【海外FXではどっちが得?】ドル建て口座?それとも円建て口座?

取引方法

● 当サイトの厳選ランキング! ●

1位XM Trading (エックスエム)評判レビュー公式サイト
2位Gemforex (ゲムフォレックス)評判レビュー公式サイト
3位iForex (アイフォレックス)評判レビュー公式サイト
4位TitanFX (タイタンFX)評判レビュー公式サイト
5位Axiory (アキシオリー)評判レビュー公式サイト
ハイローオーストラリア評判レビュー公式サイト


ドル建て口座にすればFXのプロみたいでカッコいいですよね。
証拠金のところがドル表示になっていれば、それはドル建て口座です。
これを作っていいものなのでしょうか?

結論をいうとやはり「よくわかっている人・もしくはドルを使う予定のある人に向いている」となります。

本文でもう少し詳細を解説します。
それから、ドル建て口座から円建て口座に変更する方法がほかでは見つからなかったので、ここで読んでおいてください。

今回の解説ポイント
● ドル建て口座の意味
● ドル建て口座の作り方
● ドル建て口座と円建て口座の決定的な違い
● ドル建て口座にできる意外な業者
● ドル建て口座に向いている人
● 円建て口座に戻す方法

ドル建て口座とは

円安すぎる今、ドル建てで資金を運用したほうが良いのではないかと急速にドル建て口座の人気が高まっています。

ドル建て口座の意味

口座に差し入れる証拠金がドルで表示されているのがドル建て口座です。

「ドルでFXをしますよ」というのが「ドル建て口座」なのです

通常は私たちは「円建て口座」を選ぶので、MT4の下の証拠金や損益も円で表示されています。
通貨の価値のイメージがしやすく便利ですね。

ドル建て口座とは入金・口座にある証拠金・出金がドルである口座のことです。
口座開設のときに、口座で使うベース通貨(基本通貨)をUSDにすればドル建て口座として使うことができます。
詳しくは「ドル建て口座の作り方」を見てください。

ドル建て口座がなぜ今注目されている?

円安の時代になり、ドルの価値が上がりました。
そこで「ドル建て口座のほうがお得なのでは?」と考える人が増えてきたのです。

「ドル建て口座のメリットデメリット」で詳しく書きますが、たしかに入出金のタイミングによっては得をすることがあります。
出金前にドルがどんどん上がれば、出金して円に両替するときに円は増えているからです。

実際はこの計算をするのも大変ですし、必ずしもこのタイミングでドルが上がっていくとは誰にも断言できません。
手数料も面倒くさそうですね。

結局は海外在住でドルを日常的に使う人や、国内に住んでいてもドル建ての銀行口座を持っているなど何かしら外貨を使う人なら持つ意味もあるということになります。

ポイント
海外に関わったことのない人、FX初心者は少し慣れてからドル建てにしても遅くない
【用語】
ベース通貨:FX業者の口座で使う通貨。証拠金の表示や入出金時はすべてベース通貨が表示される。ふつうは自国通貨が便利なので、海外FXであっても円を選べるようになっている。

基軸通貨:FXだけでなく世界のすべての経済活動で基本になる通貨の事。米ドルが基軸通貨として使われている。

ドル建てできる海外FX業者

ドルは世界の基軸通貨なので、どの国でもドルを中心に考えられていると思っていても間違いではないです。
海外FXというくらいなので、ドルがベース通貨として選べないところはありません。

どこでもドルを選べますが並べておきます。
このサイトで取り上げている業者はすべてできます。

Tweetを数えてみたら意外とiFOREXでドル建て口座を使っている人がいなかったので、知られていないようです。
他業者ではできない銘柄もある楽しいiFOREXですので一度口座を持つと頻繁にトレードしたくなります。
自分にとってのメイン業者になるかもしれませんので「ドル建て口座に向いている人」をよく確認してからベース通貨を決めましょう。

ポイント
ほとんどの海外FX業者でドル建て口座を持つことができる
おすすめはXMかTitan FX(理由は「為替手数料と出金先銀行選びのヒント」に)

iFOREXでMT4は使える?同時活用で本気のゼロカット
【iFOREXで分割決済】基本テクニックとは?
【7業者比較】海外FXのボーナスは非常に豪華!0円スタートも可能

ドル建て口座のメリットデメリット【円口座との2つの決定的な違い】

円口座との決定的な違いを2つの面で見るとこうなります。

  1. 為替差益の有無
  2. 両替手数料の有無

ではこれからメリットとデメリットのところで詳しく説明します。

ドル建て口座のメリット

● 為替差益を得ることができる

これから長い間ドルが上がり続けると予想するなら、為替差益を得られます。
特にFXでスイングトレードをする予定で、かつドルが上がり続けると思うならちゅうちょなくドル建て口座で運用すればいいのです。

● 海外との行き来のある人や海外在住の人は便利

海外に関わることが多い人は、ドル建ての銀行口座も持っているでしょう。
それならFXもドルで儲けて、銀行に預けるお金を増やせば買い物にも交通費にも使えます。
円との両替の手間と手数料をはぶくことができます。
ドル同士でのやりとりしかないなら、円換算の必要もなく便利です。

ドル建て口座のデメリット

  • 為替差損がある
  • 為替手数料がどうしても発生する
  • 利益などの計算を円に換算したい場合はとても面倒

円建て口座のメリットの逆ともいえます。
円しか使わない人にはよほどの為替差益がなければやりたくないでしょう。

もし円しか使わないなら、円からドル・ドルから円に両替をするので2回の手数料がかかります。
そして当然ながら金額が多ければ手数料はそのまま上がっていきます。
海外FXのボーナスのようなキャッシュバックも割引もありません。

ドル建て口座の為替差益・為替差損の試算

上の図は、1万円の価値のあるドルが円安や円高でどう変わっていくかの試算です。
楕円や四角で囲った数字がそのときのドルのレートです。
140円のときをスタートとしましょう。

1ドル145円のとき1万円は69ドル69ドルで1万円に両替できる
1ドル140円のとき1万円は71.4ドルドルの価値は変わらない
1ドル135円のとき1万円は74ドル1万円に両替するために74ドルも必要

ドルと円が逆相関になっているのがわかります。
円安になるほどドルを持っている人は得をします。
日本に来る旅行者が嬉しそうなのもこれが理由です。

円高のうちにドルに両替して円安になったあとに円に両替できれば得

しかしこれはトレードの損益も±ゼロで、手数料もゼロだとしての試算です。
実際はFX口座にドルを入金するためにも手数料を払って両替をして、出金後も円に戻すために両替手数料を払うと結構きついです。
そこで、ドルのまま預けられる銀行に出金する必要が出てくるのです。

ポイント
円建て口座とのお得度を比較すると円建てが良い
ドル建て口座は、FXで稼いで出金してドルのまま使うことができればとてもお得
一からドル建て口座を使うために銀行口座を準備したり手数料計算をして無駄がないかチェックするのは時間と労力をつかうぶんお得とはいえない
新たにドル建てのFXと銀行口座に挑戦したいツワモノなら挑戦してもいい

為替手数料と出金先銀行選びのヒント【ソニー銀行について】

最近では外貨を受け取れる銀行もあります。
よそではあまり書かれていませんが、ソニー銀行が外貨普通預金口座を持てて「外貨のまま受け取れる」サービスをしています。

これは昔からの「外貨預金」とは違い、受け取り手数料が無料となっています。
そしてそのままドル建ての買い物にも使えるので、FXのドル建て口座と組み合わせて使うと無敵感があります。

ただし中継銀行では手数料が発生して、それは防ぐことができません。
また、海外FXからの送金を受け付けた実例があるのは今のところXMTitan FXだけです。
このあたりはよく気を付けましょう。

ソニー銀行
https://blog.moneykit.net/2022/07/sonybank0701.html

XMの評判ってどう?8年使い続けてわかったXM Tradingのチートとは?

TITAN FX(タイタンFX)の評判ってどう?モットーが「丸出し」とは?

では次に、一般的な都市銀行などの為替手数料の比較を置いておきます。
何度見ても手数料が高いですね。
しかも片道の値です。
今後の変更もあるかもしれませんが、FXのスプレッドよりも小さくなることはなさそうです。

1ドルあたり為替手数料一覧(安い順)

円に両替するときのインターネットバンキングでの手数料です。
三菱UFJの例にあるように店舗やワールドカレンシーショップ(両替屋さん)では片道で1円(100pips)もとられます。

新生銀行0.15円
楽天銀行0.25円
三菱UFJ銀行0.25円(店舗での両替は片道1円)
みずほ銀行0.4円(店舗での両替は片道1円)
三井住友銀行0.5円(店舗での両替は片道1円)

都市銀行などは毎日TTS、TTM、TTBという両替用のレートを決めています。
これが1円で、どの銀行も同じです。
その他スプレッドにあたる為替差があるとびっくりするほどドルが減ってしまうのです。
(TTMを決める時間が仲値で、ドル円のトレードでよく使いますよね)

以上、銀行選びのヒントでした。
しかし元々海外によく行くとか仕事の関係で海外の銀行口座をすでに持っているとかなら日本の銀行を選ぶ必要はないのです。

ポイント
あまり海外に関係ない毎日を送っているけどドル建て口座を持ちたいなら手数料から考えてソニー銀行がおすすめ

ドル建て口座の作り方

XMの画面で解説します。
新規に口座開設をするときに住所や名前などを入力するのですが、そのときに選べます。

こちらが手順です。

  1. 新規口座開設画面で必要事項を入力
  2. 「取引口座詳細」に「口座の基本通貨」というメニューがあるので「USD」を選択
  3. 後は指示に従って手続きする

新規口座開設は簡単ですが、海外FXがはじめてだと何かと迷うものです。
こちらのXMの特集記事に口座開設のやり方を誰でもわかるように書いていますので見ながら口座開設しましょう。

XMの評判ってどう?8年使い続けてわかったXM Tradingのチートとは?

他の業者も同じです。

追加口座をドル建てにするには、追加口座作成画面で「USD」を選ぶメニューが出るので選べばOKです。

※追加口座とは

海外FXの【追加口座】ってなに?もう一度本人確認するの?

デモ口座のすすめ

ドル建て口座にしてみたいけれど、通貨の価値や、証拠金の残り方という体験でしかつかめないこともあります。

デモ口座でやってみると良いでしょう。
デモ口座開設のときに「口座の基本通貨」を選べるので、そこでUSDを選べばドル建てでデモができます。

XMデモ口座作成ページ
Titan FXデモ口座作成ページ
GemForexデモ口座作成ページ

※トレードの基礎はこちら

MT5が怖い?!【脱初心者】ワンクリック注文と板注文やりかた
【ローソク足はFXの基本】よくある疑問を理解して最強武器にしよう!
【ローソク足超基本】意味と海外FXでの使い方!決定的な弱点と万能の強さ

ドル建て本口座を作ったら

ドル建て口座を開設したら普通通りにトレードができます。

注目したいのはXMでもできるようになったゴールドやシルバーです。
これらは世界的には「1オンス〇ドル」という値で取引されています。
日本の田中貴金属「1グラム〇円」の値に慣れていると最初はとまどうかもしれません。

しかしドルに慣れると今後も世界経済をみるときに理解しやすくなるので、せっかくドル建て口座を作ったのならドルでのチャートを見るようにしましょう。

また、ゴールドなどの商品のことを「コモディティ」といいますがスプレッドをはじめトレードには知っておくべきことがいくつかあります。
こちらの記事で充分理解してからスタートするのをおすすめします。

海外FX業者のコモディティ(商品)スプレッド比較

慣れてくるとドルで考えたほうが相場をとらえやすくなり、ニュースの理解も早まるようになります。
トレードの腕を磨くために思わぬ利点があるので、これもドル建て口座を使うメリットかもしれませんね。

ドル建て口座に向いている人

ここまで大切なことは「ドル建て口座のメリットデメリット」でほとんど解説しましたが、まだ迷っている人に「向いている人」の一覧をあげておきます。

  • 海外在住か海外によく行く人
  • 海外の銀行をすでに使っている人
  • ソニー銀行など使いやすい銀行口座を持っている人
  • 米国のAmazonやebayなどでよく買い物をする人
  • ドルを扱うのに慣れて世界の市場の感覚を肌で学びたい人

初心者でもトレードのときにはドルの価値を頭に入れておくだけなので、そこまで難しいことではありません。
これから先、ドルを扱う仕事に就きたいなどの夢を持つ人も挑戦してみると良いかもしれません。

XMもTitan FXも追加口座を持てるので、失敗しても円建て口座をあとで持つことができます。

海外FXの【追加口座】ってなに?もう一度本人確認するの?

ドル建て口座を円建て口座に変更する方法

このやり方を探してもなかなか出てきません。
そこで、運営にチャットで確認しました。

新規口座開設のときにはベース通貨のところを選ぶだけですので簡単です。
でも、あとで後悔して円建て口座にしたいということもありそうですね。
方法をまとめておきます。

すでに取引や入出金をしている場合

一度ドル建てで作り、取引をスタートさせた口座を円建てに変更することはできません。

でも、海外FX業者のほとんどが追加口座を持てるため、追加口座を円建てにして新たに作ればよいのです。

上の例はTitan FXの会員ページ「クライアントキャビネット」のダッシュボードです。
取引口座の数字の右側の鉛筆マークか右下の「追加口座の開設」をクリックすると追加で口座を持つことができます。
そのときにUSDを選びましょう。

XMでは会員ページのメニューに「追加口座の開設」があります。
追加口座を作るには、すでに本人確認も終えている場合は追加での書類提出は不要です。

まだ取引や入出金を一切していない口座の場合

Titan FXでは取引や入出金履歴のない口座ならベース通貨の変更ができます。
クライアントキャビネットへログイン後、鉛筆マークをクリックすると変更画面に行けます。

まとめ【日銀の黒田総裁の任期に注意】

ドルの扱いにすでに慣れていて、為替差益を上手に取ることができるなら、海外FXのドル建て口座はとてもお得です。

ドルの価値が上がって、円の価値が下がっているのはひとえに「政策金利の差」です。
しかし2023年の春には日銀の総裁が変わるかもしれません。
そうなると長い間続いてきた「日本のゼロ金利政策」もプラス金利政策になってしまう可能性もあります。

ファンダメンタル面もよく見つつ使わないと、ドルが下がって損をすることもあるのです。

たまたま米国のユニオンバンクの口座を持っているようなことがあれば別ですが、海外FX初心者ならあまり深く考えずに円建て口座にしておけば間違いないでしょう。

※ファンダメンタルもわかっておこう【政策金利って?】

【ファンダメンタルで海外fx】そもそもを知ればヘッドラインを読みこなせる!
【ファンダメンタルズ!】勝率を上げるための5つの指標とは?
【ファンダメンタルズ】金融政策と財政政策は、簡単にトレードに使える!

● 当サイトの厳選ランキング! ●

1位XM Trading (エックスエム)評判レビュー公式サイト
2位Gemforex (ゲムフォレックス)評判レビュー公式サイト
3位iForex (アイフォレックス)評判レビュー公式サイト
4位TitanFX (タイタンFX)評判レビュー公式サイト
5位Axiory (アキシオリー)評判レビュー公式サイト
ハイローオーストラリア評判レビュー公式サイト