位Axiory (アキシオリー)評判レビュー公式サイト