アービトラージがわからない?わかるようにします!禁止業者とできる業者

ツール

● 当サイトの厳選ランキング! ●

1位XM Trading (エックスエム)評判レビュー公式サイト
2位Gemforex (ゲムフォレックス)評判レビュー公式サイト
3位iForex (アイフォレックス)評判レビュー公式サイト
4位TitanFX (タイタンFX)評判レビュー公式サイト
5位Axiory (アキシオリー)評判レビュー公式サイト
ハイローオーストラリア評判レビュー公式サイト


「アービトラージという誰でも儲かる方法があるらしいけれど、いくら調べても方法がわからない」と悩んだことがないでしょうか。

それにアービトラージは国内業者でも海外業者でも禁止されているとよく聞きます。

でも、アービトラージの一部を許している海外業者もありますし、うまくできればとても低いリスクで利益をあげることができます。

ファイナンシャルプランナーの資格を持っている原田がわかるまで解説しましょう!

アービトラージとは【転売ヤー】と同じ?!

いきなりひどいたとえですみません。

アービトラージを検索すると「市場の歪み(ゆがみ)を取ること」みたいに書いてあります。

そして市場によって価格が違うとか解説してありますがやり方がわかりませんよね。

アービトラージをめちゃくちゃざっくりいうと、

「同じものをいっぽうでは安く売っていて、他方では高く売れるので、安く買ってきて高いほうで売って儲けよう」

という商行為(または金融取引)です。

つまり【転売ヤー】と同じ行動をとるわけですね。

ただし転売ヤーのように世間から嫌われることはなく、れっきとした投資テクニックのうちのひとつなのです。

次に「やっていることはなんとなくわかるんだけど、それではFXでどうやるの?通貨ペアのアービトラージなんてよくわからない」
という疑問が出てきます。

為替ペアのアービトラージのしくみ【基本】

「モノなら確かに転売ヤーのようにすれば儲かるけど、為替でどうやるの?」と思ってしまいます。

持って運んで売りに行ったりメルカリに出すわけにはいかないですよね。

しくみは以下のようです。

手数料などの諸費用は無視して説明します。

要するに、たまたま一時的に双方の価格が離れてしまった瞬間(価格の歪み)を捉えるわけです。

  1. 上の図のように、違う売り場(違う業者)で狙った銘柄の価格が開いたときに売買します。
  2. 同じものなのに一方は50円で買えました。
  3. そしてもう一方は100円で売りができました。
  4. 元々同じ価値のはずなので、いつか価格が収斂(しゅうれん)していきます。
  5. 紆余曲折があったけれど、あるとき双方80円になりました。
  6. ここで、買いのポジションは売って利確。30円儲かりました。
  7. 売りのポジションは買い戻して利確。20円儲かりました。
  8. そうすればどちらも利益が残ります。

もともと価値が同じという前提があるからできる戦略です。

これは、最初に価格が離れたときに「ほんとうはその中間の価値のはずだけどな」と思えないとできません。

その憶測が外れて価格が80円にならないまま50円以下になり、どんどん下がったりすれば損失になります。

理想は上の例なわけですが、実際にするのは自動で価格をサーチして注文して、というプログラムが必要で目視では面倒だし難しいです。

でも大きな範囲で見ると利益の可能性はあるので、海外FXでよくいわれるものをみていきましょう。

よくいわれる海外FXでのアービトラージ4種(+参考)

ネット上でいわれている海外FXのアービトラージですが、人によって分け方が微妙に違っていたりして混乱します。

「それでわざわざアービトラージと言わなくても、単なる両建てでいいんじゃないの?」と思えるものまでアービトラージと呼ばれています。

が、まあ気にせずいきましょう。

ここでは、さまざまなテクニックのうち、大きい分け方だけ簡単にご紹介して先にすすみます。

勝つのが私たちの目的ですからね。

レイテンシーアービトラージ

• 仕組みと方法

これが【転売ヤー】と同じ理屈でアービトラージの基本です。

同じ銘柄かもしくは値動きが相関する銘柄どうしで行います。

上に書いた『通貨ペアのアービトラージのしくみ【基本】』の例と同じですね。

全く同じ銘柄でも、業者によってレートが違っていたりします。

そこである業者で安く買って、高く売ることのできる業者で売ればプラスになりそうです。

FXの場合はこういうチャンスを人の目で見つけるのは大変なので自動売買をするプログラムを使うとされます。

• ほんとうに儲かるの?

プログラムを組める人がうまく組んだとしても、かかった労力に見合う利益がないとやっていられませんね。

また、MT4やMT5を使って行うと業者どうしで情報を共有しているのでわかってしまうようです。

そしてほとんどの業者はこの方法を禁止しています。

そしてプログラムを組めない人は、誰かから買うことになりますがほとんど高額ですし詐欺も横行しやすい分野です。

苦労のわりにリスクがあって儲からないと思っていいでしょう。

トライアングルアービトラージ

• 仕組みと方法

これは次に書くスワップアービトラージの応用編といったところでしょうか。

トライアングルアービトラージとは、3種の通貨の全部の組み合わせのペアで両建てしてスワップポイントを貰う方法です。

有名なのがドル、ユーロ、円の組み合わせです。

通貨ペアは3通りできるのでそれぞれ売りと買いのポジションを持てるようにします。

例をあげてみましょう。

通貨ペアポジションスワップの例
USDJPY買い12
EURUSD買い-39
EURJPY売り33
ぜんぶ合わせたスワップポイント6

そうするとUSD、JPY、EURすべてで売り買いポジションを持つことになります。

どの通貨が上がろうが下がろうが、損益は一定で大損がありません。

そしてスワップを貰い続けることができるというわけです。

組み合わせで気を付けることは、スワップポイントがプラスになるような3通貨を選ぶことです。

上の例だと、EURUSDの買いスワップは2021年6月の今はマイナスになります。

それよりもUSDJPYの買いスワップとEURJPYの売りスワップを合わせたものが大きくならないと利益になっていきません。

通貨レートの上下を気にしなくてもいいとはいえ、相場の大変動などに備えてそれなりの口座資金を用意し「残高がギリギリ」ということのないようにしたほうが良いです。

• ほんとうに儲かるの?

業者個別のスワップも違いますし、海外FXのスワップと国内とではプラスマイナスが逆になることもありますので慎重に組み合わせを選んで定期的に見直しをする必要があります。

また、市場の休日の前などにスワップがまとめて支払われる(マイナススワップは引かれる)ことがあるので、
1か月単位くらいでちゃんとプラスになるのかどうか計算してみないと知らない間にマイナスになってしまいます。

もちろん、政策金利の変動があっても見直しを迫られます。

面倒ですが、それをクリアできれば、なんとかプラスになりそうです。

海外FXのなかでは特に禁止していないところもあります。

スワップアービトラージ

• 仕組みと方法

上で書いたトライアングルアービトラージと仕組みは同じです。

使うのはひとつの通貨ペアですが、売り買いの両方のポジションを持ちます。

こういうのを「両建て」といいます。

両建てをすると上がっても下がっても口座は痛まないということになります。

そして、そのままプラスのスワップだけ貰い続けるということです。

• ほんとうに儲かるの?

ここで不思議なのはスワップもプラスとマイナスがあるから、儲からないのではないかということです。

そのとおりなのですが、これをやる場合は売りも買いもプラススワップが貰えるような業者を選べば成功します。

海外FXのなかにはそういうところがあって、
たとえばゲムフォレックスのUSDJPYのスワップは売りも買いもプラススワップになることがあります。

海外FXの情報サイトによっては、ゲムフォレックスは「両建てアービトラージが禁止」と書いてあることもありますが、今チャットで聞いたら条件ありですがOKだそうです。

詳しくは下の「できる業者一覧」に書いておきますね。

スワップが変動するとダメなので、この方法も定期的に最新のスワップポイントをチェックしながら続けることになります。

※ゲムフォレックスの評価
『GemForex(ゲムフォレックス)レバレッジ5000倍の評判ってどう?あの人気ボーナスは釣りなのか?』

ボーナスアービトラージ

• 仕組みと方法

海外FXでは、ほとんどの業者が口座開設などのご褒美にボーナスをくれます。

このボーナスは口座に証拠金として入れてくれて、それでトレードができるというものです。

そのボーナスでどうやるのか?

わかりませんよね。

これもアービトラージというよりも「セコイ裏技」という雰囲気ですが、解説します。

ゼロカットシステムとボーナスのある海外FXの口座を2社持って行います。

その2社でそれぞれボーナスを使って全力両建てしていれば、そのうちにどちらかがゼロカットになりますが、その頃には反対のポジションを持っていた口座は残高がドカンと増えているはずです。

ボーナスぶんは出金できないので、増えた分だけ出金して終了です。

ポンドなどの値動きの荒い通貨を選び、口座に入れられるだけ資金を入れればすごく儲かりそうです。

• ほんとうに儲かるの?

業者間アービトラージはすべての業者で禁止されています。

それに業者間で情報を共有することもあるそうなので、こっそりもできません。

ボーナスとゼロカットシステムをそろえていて日本語対応の海外FX業者は限られているので、ネットで広まった頃にはもう対策されているとみて間違いありません。

儲かるまえに口座凍結になるでしょう。

それに、普通の道徳感覚からしても、「卑怯なんじゃないの?」と思えてやる気になりませんよね。

参考情報【仮想通貨アービトラージ】

ビットコインなどの仮想通貨(暗号資産)がポピュラーになると、これのアービトラージが話題になりました。

仮想通貨は特に値が荒れやすく、業者どうしに送りやすいので流行しています。

違法でもなく、業者が強烈に損をすることもないようなので、業者も特に禁止していないところが多いです。

やりかたは完全に【転売ヤー】で、C社のほうが安いと気がついたらそこで買い、レートの高いD社の自分の口座に送ってそこで売ります。

できないことはないですが、仮想通貨の売買手数料と口座に送るときの手数料よりも儲からないといけないので、大きな金額でやらないと割に合いません。

それならばレバレッジをかければいいでしょうが、2021年には仮想通貨FXのレバレッジが下げられてしまったのでそれも希望がありません。

しかし本気を出してがんばればできますし、海外FX業者も仮想通貨を扱うところがほとんどですので知っておいていいテクニックではあります。

禁止されているかどうかは、下のほうに書きます。

両建てとアービトラージとはどう違う?

FXの手法は、次々と新たに名前がついて種類が多そうに見えますが、「基本はこんなことをしている」とわかっていればいいのです。

わかりにくいのが両建てとの関係で、両建てのことをアービトラージと呼んだり「両建てアービトラージ」という呼び方があったりします。

結局はみんなが使っている言い方を使えばいいのですが、それぞれの意味だけ知っておきたいと思います。

いちおうここで、両建てとアービトラージの違いを確認しておきましょう。

普通の意味具体的なテクニックやる理由
両建て同じ銘柄の売りと買いの両方のポジションを持つ。通貨ペアやゴールド、株などで同じ約定価格で売りと買いを同時にする。リスクヘッジのためにすることが多い。
うまくいけば通貨ペアのスワップポイントがプラスになったままになる。
日本株だと優待をタダで取るためにすることも。
アービトラージ同じ価値を持つものを片方では安く買い、もう一包では高く売ること。違う市場をコツコツ調べて、同じものなのに安い市場と高い市場を探す。
現物を安く買い、先物を高く売るということも。
多くは細かく差額を稼いでいくため。「裁定取引」「鞘取り」などと呼ばれることも。

※ほんとうはこういう意味なんですよね。ちゃんとしたサイトでの説明も読んでみましょう。「サヤ取り」はアービトラージと同じです。

サヤ取りの意味(三井住友DSアセットマネジメント)
https://www.smd-am.co.jp/glossary/YST0649/

アービトラージのメリットデメリット

アービトラージは面白そうで楽に利益が出せそうですが、なにもかも成功するわけではないので、メリットとデメリットを確認しておきましょう。

アービトラージのメリット

  • しくみさえ理解すれば、あらゆる市場でチャンスを探せそう。
  • 禁止されていない業者でコツコツと行えば低いリスクで利益を重ねることができる。
  • ハマると楽しい。

アービトラージのデメリット

  • しくみがややこしく理解して実践するまでに時間がかかる。
  • 高速取引の現代では、どの銘柄も価格の歪みは短時間で収斂してしまう。
  • 短時間で成功させなくてはならないので、こちらも自動売買プログラムが必要になる。
  • 自動売買プログラムを高額で売り付けられるなどの危険がある。
  • アービトラージの種類によっては許されるものと禁止なものがある。
  • 禁止しているところでやると口座凍結になります。

世界のアービトラージ

ここでは為替だけでなく、さまざまな市場でのアービトラージをいくつか紹介します。

参考程度にみてください。

商品のアービトラージ

古くからプロがやっている方法。

やりかたは為替や仮想通貨と同じです。

原油などは各国で取引されているのでいちはやく情報をゲットしてアービトラージできる商社が有利なようです。

日本の金融商品を使ったアービトラージ

TOPIX先物とETFのアービトラージは、証券会社でも紹介されている方法で合法です。

下がりそうな業種のETFを売ってTOPIX先物を買うというようにするのです。

これも日本株がどんどん上がるという確信(逆ならどんどん下がるという確信)がなければできないので、よく試算してからやらないと損失になります。

TOPIX先物とETFを使ったアービトラージ
https://kabu.com/kabustation/manual/basket_example03.html

【結論】実際問題、できるのってどれ?

いろんなテクニックを見てきましたが、特に初心者が手はじめにしてみたい場合、トライアングルアービトラージかスワップアービトラージが良いと思います。

海外業者でも同じ口座内での両建てはできるところが多いので、にらまれたり口座凍結を恐れたりするデメリットが減ります。

しくみもわかりやすいですしね。

プログラムができる人ならレイテンシーアービトラージをすると良いのでしょうが、海外だけでなく国内でも業者間アービトラージはまず禁止と思って間違いないです。

たまにできるところがあってもどこにも金融業者の届け出をしていなかったりして別の意味で危険になったりします。

アービトラージのテクニック別できる業者、禁止されている業者

次にアービトラージや両建てができる業者を分けておきます。

レイテンシーアービトラージ

業者間アービトラージと同じ意味です。

これはほとんどの海外業者で禁止です。

内緒にしてもわかってしまうようです。

トライアングルアービトラージ(3通貨の両建てのこと)

同じ口座内ならまず禁止ではないです。

ひとつの海外業者でもいくつか口座を持てることがありますが、そういう口座同士でするのではなく同じ口座内でならできるところがほとんどです。

GemForex(ゲムフォレックス)、XMなどではいくつも別性質の口座を持つことができますが、知らずに別口座同士のアービトラージにならないように気を付ければ問題ありません。

スワップアービトラージ(両建てしてスワップをもらうこと)

どの業者でも口座開設のときか、個人設定で「両建てあり」などにすれば両建てそのものはできるので、特に禁止はされていないとみていいでしょう。

特にGemForex(ゲムフォレックス)ではドル/円など一部の通貨ペアで売りも買いもスワップポイントがプラスになるのでやっている人が多いです。

ボーナスアービトラージ(ボーナスをもらった両建て)

すべての業者で禁止です。

規約に「業者間のアービトラージは禁止」と書いてあれば「ボーナスアービトラージは禁止」と書いていなくても禁止です。

仮想通貨アービトラージ

これはまず禁止されていないと思っていいです。

銀行に法定通貨(円など)を移すのと同じで「こっちで買ったけどあっちに移すね」ということなので、悪質というわけでもなさそうですよね。

ByBitさんにチャットで問い合わせたところ、アービトラージに関して特に禁止事項はないそうです。

規約も確認しました。

余談ですが、ByBitさんのチャット担当の方は日本語対応やマナーが素晴らしく平日の午前中でもすぐ繋がりました。
(状況によって違うとは思いますが)

『Bybit(バイビット)に元BitMEXユーザーが流れ込んできた理由はメリットの多さ!』

『【仮想通貨(暗号資産)の基本】を理解してスムーズにBybitをはじめよう』

※以上、大丈夫そうな海外業者さんを書きましたが、その国の法律や状況が変わるなどで変更の可能性があります。
また、大丈夫だからといって予想を超えた方法で荒稼ぎをするなど目に余る場合はさすがに口座凍結の恐れは出てくるでしょう。

海外FXおすすめランキング
https://thekaigaifx.com/

まとめと注意点

禁止されているかどうかは、海外FXを使うときにはとても気になります。

怒られそうな雰囲気ならやめておこうというのが無難だと思います。

世の中にはアービトラージをしているところがたくさんあります。

「人件費の安いベトナムで作って日本でモノを売ろう」というのも人件費のアービトラージといえるかもしれません。

この記事をヒントに新しいアービトラージ戦略もぜひみつけてみてくださいね!

● 当サイトの厳選ランキング! ●

1位XM Trading (エックスエム)評判レビュー公式サイト
2位Gemforex (ゲムフォレックス)評判レビュー公式サイト
3位iForex (アイフォレックス)評判レビュー公式サイト
4位TitanFX (タイタンFX)評判レビュー公式サイト
5位Axiory (アキシオリー)評判レビュー公式サイト
ハイローオーストラリア評判レビュー公式サイト