【Q&Aつき!】海外FXは不安?今さら聞けない疑問に答えるよ

徹底比較

● 当サイトの厳選ランキング! ●

1位XM Trading (エックスエム)評判レビュー公式サイト
2位Gemforex (ゲムフォレックス)評判レビュー公式サイト
3位iForex (アイフォレックス)評判レビュー公式サイト
4位TitanFX (タイタンFX)評判レビュー公式サイト
5位Axiory (アキシオリー)評判レビュー公式サイト
ハイローオーストラリア評判レビュー公式サイト


“ザ海外fx”を楽しんでいただいていますか?
さあ、ここで根本的な疑問とどうしても残ってしまう不安を解決しましょう。

このサイトを全部読めば、とりあえず海外FXを使いこなせるようになりますから「知りたいことがたくさん!でも時間がない!」という方はここから読んでくださいね!

こんにちは。兼業トレーダーの原田です。
原田は10年くらい海外FXを使っているのでなにかのお役に立つのではないでしょうか。
失業中は、家賃を海外FXの利益で払っていた経験もあります。

では、いきましょう。

もくじ

海外FXとは海外に拠点のあるFX会社です

一般に海外FXと呼ばれるのは、日本以外に拠点のあるFX会社です。

国内の会社と違って個性的なサービスがあるのが特徴で、根強いファンがいます。

どこで海外FXと決まるのか

海外に拠点があるFX会社ならみんな海外FXではありますが、ネットなどで「すごい!」と話題になるのは、とくにレバレッジが高い海外FX会社です。

そういうところに対して「海外FXが…」と会話することが多いのです。

このサイトでも海外に拠点があって、かつ、レバレッジが高い会社を「海外FX」と呼ぶことにしています。

海外FXを「危険ではないか?」と思う理由

どの海外FXもセイシェルなど外国の金融庁にあたるところで営業許可(金融ライセンスなどといわれます。”お金を扱う仕事なんだからちゃんとできます!”という意味の資格と考えておけばOK)をとっています。

ですので、人気のある海外FXなら無許可でやっているなんてことはまずありません。
あくどい金融業者のように書かれることがありますが、海外とはいえ、ちゃんと営業しているわけです。

ただし、今のように安全な会社として認知される以前は、口座だけ開設させて入金させ、その後音信不通になるようなところが確かにありました。こんな話を聞けば、すべての海外FX会社を怖がるのは当然ですよね。私もはじめての口座開設時はびくびくしていました。

特に初期は、日本語対応の海外FXが少なかったため、ほとんどの手続きを英語でしなくてはならず、これも「もしかして騙されるんじゃないか」という気持ちを呼び起こしたものです。

古い話ですがインターネットが始まった頃は、英語でメールが来るのはたいてい迷惑メールでしたし、このような経験も、知らない間に警戒心に繋がってたのかもしれません。

また、金融業の登録先が国内でないため、日本の金融庁から警告されることがあります。
それにより「悪」と書かれていることもあり、それも不安のタネになっています。

実際使った人の意見でも「レートが我々にとって不利に変えられてしまう」など、私たちを不安にさせるものがあります。原田としては、「月曜の朝に国内FXよりもスプレッドが広がることがあるなあ」と思った程度ですが、心配にはなりますよね。

他にも数えればきりがないほど、悪いことが書かれます。
「出金ができない」「ボーナスをくれるといったのに現金に変えられない」などなど…ほんとうなのでしょうか。

良い話と悪い話、両方チェックしてみましょう。

海外FXが思ったよりも安全な理由

前述した「お金を持って逃げてしまう詐欺海外FX会社」は、実際にありました。
しかも、とても多かった時期があります。それが日本国内のFXのレバレッジ規制がはじまった2011年8月頃です。

日本国内のFXのレバレッジ規制がはじまったことにより、「国内FXのレバレッジが小さくなって大金を稼ぐ夢が消える」と噂が広が広がったのです。この噂を利用して、海外で虚偽の登録を行い架空のFX会社を作って人々をだます詐欺が増えたかたちです。

しかし、2021年現在では、それらの犯罪は淘汰されたのか、普通にインターネットを使っているだけなら、まず見当たらなくなりました。

よく広告を見かけるのは「みんな知ってる会社だ。私も何年使ってもちゃんと出金できる会社だな~」という時代になっています。

ただ、今でもコロナが危険だとニュースが流れれば、マスクを買い占めて転売する人がいるなど、メディアや噂による悪影響はありますので、しっかりと自分で調べてみることは重要です。

私事ですみませんが、原田は気が弱くて出金方法も悪い噂も調べまくってから海外FXの会社を選び、口座開設をします。そのためかトレードと入出金でトラブルになったり、口座を作った会社が消えてしまったりしたことも今のところありません。

会社が消えたといえば、たまに「なんとかショック」といって通貨や株が急落することがありますが、2015年にスイスフランショックがあったときには、国内FXでも経営破綻したところがありました。

その後、他の会社に買い取られたため顧客の資金は大丈夫だったようですが、国内でも海外でも倒産するときはするということですね。

迷っている人は、「大きそうな海外FX会社なら倒産の確率は少ないだろう」と考えて口座開設し、少額からトレードをはじめてみるのも良いと思います。入金が少なくても、海外FXはレバレッジが高いため満足いくトレードができるはずです。

参考サイト

なぜみんな海外FXを使いたくなるのか【海外FX最大の魅力を3つに集約】

海外FXを使ってみたくなる理由は、レバレッジをはじめたくさんありますが、超魅力なのがこの3つです。

  • レバレッジが高く3,000倍のところまである
  • ボーナスが貰える(会社によってルールがあります)
  • ゼロカット(こちらもルールはさまざま)

この3つの魅力を実感できる人気上位4社の海外FX(2021年現在)を簡単に表にしましたので、ぜひ参考にしてみてください。

会社名最大レバレッジボーナスロスカットルール
XM Trading(エックスエム)888倍口座開設だけで取引に使える3,000円・入金ボーナスなど多彩証拠金維持率が20%を下回ると強制決済
Gemforex (ゲムフォレックス)1,000倍口座開設で取引に使える20,000円ボーナス(条件と終了時期に注意)有効証拠金が0になると強制決済(追証なし)
iForex (アイフォレックス)400倍口座開設と入金でボーナスあり有効証拠金が0になると強制決済(追証なし)
TitanFX500倍ボーナスキャンペーンがないかわりに海外FXにしてはスプレッドが狭くスキャルピングもできる証拠金維持率が20%を下回ると強制決済

※「ロスカットルール」の項目は「ゼロカットシステムがあるかどうか?」について書いてあります。口座がゼロにならなくても強制決済するところもありますが、みんなひっくるめて「ゼロカット」と呼ばれているようです。

※こちらはXMのボーナス紹介画面(2021年現在。終了、変更もあるかも)

最新いいこと事情【新しいアイデアで顧客を飽きさせない】

魅力はまだまだあります。
時間が経つにつれサービス内容が精錬されてきて、どんどん使いやすくなってきているのです。

国内FXでは思いつかないようなボーナスキャンペーンやテクニカル分析のアプリなど、
新しいサービスがそれぞれの海外FXで生まれ、どこで口座開設しようか迷うほどになっています。

例をあげてみましょう。

  • 世界中で使われているMT4MT5という取引ツールの画面(プラットフォーム)は使いやすく、カスタマイズもしやすい
  • 独自のプラットフォームを持つところもあり、海外FXではやりにくいとされるスキャルピングがしやすいところも(ナノスプレッド口座のあるAxioryなど)
  • 国内ではめずらしいキャンペーンがある
  • トレードコンテストがある
  • 銘柄が多様で、特にCFD(ゴールドやココアなど)は国内でみつからない銘柄をトレードできる
  • NDD方式(顧客の注文を市場に直接流す方式)は世界と戦う臨場感
  • 新しい海外FXが増えたり、古い海外FXも新しいサービスを増やしたりと、以前よりも楽しく使いやすくなってきている

まだまだありますが、喜んでばかりでなく、ここでデメリットにも目を向けてみましょう。

気を付けること…海外FXのデメリット

もちろん、気を付けることもあります。投資は自己責任です。
デメリットも知って的確な判断で投資活動をしましょう。

  • 予備知識がないとリスクが大きくなる(どんな投資でもそうですがハイレバレッジならではの注意も必要です)
  • スプレッドが広いことが多い
  • 総合課税になるので稼げばサラリーマンは確定申告が必要(とはいえ約300万くらいに増えてから考えればいいです)
  • 日本の金融庁に怒られているのでなんとなく使うのが後ろめたい

また、会社によってトラブルの過去があります。たとえば、以下のようなことがありました。

  • 信託保全がない
  • 日本円で入金できない
  • 入出金トラブル
  • ボーナストラブル

デメリットや会社トラブルをみると、やはり怖いですよね。
海外FXはしたいけれど、どうしてもデメリットが怖い場合は、日本語に対応していて歴史のあるところを選ぶのも手です。XMなどそうですね。詳細な内容や体験談もありますので、気になる方はチェックしてみましょう。

こちらのサイトでは、トラブルについて深く知りたい方にも情報発信しています。

ちなみに、確定申告についてですが、一度やってみればそれほど難しくないですし、
はじめたての頃は、確定申告するほどプラスにならないといますので、初心者は今から心配しなくても大丈夫かと思っています。原田も、初期は下手で確定申告するほど利益を得られませんでした。

なお、これらの不安に対する疑問点は、Q&Aで解決していきましょう。

海外FX超絶初心者Q&A集

このQ&Aは「とにかく不安でしょうがないからざっとしたことが知りたい」という方向けです。

難しい法律用語はできるだけ使わずまとめてあるのでわかりやすく、「とにかく今すぐ知りたいっ!」という気持ちにお応えできる内容になっています。
※詳しい記事へのリンクも貼っていますので、気になる方はご一読ください。

1.そもそも編

Q1-1.「金融庁に怒られて大丈夫なの?」

A1-1.金融庁の警告、気になりますよね。日本在住の人に対して営業活動をしていれば完全にNGなのです。営業活動というのは積極的に口座を作ってくれと勧誘することです。しかし海外FXは営業活動はしていないのです。

Q1-2.「私たちが海外FXの口座を作ると犯罪になる?」

A1-2.投資家に対しての取り締まりはありませんので犯罪にはなりません」(未来に法改正があればわかりませんが、その気配はなさそうです)

Q1-3.「どうしてレバレッジを高くできるの?」

A1-3.金融ライセンスをくれた国のルールは守っている海外FXですが、そこがレバレッジ規制していなければ高くできます

Q1-4.「レバレッジが高いとどうなるの?危険じゃないの?」

A1-4.レバレッジが高いとはどういうことかというと、FX投資を行うときに資金が少なくて済むということです。国内よりも海外FXのほうが少なくて済みます。
少ない資金で大きな取引をすることに不安を感じるかもしれませんが、損切りをちゃんとすれば資金は減りすぎません。そしてゼロカットシステムがあり追証がない海外FXに対して借金ができることはありません

2.トレード編

Q2-1.「ゼロカットシステムってなに?」

A2-1. 一般的にいって良いシステムです。相場の急変などで損失が一気に拡大することがありますが、そういうときでも顧客の口座はゼロ以下にはなりません。

口座のお金がゼロになると自動で強制決済になります。つまり、『お客さん、口座がマイナスだからその分を入金してください!』という制度はなく、顧客の資金が守られるシステムです。ちなみに会社によってゼロ以前に強制決済するところもあります

Q2-2.「海外FXには追証はないの?」

A2-2. 追証(おいしょう)システムはレバレッジをかけた投資で損をすると、証券会社に借金を返さなくてはならなく、膨大な損失を招くものです。しかし海外FXの優良会社では追証システムがそもそもなくて、ゼロカットシステムを採用しています

Q2-3.「スプレッドは狭くできないの?」

A2-3. MT4などのプラットフォームで注文する海外FXが多く、このプラットフォームがそもそもスプレッドが広めなのです。注文を取り扱う方式の違い(NDDだったりします)もあり、簡単にスプレッドを狭くすることができないようです。でも対処はできます。スプレッドが広がりやすい時間帯もあるので、ある程度の知識を持ってからトレードするのがいいです

Q2-4.「スワップってなに?」

A2-4. 通貨はそれぞれ金利がつきます。ふたつの通貨同士の関係をトレードするFXでは金利を支払ったり支払われたりします。売買をしていると金利をもらえたり、こちらが支払ったりするのです

Q2-5.「銘柄にはなにがあるの?」

A2-5. 会社で違いますが、例えばXMではCFDといって世界の金や穀物の取引もできます。日本のソフトバンクの株価をトレードできるところもあるのです。各社の個性を使い分けるためにいくつかの海外FX口座を持つトレーダーが多いです

3.投資資金、利益と税金編

Q3-1.「信託保全ってなんですか?」

A3-1. 自社とは違う信託銀行口座などに顧客のお金を分けておくことです。どんぶり勘定、ポッケ無い無いにしないということです。次に出てくる分割管理と同じようにいわれます。国内だと用語は使い分けますが海外FXはそもそも訳したときにごっちゃになっているみたいで同じ意味に使われるようです

Q3-2.「分割管理ってなんですか?」

A3-2. 分別管理ともいわれます。自社の資産と顧客の資産を分けて管理すること。信託保全と分別管理は国内の証券会社などではそこが破綻しても顧客の資産が守られるとされています。でも、海外FXは分割管理していても管轄される国の法律に従うはずなので、必ず国内と同じように守られるとは限りません。これに対処するにはこまめに利益の出金をすることが有効です。とはいえまずは分割管理すらないところでは口座を作らないほうがいいでしょう

Q3-3.「いくらから口座に入れればいい?」

A3-3. 最低入金金額は100ドルからのところが多いです。XMのように最初から3,000円あって入金なしでトレードをはじめられるところもありますよ。詳しくは各海外FXのページをじっくり読むといいかもです

Q3-4.「利益がいくらまでなら税金は安い?」

A3-4. 2021年現在、330万までなら税金は日本株を取引するのと同じ20%です。(復興特別所得税は無視した場合)しかし海外FXの利益が1,800万円を超えると税金が50%になるので辛いところです。これは税金の出し方が累進課税という方法に変わるからなのです。せっかく海外FXで勝てたのに税金が跳ね上がった人はここを知らなかった可能性があります

Q3-5.「総合課税ってなに?」

A3-5. 海外FXで得た利益でも日本に国籍があるからには、日本の税制に従って税金を納めなくてはなりません。収めるときのルールと、税金のもとになる収入の種類が分かれています。それだと海外FXでの利益は雑所得という種類になります。そして総合課税というルールのもと、累進課税の計算をして収めてくださいねとなるのです。収める手続きは確定申告というもので、サラリーマンでも海外FXの利益が一定額を超えると自分で手続きしなくてはなりません

4.入出金手続き編

Q4-1.「入金は英語でするの?」

A4-1. 人気海外FXのほとんどが優秀な日本語スタッフを揃えています。入出金以外の問い合わせにも対応してくれ、最近はあまり言葉の心配をしなくてもよくなっています

Q4-2.入出金はドルじゃないとダメなの?」

A4-2. ほとんどの海外FXではドル、ユーロ、日本円で入出金ができます。

Q4-3.「出金トラブルって?」

A4-3. 海外FXでがんばって利益を出したのに、口座からお金を引き出せないことがあります。大昔は本当に詐欺ということもありました。しかし今は手続き時の操作ミスや書類の不備などが原因のことが多く、条件を再確認してやり直せば出金できると思って間違いないです

Q4-4.「ボーナストラブルって?」

A4-4. 入金時などにトレードだけで使える証拠金が口座にプラスされることがあります。ボーナスというサービスの一種で、このぶんたくさんのトレードができます。しかしトレードにしか使えず出金はできないボーナスだと知らずに出金しようとしてクレームになることがあります。ルールを最初に知っておけば防げることがほとんどです

Q4-5.「入出金にペイパルは使えますか?」

A4-5. 使えるところが多かったですが、最近はほぼ皆無です。ある時期からスクリル、ネッテラーもほとんど使えなくなりました。スクリルとネッテラーは例外としてTitanFX(タイタンFX)など一部使えるところがあり、諦めるのは早いですけどね

Q4-6.「じゃあ、入出金方法のおすすめは?」

A4-6. 正直、海外で通販をしたりするのにもbitwalletがあると便利です。海外FXも同じです。入出金方法はほかにクレジットカード、銀行送金ができます

Q4-7.「使えないクレジットカードはある?」

A4-7. 国際的ブランドである、VISAかMasterCardのクレジットカードを使えるところが多いです。たまにJCBが使えることがあります。

Q4-8.「ビットコインで入出金できる?」

A4-8. 一部対応しているところがありますが、あまり一般的ではないようです」

以上、最初に誰もが思いつく素朴な疑問をピックアップしてお届けしました。
もっと詳しいことを知りたくなったら、サイト内で詳細記事を探してみてください。
豊富な情報を更新していますので、きっと見つかると思います。

● 当サイトの厳選ランキング! ●

1位XM Trading (エックスエム)評判レビュー公式サイト
2位Gemforex (ゲムフォレックス)評判レビュー公式サイト
3位iForex (アイフォレックス)評判レビュー公式サイト
4位TitanFX (タイタンFX)評判レビュー公式サイト
5位Axiory (アキシオリー)評判レビュー公式サイト
ハイローオーストラリア評判レビュー公式サイト