【明日から毎日もらえる!?】海外FXでスワップポイントをもらう方法

取引方法

● 当サイトの厳選ランキング! ●

1位XM Trading (エックスエム)評判レビュー公式サイト
2位Gemforex (ゲムフォレックス)評判レビュー公式サイト
3位iForex (アイフォレックス)評判レビュー公式サイト
4位TitanFX (タイタンFX)評判レビュー公式サイト
5位Axiory (アキシオリー)評判レビュー公式サイト
ハイローオーストラリア評判レビュー公式サイト


スワップポイントとはFXでほぼ毎日もらえる利息です。
「スワップ」も同じ意味です。
円安が続いている今のうちにもらっておきたいですね。
海外FXの口座開設からスワップポイントをもらうまでを一度にまとめてみましょう。

今回の解説ポイント
● 1分で理解できるスワップポイントの意味
● 海外FXのスワップポイントの特徴
● スワップポイントをもらうための口座開設方法
● スワップポイントをもらうためのトレード方法
● スワップポイントの見かた・みられるところ(MT4/MT5が最強)

スワップポイントとは

スワップポイントとは、通貨ペアのそれぞれの国の金利差によって発生する損益といえます。

今、日本の金利はゼロに近いです。
この円とドルの通貨ペアはドル/円ですが、円を売ってドルを買うという「ドル円の買いポジション」を持てば高い金利のドルとの差はプラスになり、このぶんをトレーダーである私たちは受け取ることができるのです。

スワップポイントのことを銀行預金の「利息」とか「利子」程度に理解しておいても特に問題ないのですが、毎日付与されることやマイナスになって支払うときもあることなどが大きく違います。

上の図はスワップポイントのしくみを簡単に表したものです。
金利の高い通貨は「買い」が基本です。
そして組み合わせる通貨はできるだけ金利の安い通貨です。

円安の時期ならドル/円の「買い」でスワップポイントがもらえるのです。

銘柄はできるだけ金利差の大きいものが良く、その意味でもドル/円のスワップ狙いトレードをする人が増えているのです。

スワップポイントの簡単な意味

銀行預金などは利息をもらえても月に一度や3年に一度だったりします。
しかしFXのスワップポイントは基本的に毎日もらえます。
一日が終わるともらえるということで「日をまたぐともらえる金利」とも表現されます。

そこでFX取引が生まれてから「楽して必ずお金が増える方法」のように言われて人気を博しています。

ただし実際は業者のスワップポイントの違いをちゃんと調べて、ポジションを守るために損切り注文も忘れずに入れておかなくてはなりません。
この辺のことは順に解説するので安心してください。

スワップポイントは通貨を発行している国同士の金融政策の違いによって発生します。
「通貨間の金利差調整分難」ともいわれますね。
すごく簡単に書くとこのようになります。

  • 通貨ペアのふたつを比べる
  • 左側の通貨の金利が、右側の通貨の金利よりも高ければ
  • 「買い」ポジションを持つことでスワップポイントがもらえる

上の図は「ドル/円のポジションを持つ」ことを分解して示しています。
図の二人の取引をよく見ると、最初に円を持っていた人がドルの買いをすることで、金利の高いドルからスワップを受け取りはじめています。
為替市場で誰かとこのようなやり取りをして「ドル/円のポジションを持つ」ことはこういうことです。

「スワップポイントをもらう」ことは口座残高が増えることを意味します。
ポジションを持ち続けているだけで、口座残高が毎日増えていきます。
ただし、持っている通貨ペアのチャートが下がっていけば含み損が発生します。
これは為替差損で、金利のマイナスとは違う損失なのです。
スワップをもらっていてもこちらの損失が大きければ全体としては損失となります。

スワップポイントをもらうのに向いている人・いない人

スワップポイントは、ポジションを持っているだけでもらえますので、誰でも苦労せずに利益を追求できるものです。
少しくらい向いていないと思ってもやらなくては損なくらいです。

  • 向いている人は、すべてのトレーダーです。
  • 向いていない人は、海外FX口座を作るだけでも面倒がる人・スワップポイントを定期的に見直さない人・なんでも人に頼りきりの人、です。

スワップポイントは初心者でも安全に利益を追求できるすばらしいものです。
しかしマイナススワップなど気を付けることはいくつかあります。
これは「スワップポイントのデメリット」で詳しく説明します。

向いていない人に当てはまっても、忘れずにスワップポイントとポジションを見るようにすればスワップポイントで利益を得ることができます。

【用語】
ポジション:「持ち高状況」のこと。ドル/円などの通貨ペアを「買い」「売り」の状態で持っている場合、その立ち位置のような意味で「ポジション」という。「ドル/円の買いポジションを持っている」などと使う

おすすめ海外FX業者

スワップポイントは同じ業者内の同じ銘柄であっても変わっていき、ときにはプラスとマイナスが入れ替わることもあります。
それでも海外FX業者を選ぶのは、レバレッジが高くスワップポイントもそれだけ多くもらえるからです。

ではどんな業者がいいのかというと、やはり信頼できる大手業者ということになります。
具体的には以下のような業者です。
日本語サービスもしっかりしていて口座を始めて持つ人もストレスなく始めることができます。

そして取引プラットフォームがMT4/MT5であることも重要です。
このプラットフォームは、スワップポイントがとても見やすいのです。
やり方は「銘柄選びの方法」を読んでください。

3社挙げましたが、初心者にとって一番はじめやすいのはXMです。
特集記事もぜひ読んで、口座を作っておきましょう。

ポイント
ポジションを持っているだけで利息をもらい続けることができるのはFXの大きな魅力
注意点を知って確実に利益にしていこう

海外FX口座を作ってからスワップポイントをもらうまで

海外FXがはじめてだとしても、口座開設が終わって口座の有効化が済めば通貨ペアのポジションを持つことができます。
スワップポイントは日本時間の早朝に付与されるので、早ければ翌日にはもらい始めることができます。
スワップポイントの付与スケジュールも見ておきましょう。

【用語】
付与:業者がトレーダーに何かをくれること。トレーダー側からすると「もらえる」こと。付与タイミングはニューヨーク(NY)時間の終わりなど日本では早朝が多い

口座開設からスワップをもらうまでの手順

スワップポイントをもらうためにはポジションを持ち続ける必要があります。

そのポジションをどこで持つか?
それがXMなどの海外業者です。

口座開設方法と有効化の方法は特集記事に詳しく書きましたので、その後の流れを見ておきましょう。

  1. 口座開設をする
  2. 口座の有効化(本人確認書類を提出後、承認される)
  3. 口座に入金する(または未入金ボーナスを確認する)
  4. 銘柄のスワップ状況を確認
  5. プラススワップになる銘柄を買う(場合によっては売る)
  6. 「5」で持ったポジションのスワップポイントを毎朝確認する
  7. スワップ状況が変化したら手仕舞いする

手順は以上です。
次からこれを見ていきましょう。

  • 銘柄選びの方法
  • スワップをもらえるタイミングと調べ方
  • マイナススワップとは?対応策

効率のよいスワップポイントを得るための銘柄選び

ドル/円のような通貨ペアだけでなくゴールド/ドルなどのCFDでもスワップを得られることがあります。
嬉しいですね。
しかしマイナススワップには気を付けなくてはなりません。

マイナススワップとは?

さいしょに「スワップポイントとは」でドル/円の例を出しました。
では、買いでスワップポイントをもらえるはずのドル/円を売ったらどうなるでしょうか?

スワップポイント付与タイミングで自分の口座からスワップポイントを引かれてしまいます。
そして世界のどこかの「買い」ポジションを持っている人に渡されます。

こうなることを一般に「マイナススワップ」といいます。

もうひとつ、買いでもマイナススワップになる銘柄があります。
ドル/円とは逆に、左側の通貨の金利のほうが低い場合です。
これを知ったうえで、銘柄を選びましょう。

銘柄選びの方法

まずどんな性質の銘柄を選ぶかです。

スワップポイントを得るための銘柄は「買い」でスワップポイントをもらえる通貨ペアやCFDに決めるのが普通です。
慣れてくれば逆でもいいですが、初心者のうちは情報も多いのでドル/円の買いなどメジャーなポジションを持ちましょう。

業者ごとにスワップポイントは違います。
ここで一覧を書いてもすぐ変わるので、面倒でも必ず使う業者の公式ページで確認しましょう。

ちなみに2022年11月現在では、通貨ペアではドル/円などのクロス円がおすすめです。
金利差のほかに流動性もあったほうが相場の急変での差損の心配も少ないのです。

スワップポイントはMT4/MT5を開くとすぐに見つけることができます。
今回取り上げた3つの業者はすべて同じ方法で見ることができます。
やり方はこのようになっています。

  1. MT4/MT5を開く
  2. 気配値(気配値表示)の中の見たい銘柄を右クリックして「仕様」を選択
  3. 仕様ウィンドウが開くので「スワップロング・スワップショート」を見る

このようにして「買いスワップ」がプラスになっている銘柄を選びます。
上の図だと「買スワップ」のところが6.64となっているのでプラススワップだとわかります。
反対に「売スワップ」を見るとマイナスがついて-18.29となっています。

この銘柄は買いポジションを持っていればスワップポイントを毎日もらえることがわかります。
そして、売りポジションを翌日まで持ち続けるとスワップポイントが引かれてしまうことがわかります。

  • XMのようにスワップ計算機を備えている業者もあります。
    なかなかほかの業者ではないものなので、こんなところがXMがおすすめな理由でもあります。
    XM公式スワップ計算機
  • GemForexでもスワップポイントを公式で発表しています。
    ポジションを持っているなら毎日見ましょう。
    GemForexスワップポイント一覧
  • Titan FXではいまのところ公式でスワップポイント一覧にしていません。
    MT4/MT5で確認しましょう。
銘柄選びのポイント
スワップポイントを確認、買いでプラスになる銘柄は「買い」ポジションを持つ
これを基準に売り買いや銘柄選びをする
MT4/MT5を使う業者ならどこも同じ方法でスワップポイントを確認できる

スワップポイント付与タイミング・スケジュール管理

マイナススワップについて解説しました。
市況によってこうなるのは珍しい事ではないですが怖いですね。

それを防ぐために毎日スワップポイントをチェックするのです。
タイミングはロールオーバー後です。
ロールオーバーの意味は「ロールオーバーとは」を読んでください。

スワップポイント付与のタイミング詳細【何時にもらえる?】

「ロールオーバー」はスワップポイントがもらえるタイミングのことです。
スワップポイントの付与スケジュールもMT4/MT5で確認できます。
「銘柄選びの方法」と同じように「仕様」のウインドウを開いて「セッション」を見るとその銘柄を取引できる時間が出ています。
このうち、その日のスタート時間を過ぎればロールオーバーとなるのですが、もう少しわかりやすくしましょう。

ロールオーバーはニューヨーク時間になります。

冬時間:日本時間朝7時
夏時間:日本時間朝6時

スワップポイントのお得な曜日とは

スワップポイントポイントは原則として毎日付与されるものです。
土日祝日ぶんも付与されますが市場は休みです。
そこで、前もって計算されて付与されるのでよくSNSで「スワップ3倍デー」などといって騒がれます。
だいたい水曜日に3倍デーが来ることが多いです。
逆に付与のない日も出てきますが、こちらもMT4/MT5の「仕様」で確認できます。

注意点としては祝日は日本のものではなく、その通貨の国の祝日であることです。
覚えるのは大変なので、やはり毎朝時間を決めてMT4/MT5を開くという習慣にするのをおすすめします。

ロールオーバーとは

市場の一日が終わると、どの業者でもその日の決算(締め)のようなことが行われます。
これが「ロールオーバー」「値洗い」と同じ意味と思ってさしつかえありません。

ロールオーバーされるとスワップポイントがもらえる(または支払う)ので、手仕舞いはこの後にすると得します。

ロールオーバーのタイミングは、その市場が終わったあとです。
FXは24時間休みがないので翌日の為替市場スタートとほぼ同じ時間となります。

【用語】
手仕舞い:ポジションを閉じるという意味で、決済すること。

※分割決済もできる海外FX

【iFOREXで分割決済】基本テクニックとは?

スワップポイントのメリット

ここまでのメリットを整理しましょう。

  1. スワップポイントは毎日もらえる
  2. 市場が休みのはずの土日祝日ぶんももらえる
  3. 海外FXではハイレバレッジだから国内FXよりもたくさんもらえる
  4. 手仕舞いしなければずっともらえる
  5. 金利差に変化がなければずっともらえる

気を付けるのはポジションを持っている銘柄の価格の変動と金利だけということです。

海外FXのハイレバレッジと3倍デーを組み合わせると「ほんとうにこんなにもらっていいの?」と思えるほどのスワップポイントが付与されます。
もちろんもらっていいし、利益ですから出金もできます。

この点は、業者ごとにサービスとして配ってくれるボーナスとは違っています。
なぜならスワップポイントは市場からもらうものだからです。

スワップポイントのデメリット

  1. マイナススワップになると支払わなくてはならなくなる
  2. プラススワップの銘柄でも市況の変化によってマイナスになるときがある
  3. 毎日スワップ状況を確認したほうがいい(それだけの作業が必要)
  4. 同じ銘柄の買いポジションでもマイナススワップになることがある
  5. 銘柄の価格そのものが下がり続け、スワップの利益よりも損失が大きくなることもある
  6. 高金利通貨といわれるメキシコペソなどは価格の乱高下が起きやすく初心者向きではない

一番気になるのが「銘柄の価格が下がってしまうこと」です。
つまりチャートがどんどん右肩下がりになることです。
そうなればせっかくスワップで利益を出していたのに、決済によって損失になってしまうことがありえます。

中央銀行の介入など一時的な下げは落ち着いて戻るのを見てから決済しても良いですし、そのまま持っていても良いと思います。
しかし、通貨ペアの右側の通貨が突然大きく利上げをするなどの異常事態になったら何年もチャートが戻らないかもしれませんし、スワップポイントもマイナスになる可能性があります。
その場合は諦めて損切りするしかありません。

早めに対処するためにも、毎日チャートをチェックするのは必要です。
5分とかからないのでさぼらずに続けましょう。

オーストラリアドル/円などはそれなりに流動性もあるのでやる人も多いですが、
トルコリラ、ロシアルーブル、メキシコペソなど政治的に不安定で流動性も少ない通貨のペアはやらないほうが無難です。

※ファンダメンタルズも見ておこう

【ファンダメンタルズ】金融政策と財政政策は、簡単にトレードに使える!
【ロシアルーブル売買再開!】トレードに使える新興国通貨の知識

現役トレーダーの実際

円安が終わるかどうか考察したtweetをみつけました。
いまならまだドル/円のスワップポイントはもらい続けることができそうです。

スワップポイントおすすめ通貨ペア

スワップポイントはマイナスになってしまうこともあるので参考にしかなりませんが、2022年中ごろからのドル/円など各業者で大きくプラスになっているものもあります。
このおすすめは、結果としてとてもつまらないものに見えるかもしれません。
しかし一番安全に大きな金利差を取っていけるのと、マイナススワップを怖がらなくていい状況ということでこうなっています。
(2022年11月現在)

  • XM:ドル/円
  • Titan FX:ドル/円
  • GemForex:ドル/円 オーストラリアドル/円

スワップポイントの多さの比較は、毎日変わるものなのでここではしていません。
これを書いている今日の段階ではドル/円はGemForexが一番大きく99ポイント(1ロットで日に99円)でした。

※両建てプラスという手法もあるので挑戦しよう

アービトラージがわからない?わかるようにします!禁止業者とできる業者

まとめ

コロナ後の2022年、円安やインフレという経験したことのない経済状況になりました。
それでも海外FXのハイレバレッジを利用して利益を追求できそうだとわかれば、希望が出てきます。

スワップ狙いのトレードは初心者でも取り組みやすいので、円安が終わらないうちに勇気を出して挑戦してみましょう。

※MT4もすぐ使える!

【完全版】MT4(メタトレーダー4)のダウンロード・インストール方法
【完全版】MT4(メタトレーダー4)の 操作方法 ~初心者編~

【完全版】MT4(メタトレーダー4)の 操作方法 ~レベルアップ編~

● 当サイトの厳選ランキング! ●

1位XM Trading (エックスエム)評判レビュー公式サイト
2位Gemforex (ゲムフォレックス)評判レビュー公式サイト
3位iForex (アイフォレックス)評判レビュー公式サイト
4位TitanFX (タイタンFX)評判レビュー公式サイト
5位Axiory (アキシオリー)評判レビュー公式サイト
ハイローオーストラリア評判レビュー公式サイト