【ボーナス比較】XM/ゲムフォレックス/アイフォレックスのボーナス活用術とは?

徹底比較

● 当サイトの厳選ランキング! ●

1位XM Trading (エックスエム)評判レビュー公式サイト
2位Gemforex (ゲムフォレックス)評判レビュー公式サイト
3位iForex (アイフォレックス)評判レビュー公式サイト
4位TitanFX (タイタンFX)評判レビュー公式サイト
5位Axiory (アキシオリー)評判レビュー公式サイト
ハイローオーストラリア評判レビュー公式サイト


海外FXの醍醐味といえば!
【500倍や1000倍といった「超ハイレバレッジ」を効かせて一攫千金を狙っていけるところ】
そして、【有効証拠金を続々増やしてくれる「ボーナス」があること】でしょう。

解説を読むポイント
XM Trading
Gemforex
iForex
上記3つの大手海外FXのボーナスの仕組みと、その有効活用方法についてお伝えしていきます。

ぜひ効果的にボーナスを利用してFXの勝率を高めてください。

関連でこちらもどうぞ!

【7業者比較】海外FXのボーナスは非常に豪華!0円スタートも可能

XM Tradingのボーナス

ボーナスの内容

ボーナスが最も充実している海外FXといえば、
ほとんどのトレーダーが「XM」(XM Trading)と答えるはずです。

XMの評判ってどう?8年使い続けてわかったXMのチートとは?

XMボーナスの種類
・新規口座開設「3,000円のボーナス」
・入金ボーナス(zero口座は対象外)「500ドル分までの入金額に対しては100%ボーナス」
 ※それ以降も「4,500ドル分までの入金額に対しては20%ボーナス」と
  5,000ドル分の入金までボーナスが付与されます。
・ロイヤルティープログラム(zero口座は対象外)「取引をするごとにXMPを獲得」
ロイヤルティープログラム
※ステータスごとに獲得できるXMPは異なり、
1Lot(10万通貨)ごとに10~20XMPまで分かれます。
XMPはボーナス変換が可能で、
「XMP÷3」した分のボーナスを受け取ることができます。

XMが日本人トレーダーにとても人気があるのは、
こういったボーナスに期待しているからでしょう。

どうすればボーナスが貰えるのかということばかり知っていても、
ボーナスが消滅するルールについても知っておかないと損をします。
消滅したボーナスはXMに問い合せしても復活することはありません。
ボーナスの重要なルール
・「クレジット」は出金できない
※XMでは実際に入金した金額(取り引きで得た利益も含める)を「残高」、
 ボーナスで得た金額を「クレジット」と表記しています
・残高から出金した割合に応じてクレジットは消滅する
※仮に残高の全額を出金した場合、
 どれだけボーナスが貯まっていてもゼロにリセットされてしまいます
・zero口座にボーナスは移動できない
※XMでは複数のアカウントを開設することができますが、
 スプレッドの狭いzero口座に残高を移動させた場合、ボーナスは移動できず消滅します

それでは、出金することのできないボーナスはどう活用していけばいいのでしょうか?
次はXMのボーナスの具体的な活用方法についてお伝えしていきます。

ボーナスの有効活用

XMのボーナスを有効活用するポイント!!

  1. XMのレバレッジは最大で「888倍」です。
  2. XMのマージンコールは証拠金維持率「50%以下」になった時点で、
    強制ロスカットは証拠金維持率「20%以下」になった場合です。
  3. XMには「ゼロカットシステム」を採用。
    証拠金がマイナスになっても、
    マイナス分はXMが負担してくれるのでリセットされます。
  4. ボーナスは出金できませんが、
    ボーナスを利用して取引した利益は出金できます。

以上の4点が大切なポイントです。

レバレッジ888倍の凄さ
日本だと43万円以上ないとできない取引を、XMではおよそ1万円で取引できてしまいます。
※例えば米ドル/日本円(USD/JPY)の為替レートが108円だったとして、
 1Lot(10万通貨)をわずか12,163円で保有できます。
 これが日本だとレバレッジは25倍に規制されていますので、
 同じポジションを保有するのに432,000円必要です。

日本だと到底無理なギャンブルトレードが、XMでは可能だということです。

ギャンブルトレードでポイントになるのは中途半端な残高で取引しないこと!
買って大金を手にするか、入金分をすべて失うかぐらいの感覚がいいでしょう。
レバレッジ888倍で限界までポジションを保有していれば、
相場が逆に動くとエントリーして数秒でたちまち強制ロスカットです。
ただし、どんなに逆に動いても資金がマイナスにならないという点が重要です。
この仕組みは日本では規制されています。
同じ事をすると借金返済の追証が発生し、
金額によっては資産の差し押さえといった最悪のケースも想定されます。

「ボーナスを大いに利用して最低限の資金で行う」
これができるのが海外FXの魅力のひとつなのです。

Gemforexのボーナス

ボーナスの内容

「Gemforex」はハイレバレッジを競い合う海外FXトレーダーの中でも
ダントツの高さを誇っています。

※条件限定!5000倍という異次元の超々ハイレバレッジを提供

Gemforexボーナスの種類
新規口座開設「20,000円のボーナス」(33万5千口座突破記念)
 ※ノースプレッド口座は対象外
・抽選による入金100%ボーナス ※現在は終了
・残高に応じたEA使い放題サービス
Gemforexボーナスを有効活用したいのであれば、
アカウントは「オールインワン口座」を開設すべき!
オールインワン口座を開設すると入金額に関係なく2万円のボーナスが付与されます。
※ボーナスは他社と同じく出金できません。
ボーナスを利用した取引で得た利益は出金可能です。

※抽選による入金100%ボーナスは、
サポートセンターに問い合せしたところ終了していることが確認できました。

ただ時期を改めて開催される可能性はあります。
「100万円の入金で100万円のボーナスが付与される」ので、
ぜひ利用したいサービスではあります。

・残高の一部でも出金した場合、ボーナスは消滅します。
・1年経過すると、このボーナスは消滅します。

 なるべく速く利用してしまうことをお勧めします。
・ボーナスを利用した他社との「アービトラージ」「両建て」は違反トレードになり、
 ボーナスは消滅します。
あくまでも有効証拠金を増やすという使い方になります。

残高に応じたEA使い放題サービスはGemforexで特筆すべきボーナスです。
残高が多ければ多いほど複数のEAを無料でダウンロードできます。

残高によるステータスは、

  • 5万円以上10万円未満でビギナーズ、無料ダウンロードは月1つまで。
  • 10万円以上20万円未満でアドバンス、無料ダウンロードは月3つまで。
  • 20万円以上30万円未満でプロフェッショナル、無料ダウンロードは月5つまで。
  • 30万円以上の残高があれば無制限でダウンロード可能。

このようにGemforexを利用する際は、
取引量によるボーナスを狙うのではなく、残高に注目していくべきでしょう。

ボーナスの有効活用

Gemforexのボーナスを有効活用するポイント!!

  1. 負けてもボーナスの2万円がなくなるだけで損はなし!
    強いトレンドが発生している中でのエントリーなら、
    1円の変動で10万円の利益です。
  2. 残高によるEAの使い放題が魅力的!
    理想は、残高を10万円くらいにして
    毎月無料で3つのEAをダウンロードできる状態にしておきたいですね。
  3. GemforexではEAをどう活用していくのかに注目!
    トレードスタイルで絞り込んだり、成績ランキング順に表示が可能。
  4. ※オールインワン口座で取引していくというのが前提になります。
    オールインワン口座であればEAを利用したシステムトレードに
    対応しているからです。
    1Lotで試しに取引
    新規口座開設の2万円ボーナスは、
    Gemforexに慣れるためと考えて気楽に活用しましょう。

    ※例えば1000倍のレバレッジということは、
    米ドル/日本円(USD/JPY)の為替レートが108円だとして、
    1Lot(10万通貨)を保有するのに10,800円です。
    日本のFX業者であれば432,000円の資金が必要です。

    Gemforexの取引は、レバレッジを極力低く抑え、
    リスクマネジメントしながらシステムトレードをしていくのがいいでしょう。
    やや堅実に中期・長期の取引を考えて値幅やポジション量などを設定してください。

    iForexのボーナス

    ボーナスの内容

    20年以上の取引実績を誇る老舗のFX業者が「iFOREX」です。
    これだけの長い期間トレーダーに利用され続けていることが
    iFOREXの信用度の高さを物語っています。

    iFOREX(アイフォレックス)の評判ってどう?【体験談】14メリットと10デメリット

    iFOREXボーナスの種類
    ・初回入金に限り1,000ドルまで100%のウェルカムボーナス
     さらに5,000ドルまでも25%のウェルカムボーナスが適用され、
     最大2,000ドルのトレーディングチケットが貰えます。
    3%の固定利息ボーナス
     1,000ドル~150,000ドルの口座資金に対して、
     3%の固定利息が毎月現金で支払われます。
    ・ペンディングボーナス
     入金額が最大ボーナス枠となる取引量に応じたペンディングボーナス
     (現金のキャッシュバック)があります。

    iFOREXは独自のボーナスの仕組みを提供しており、内容はかなり充実しています。

    最大レバレッジは400倍と、これまでご紹介してきた2社と比較すると低くなります。
    しかし、それでも国内FXの最大25倍とは比べものにならない高さです。

    注目すべきは取引量ではなく口座資金に対してのボーナスがあるという点です。
    しかもポイントは出金できないボーナスではなく、
    現金で受け取ることができるため出金も可能です。
    制限が少ないのがiFOREXボーナスの特徴といえます。
    初回入金ボーナスで受け取ったトレーディングチケットは、
    出金できないのであくまでも有効証拠金を増やすことに利用します。
    出金して残高が減るとトレーディングチケットも減ったり消滅します。
    2,000ドル分のトレーディングチケットを無駄にせず、
    最大限利用していきたいところです。

    入金後、7週間取引がない場合トレーディングチケットは失効となってしまいますので注意してください。

    固定利息ボーナスは毎日分付与され、毎月5日に一ヶ月分が自動入金されます。
    30日間取引がない場合、
    無効になってしまうと明記されています。
    しかし、ポジションを1Lotでも保有していれば問題ありません。

    逆に取引量に応じたペンディングボーナスは、入金後90日以内となっています。
    入金して90日が経過するとボーナスの枠がゼロになってしまいます。
    この場合は再度入金する必要があります。

    ボーナスの有効活用

    iFOREXのボーナスを有効活用するポイント!!

    1. 初回入金に対するウェルカムボーナスを利用したギャンブルトレード!
    2. 固定利息を狙った長期戦略
    3. 気軽に挑戦できない
      実効レバレッジを抑えて、低いレバレッジで地道に裁量トレードをしていくということも検討する必要があります。
      1,000ドルの入金で2倍の有効証拠金になります。
      なので、2,000ドルで400倍のレバレッジを効かせてハイリターンを狙う方法です。
      もちろんiFOREXもゼロカットシステムを採用しているので、
      最大限の損失は入金額の1,000ドルです。

      もうひとつの有効活用である「固定利息」
      10万円の資金があれば毎月3千円の利息が受け取れます。
      また、取引しない分リスクを最小限に抑えることもできます。

      定期預金並みに預けることに徹底しましょう!
      中途半端に取引して含み損が発生すると、
      口座資金が少なくなり受け取れる固定利息も減ってしまいます。

      ポジションを保有していないといけないので、
      スワップポイントが期待できる通貨ペアを保有しておけば、
      どちらのインカムゲインも期待できるのでお得です。
      あまり動かずに稼ぎたいというトレーダーには最適なFX業者です。

      まとめ

      ボーナス内容は三者三様
      自分のトレードスタイルにマッチしたサービスを利用していくのがおすすめ!

      今回の三社については信頼度も高く、
      日本人トレーダーに人気のあるFX業者です。
      ぜひ積極的にボーナスを活用して効果的にFXで稼いでください。

      うまくはまれば国内FXでは想定できないハイリターンを狙っていくことも可能です。
      国内FXにはゼロカットシステムがないのでギャンブルトレードがしにくい環境にあります。
      海外FXをするのであれば一度はチャレンジしてみたいですね。

      ● 当サイトの厳選ランキング! ●

      1位XM Trading (エックスエム)評判レビュー公式サイト
      2位Gemforex (ゲムフォレックス)評判レビュー公式サイト
      3位iForex (アイフォレックス)評判レビュー公式サイト
      4位TitanFX (タイタンFX)評判レビュー公式サイト
      5位Axiory (アキシオリー)評判レビュー公式サイト
      ハイローオーストラリア評判レビュー公式サイト