【スワップフリー口座 徹底解説】効果的な使い方とは?

取引方法

● 当サイトの厳選ランキング! ●

1位XM Trading (エックスエム)評判レビュー公式サイト
2位TitanFX (タイタンFX)評判レビュー公式サイト
3位BigBoss (ビッグボス)評判レビュー公式サイト
4位iForex (アイフォレックス)評判レビュー公式サイト
5位Exness (エクスネス)評判レビュー公式サイト
ハイローオーストラリア評判レビュー公式サイト

海外FXに口座開設をしようと手続きをしていると
「イスラム口座を開設しますか?」
ときかれることがあり、不思議だった方もいるのではないでしょうか。

この「イスラム口座」と「スワップフリー口座」はほぼ同じ意味ですが、
細かく分けると違ってきます。
イスラム圏の方だけが作れるものと、そうでないものがあって、
日本のトレーダーは「スワップフリー口座」を使うことができます。

今回の解説ポイント
● スワップフリー口座とは
● スワップフリー口座のメリット・デメリット
● スワップフリー口座の使い方テクニック
● スワップフリー口座を作れる海外FX業者
● スワップフリーできる銘柄・できない銘柄

スワップフリーとは

スワップフリーの意味は単純です。

スワップが発生しないことをいいます

次の章でスワップフリー口座について解説します。

【用語】
スワップ:FXでポジションを日またぎすると発生する利息で、トレーダー側からみてプラスとマイナスがある。プラスはトレーダーの口座に支払われるので得だがマイナスは差し引かれてしまう。どちらになるかは市況と銘柄種類による

スワップフリー口座の意味

利息であるスワップが一切付与されない口座のことです。
金融取引において利息を付けることを禁止しているイスラム圏の方々のために用意された口座で、エクスネスなどの海外FX業者にあります。

補足すると、非イスラム圏の人々にもスワップフリーでトレードできる口座として
「非イスラム諸国向けのスワップフリー口座」が用意されています。
日本のトレーダーはこちらを使うことができます。

※スワップはこんな使い方をしています
【明日から毎日もらえる!?】海外FXでスワップポイントをもらう方法

スワップのしくみ

FXでは一日を過ぎると利息の清算が行われ、利息であるスワップが付与されます。
よく経済ニュースなどで「値洗い」といわれるものです。

通貨ペアによって、または情勢によって自分の口座にプラスのスワップが支払われるのか、
それとも口座からマイナスされるのかは変わります。

そのスワップを期待して高金利通貨と低金利通貨の通貨ペアでトレードすることは
「キャリートレード」と呼ばれて人気です。
キャリートレードでは、毎日スワップを受け取ることができ、
価格差だけでなく利息での利益が加算されるのです。

では、得をしそうなスワップが一切ない「スワップフリー」契約でのトレードには意味があるのでしょうか?

ふたつのおおきな特色から意味をみてみましょう。

スワップフリー口座の2つの特色

本来の意味のイスラム口座はイスラム圏の方のためにありますが、
日本のトレーダーにとっても得をすることがあります。
整理しましょう。

  1. イスラム圏の方々がFXを楽しめる
  2. 非イスラム圏の日本向けの口座もある。
    これなら日本のトレーダーも使えて、プラススワップだけでなくマイナススワップも発生しないため、トレードしたい銘柄を自由に選べる

日本のトレーダーにとって、
マイナススワップを気にしなくてもトレードできるなら超嬉しい口座タイプ
ということになります。

ただし日本のトレーダーが使えるのは「非イスラム諸国向けのスワップフリー口座」です。
エクスネスでは「スワップフリー取引口座」となっていますが同じ意味です。

次からは非イスラム圏である日本のトレーダー向けの口座についての解説となります。

スワップフリー口座(非イスラム諸国向けスワップフリー口座)のメリット

こからはスワップフリーによって、どのようなメリットがあるかを解説していきます。

スワップのことを考えなくていい

トレードは細かい計算や予想、メンタル管理とすべての要素を揃えてがっつりと立ち向かうものです。
しかしできるだけ無駄な手順ははぶきたいというのもトレーダーの本音です。
時間や手間を断捨離することも時には大切になってきます。

スワップフリー口座はスワップ計算を一切しなくてすみ、差益だけを純粋に狙うピンポイントのトレードができます

ポジションの持ちっぱなしができる

ポジションの持ちっぱなしとは、別の言い方をすると長期保有のことです。
ファンダメンタル理由でポジションを持つ場合、何か月も何年も持ち続けたいときがあります。

たとえばアメリカがずっと何年も景気も良くて利上げを続けているようなときには、
ドル/円のロングを持ちっぱなしにしたいと思うでしょう。
しかし、ロングでもマイナススワップになることがあり、
それを毎日観察して口座全体が損失に傾かないように気を付けなくてはなりません。
せっかくドルが上がり続けるだろうと長期で持ちたいのに、
マイナススワップになって損をしては残念すぎます。

スワップフリー口座を使ってポジションの持ちっぱなしをすれば、そんな心配はなくなります。
長期保有コストがゼロになるのはすごいことなのです。

※スイングトレードはトレンドを確認してラインを引くとやりやすい
トレンドラインの【始めと終わり】はどこ?ラインの消滅条件と高値安値での引き方

スイングトレードに向いている

なんとなく苦手と自分でも気づいているのに、仕方なく海外FX口座でスキャルピングを続けている人はいませんか?

なぜそうなるのかというと、
海外FXではマイナススワップの計算が面倒でしかも大きくなりがちなのです。
国内業者ではプラススワップだから安心してポジションを持ったら、
マイナススワップになっている通貨ペアもありますね。
そこで何日もポジションを持ち続けるスイングトレードをしたいけど、
スワップが不安になってしまうのです。
結局その日のうちにポジションを閉じて、
スワップ計算とは無縁のスキャルピングやデイトレードを選ぶ羽目になってしまうというわけです。

日をまたぐというのは、24時間を過ぎるという意味ですが、
メジャー通貨では市場での24時間の節目はニューヨーク時間です。
ニューヨーク時間の日をまたぐ時間は日本では午前6時とか7時です。
これが実質、FXの一日の終わりの時間となっています。
しかも夏時間と冬時間があります。

で、前日のその時間以降にトレードをスタートし、翌日の同じ時間前までにポジションを閉じればスワップは発生しません。

でも、市場は気まぐれです。
数日間上がり続けるところをロングしつつ、価格調整の下げがあればいったんショートする
といったスイングトレードが適切な相場もあります。
ロングかショートのどちらかがマイナススワップになれば、
悔しい気持ちを押さえていったんポジションを解消することもあります。
マイナススワップが毎日積み重なっていくのを防ぐためです。

しかしスワップフリー口座なら、こうしなくて済むのです。

スワップフリー口座のデメリット

スワップフリー口座なんて初めて聞いたという人もいるかもしれません。
あまり知られていないこともあり、意外なデメリットを持っています。

プラススワップ銘柄の場合の機会損失

キャリートレードという言葉があるように、
プラススワップを毎日受け取る利益はうまくすればとても大きくなります。
それができるポジションを持つなら、スワップフリー口座をわざわざ使わなくても良いのです。
(ただし市況変化によってマイナススワップに突然変わることがあるので日々、チェックする必要があります)

プラススワップ銘柄かどうかは確認してからスワップフリー口座を使わないと、
思わぬ機会損失になってしまいます。

スプレッドが広がる可能性がある

業者からすればスワップも利益のうちです。
この事情はトレーダーと同じで、業者にとってのプラススワップがなくなるので
そのぶんどこかで稼ごうとするとことも出てくるわけです。
そういった業者では、スプレッドを広くして利益を確保しようとする場合もあります。

このような理由でスワップフリー口座ではスプレッドが他と比べて広くなりがちです。

ただし、スワップフリーであってもスプレッドを広げないとしている業者もあります。
またはわかりやすく手数料を設定しているところもあります。
今回取り上げる業者を見たら、特に大きな変化はないようでした。
XMの極のようにスプレッドの狭さで押しているところもあるほどです。

どちらにしてもはっきりとその旨書いてあるところなら、
何も書いていないよりも信頼できるとみていいでしょう。

ボーナスは期待できない

XMの【KIWAMI極口座】のように
口座開設ボーナスがもらえないルールにしている業者がほとんどです。

反面、HFMのように入金ボーナスとスワップフリー口座を併用できるところもあるので、
それぞれの使い方で決める必要があります。

※未入金ボーナスとは、口座開設ボーナスのことです!
【自己資金0で海外FX!】未入金ボーナス採用業者2社比較

なぜか詐欺に使われるスワップフリー口座

トレーダーにそれほど認知されていない時期に多発したのが
「スワップフリーを目玉にする詐欺業者」です。
信頼できる取り扱い業者が少なかった時期には、
すぐにでもスワップフリーで取引をしたいと飛びついた人もいたようです。

どのような業者かというと、まずは名前を聞いたことのないような、はじめてみるところであり、スワップフリーとかイスラム口座とかを全面に押し出しています。
そして口座を使った後で出金拒否をしたり、ゼロカット対応ではないとして追証を求めたりします。

レバレッジが高い海外FXで、ないと思っていた追証を求められては困ります。

このような業者は、見た目もわかりやすく会社概要などを調べてもライセンスがなかったりして判別はしやすいものです。
公式サイトも適当にしか日本語対応がなく、見るからに怪しいのでわかるとは思いますが、気を付けておきましょう。

※詐欺のパターンは決まっている!
【確定方法あり!】海外FXを名乗る詐欺の手口と対策

規約違反の両建てに注意【禁止事項にひっかかるかも】

海外FX業者のほとんどは、別口座間と別業者間の両建てを禁止しています。

トレーダーに有利になりすぎるからなのですが、
スワップフリー口座だとマイナススワップはなくなるので、
組み合わせると一層有利に両建てできてしまうのです。
プラススワップのある口座でロングポジションを持ち、
スワップフリー口座で同じ銘柄のショートポジションを持てば、
価格変動のリスクを回避しつつプラススワップをもらい続けることができてしまいます。

これは業者にとって不利すぎるので、一般的には禁止されているわけです。
そのかわり、ひとつの口座内では両建てを許している業者がほとんどです。

口座が別かどうかが少しわかりにくいですね。

海外FX業者では、同じFXアカウントの中でいくつものタイプの違う口座を持つことができます。

たとえば1000通貨のポジションを持てる口座タイプはマイクロ口座といい、
1万通貨以上でないとポジションを持てない口座タイプはスタンダード口座といったりします。

海外FXの【追加口座】ってなに?もう一度本人確認するの?

上に書いたのはXMの例ですが、両建てに話を戻すと
「マイクロ口座とスタンダード口座の間での両建ては禁止」ということを言っているのです。
もちろんXMではほかの種類の口座タイプもありますから、
それらの口座すべてにおいて別口座での両建ては禁止です。
利用規約違反、つまり禁止事項なところがほとんどなので、
口座凍結などのペナルティの可能性がありますのでやめておきましょう。

※禁止されているトレードはこんなにあります
【出金トラブル?】海外FXで勘違いしやすい違反トレードと回避方法とは?
アービトラージがわからない?わかるようにします!禁止業者とできる業者

スワップフリー口座の開設が可能な海外FX業者

スワップフリー口座を提供している海外FXで人気なのはダントツでXMですが、
エクスネスやFBSも有名です。

選ぶ際のポイントは、スプレッドが上乗せされているかどうかと、手数料です。
この2つがトレードの収益に直接つながってきます。

とはいえこれらの3社はスプレッドも大きな変化がなく、
スタートの手軽さで選んでも特に問題ないようです。
手数料もゼロのところがあります。

もし、スプレッドのことを考えるのも口座を作るのも手間をかけたくないという理由なら、
アカウント作成の後でも会員ページから簡単にスタートできるXMのKIWAMI極口座がいいでしょう。

反対に、手間をかけてゲーム性を楽しみたいなら
エクスネスでじっくりとトレードを積み重ねるというスタイルもありです。

残念ながら日本語サポートがいまひとつで、
ワンクリックで口座切り替えもできずメールでの問い合わせが必要なFBSが最終候補となります。

スワップフリー口座のある業者比較

最初に簡単な比較一覧で気になる業者をチェックしましょう。
それなりの大手でスワップフリーの表示もはっきりしているのは以下の4社です。

業者名スワップフリー口座名スプレッド 手数料開設方法
XMKIWAMI極口座XMのほかの口座タイプより狭いなしKIWAMI極口座を作れば自動的にスワップフリー
Exness(エクスネス)プロ
ロースプレッド
ゼロ
スタンダードセント
スタンダード
基本的に他の口座と同じ手数料のある口座からの切り替えの場合は、その口座と同じ必要取引量を達成すると切り替え
HFMすべて
(セント
ゼロ
プロ
プレミアム)
基本的に他の口座と同じ手数料のある口座からの切り替えの場合は、その口座と同じキャンペーン時期のみ、決まった銘柄がスワップフリーになる
FBS スタンダード
セント
プロ
他の口座と同じ手数料のある口座からの切り替えの場合は、その口座と同じサポートにメールして切り替え
ECN口座はできない

スプレッドが明らかに変わる業者はなかったですが、
深夜やNY時間の終わる早朝ではどんなFX業者でもスプレッドは広がるので、
それを知ってポジションを持つ時間帯を決めると良いです。

ほかにLand-FXも2022年から非イスラム圏でも作れるスワップフリー口座の提供をはじめています。

LAND-FX(ランドFX)の評判ってどう?【独自比較】8メリットと4デメリット

XM

KIWAMI極口座がそのままスワップフリー口座として機能します。
長期でポジションを持ちたい銘柄があればおすすめです。
この口座は、ほかにも面白い特徴があります。
最大の利点であり特徴が「スプレッドが狭いのに手数料もいらない」という点で、
海外FXでは手数料を払うのが当たり前ともいえたスキャルピングをしやすいのです。

それだけトレーダーフレンドリーなだけに、ボーナス条件が少し厳しくなっていますが、トレード目的さえはっきりしていれば使いやすいのです。

詳細は特集記事で。
【新登場!XMのKIWAMI極口座】スプレッドが狭いのに取引手数料なし

口座開設がまだなら、
最初に初ボーナス(口座開設ボーナス)をもらうためにスタンダード口座を作っておいて、
アカウントができたあとに会員ページにログインしてから【KIWAMI極口座】を追加口座として作るとお得です。

XMの評判ってどう?9年使い続けてわかったXM Tradingのチートとは?

Exness(エクスネス)

XMと比べると影の薄いイメージがありますが、
ここにしかないサービスがいくつもあって知る人ぞ知る海外FX業者です。

“取引コストを可能な限り低く抑える取引環境”

を謳っているだけあって、スワップフリーをはじめFXのスプレッドも0.3からという徹底ぶりです。

レバレッジ無制限も興味深いサービスで、
ルールを理解するまでは少し時間がかかりますが
使ってみるとやみつきになるトレーダーもいるようです。

スワップフリーの条件とスワップフリーエラー

エクスネスでは、スワップフリーについて解説ページが設けられています。
こちら
しかし、ここにはスワップフリー優待になる明確な条件が書いてありません。
おそらく条件が変わっていくからだと思われますが、
自分のアカウントがスワップフリーになりそうなのかどうかは見ることができます。

自分のパーソナルエリア(会員ページ)にログインして「スワップフリーレベル」タブを開くと見ることができます。

また、まれにスワップフリーになっているはずなのにスワップを引かれていることがあります。
これが「スワップフリーのエラー」で、
このエラーが起きたらカスタマーにメールやチャットで問い合わせて
対処してもらわないといけません。

かっこよくて使いこなすと面白そうなルールなのですが、
それだけ手間と頭を使いそうなのは覚悟しておきましょう。

【レバレッジ無制限】2社徹底比較!勝者は…⁉
Exness(エクスネス)の評判ってどう?レバレッジ無制限は条件あり!

HFM(旧HotForex)【キャンペーンのときだけスワップフリー】

HFMではスワップフリー口座という特別なものがあるのではなく、
期間限定で決まった銘柄がスワップフリーになります。
少しほかの業者とルールが違いますが、
キャンペーン期間をうまく使えばスワップフリー取引を楽しめます。

使いやすくレバレッジも高すぎない(1000倍)ので、
気軽に口座を持ってキャンペーンのお知らせを待つというスタンスで良さそうです。

キャンペーン限定だからなのか、原油のCFDもスワップゼロになることがあって、
いつもコモディティのスワップに悩まされているトレーダーにとっては朗報として話題になりました。

【HFX】旧HotForex(ホットフォレックス)の評判ってどう?8つのメリットとは?

FBS

FBSもずいぶん前からスワップフリー口座がありますが、
ECN口座ではスワップフリーにできないのが残念です。

銘柄ではエキゾチック通貨、CFDはスワップフリーになりません。
最低スプレッドが0.5pipsで、XMの極口座よりも広めです。
ただし一番使いやすいスタンダード口座の最大レバレッジは3000倍で、
こちらは海外FXらしい魅力となっています。


ブランド名:新FBSの評判ってどうなの?→レベルアップ口座開設で140ドルボーナスが新しい!!

スワップフリーの銘柄一覧

今回とりあげた4社でスワップフリーできる銘柄をまとめます。

業者名スワップフリー可能銘柄スワップフリー不可能銘柄
XMAUDCAD、CADJPY、EURNZD、GBPNZD、USDCAD、AUDCHF、CHFJPY、EURUSD、GBPUSD、USDCHF、AUDJPY、EURAUD、GBPAUD、NZDCAD、USDJPY、AUDNZD、EURCHF、GBPCAD、NZDCHF、AUDUSD、EURGBP、GBPCHF、NZDJPY、CADCHF、EURJPY、GBPJPY、NZDUSD、SILVER、GOLD
(ざっくりいうと、通貨ペア、シルバー、ゴールド)
KIWAMI極口座以外のすべての銘柄
Exness(エクスネス)(スワップフリー優待時)
AUDNZD、AUDUSD、EURCHF、EURUSD、GBPJPY、GBPUSD、NZDUSD、USDCAD、USDCHF、USDJPY、AUDCHF、AUDJPY、EURAUD、EURCAD、EURGBP、EURJPY、EURNZD、GBPCHF、GBPNZD、NZDJPY、NZDCAD、USOIL、UKOIL、XNGUSD、XAUUSD、
BTCXAU、BTCXAG、BTCTHB、BTCAUD、BTCCNH、BTCJPY、BTCZAR、株式の一部
(ざっくりいうと、通貨ペア、暗号通貨、株式、ゴールド、オイル)
スワップフリー優待銘柄以外のすべての銘柄
HFM EURUSD、USDJPY、GBPUSD、GBPJPY、AUDJPY、EURJPY、NZDJPY、AUDUSD、AUDNZD、AUDCHF、EURCHF、EURAUD、EURCAD、 EURGBP、EURNZD、NZDUSD、USDCAD、USDCHF、GBPCHF、GBPNZD、NZDCAD
XAUUSD、UKOIL、USOIL
(ざっくりいうと、通貨ペアとゴールド、オイル)
スワップフリーキャンペーン対象銘柄以外の全ての銘柄
FBS不明
一般的なメジャー通貨ペアなどはできると思われる
CFDとエキゾチック通貨はできない

※Exnessだけ独自ルールでスワップフリー銘柄が決まっています。
まず一般口座の段階ですでにスワップのつかない銘柄があります。
それが「スタンダードスワップフリー」銘柄で、ゴールド(XAUUSD)・指数・暗号通貨・株式です。
スワップフリー口座に昇格すると「スワップフリー優待口座」になるので、そのときにはじめてスワップフリーになるものを上の表に記しています。
スタンダードスワップフリー銘柄は、拡張してもスワップフリーです。

HFMではキャンペーン期間内だけとはいえ、
ドル建てゴールド、USオイル、UKオイルがスワップフリーになるのがすごい事です。

【HFX】旧HotForex(ホットフォレックス)の評判ってどう?8つのメリットとは?

まとめ

スワップフリーのトレードを楽しみたい場合、どの業者にするか迷いますが、
個人的にはすでに持っているXMをメインにして、
次にこちらももう持っているHFMのお知らせを定期的にチェックする
という感じが良いと考えます。

結論
初心者はとりあえずXMのスタンダード口座がおすすめ

XMは期間限定ではないので何年も持ち続けたい銘柄があるときに使えます。
いっぽうHFMは原油などに動きがあったときのチャンス狙いという使い方ができます。

初心者の方は、最初にスタンダード口座でXMのアカウントを作ってからログイン、口座開設ボーナスが入っているのを確認したら、とりあえず【KIWAMI極口座】を作るという流れで良いでしょう。

※MT4とMT5はわかってる?
【完全版】MT4(メタトレーダー4)のダウンロード・インストール方法
【完全版】MT4(メタトレーダー4)の 操作方法 ~初心者編~

● 当サイトの厳選ランキング! ●

1位XM Trading (エックスエム)評判レビュー公式サイト
2位TitanFX (タイタンFX)評判レビュー公式サイト
3位BigBoss (ビッグボス)評判レビュー公式サイト
4位iForex (アイフォレックス)評判レビュー公式サイト
5位Exness (エクスネス)評判レビュー公式サイト
ハイローオーストラリア評判レビュー公式サイト