【注意点】海外FXで資金を溶かさない対策法とは?

取引方法

証拠金取引のためレバレッジを効かせることができ、国内FXでは最大25倍、海外FXでは400倍や500倍、さらには1000倍といった超ハイレバレッジで売買ができます。

今回はそんな超ハイレバレッジの海外FXで「資金を溶かさないための注意点と対策方法」についてお伝えしていきます。

超ハイレバレッジのメリットとデメリット

超ハイレバレッジのメリット

まずは海外FXの超ハイレバレッジのメリットを具体的に確認していきましょう。

XMの場合→888倍

日本人トレーダーに人気のある海外FX業者「XM」(XM Trading)では、最大レバレッジが「888倍」です。

米ドル/日本円が1ドル106円だとして、1Lot(10万通貨)を保有するのに必要な証拠金は、「11,937円」

これが国内FXだとすると、25倍の最大レバレッジを効かせても「424,000円」もの高額な資金が必要になります。

どちらの場合も同じポジション量ですから、1円の変動で10万円の利益です。

同じ10万円を稼ぐのに、888倍と25倍のレバレッジではこれだけの必要証拠金の違いがあります。より少ない資金で稼ぐことが可能なのが海外FXの大きな魅力です。

さらに付け加えると、もし424,000円の資金があるのであれば、XMでは「35Lot」(350万通貨)は保有できますから、そうなると1円の変動で350万円の利益となります。

同じ資金ではるかに大きなリータンを期待できるのも海外FXなのです。

Gemforexの場合→1000倍

XMと同じくらい注目されている「Gemforex」であれば最大レバレッジは脅威の1000倍です。

先ほどと同じ条件で比較すると、1Lot(10万通貨)を保有するのに必要な証拠金はわずか「10,600円」で、424,000円の資金があれば「40Lot」(400万通貨)も保有できます。

このような超ハイレバレッジだからこそ数十万円の資金が1日で数百万円という一攫千金を狙っていくことができます。これが海外FXを利用する大きなメリットです。

超ハイレバレッジのデメリット

それでは逆に超ハイレバレッジのデメリットはどこにあるのでしょうか?それはリターンが大きいということは、その分だけリスクも大きいということです。

リスクの面だけを考えると、強制ロスカットになりやすいとうことが重要です。具体的に確認していきましょう。

XMの口座に残高が20,000円あったとします。

米ドル/日本円を1ドル106円で1Lot(10万通貨)を保有すると、11,937円であることは先ほどお伝えしました。

そうなると余剰金は「20000円-11937円=8,063円」となります。

予想は当たって含み益が伸びていくのであればまったく問題ないのですが、予想の逆に相場が動いた場合、1円の変動で10万円の含み益ですから証拠金は不足して強制ロスカットです。

国内FXでは証拠金維持率100%を下回るとすぐに強制ロスカットというFX業者が多いですが、XMは強制ロスカットの水準が低く、証拠金維持率20%を下回ったら強制ロスカットです

16,000円の含み損が出ると強制ロスカットということになりますから、0.16円(16.0pips)の含み損までしか耐えられません。

数時間で16.0pipsは変動しますし、経済指標の発表直後など取り引きが活発になっている時間帯であれば、ボラティリティ(変動率)も高いので、数秒で強制ロスカットという可能性もあります。

つまり予想を外すと、ポジションの保有量が大きい分だけ、あっという間に強制ロスカットになり、資金の80%を失ってしまうというリスクを抱えているわけです。

ここをどう防ぐのか、または、このダメージをどうすれば軽減できるのか、という点をしっかりケアしながら海外FXを扱っていく必要があります。それをしなければどんどん資金が溶けていきますので注意してください。

ここで誤解してはいけないことは、後述しますが「超ハイレバレッジ=ハイリスク」というわけでは決してないということです。

そちらがまず気になるのであれば、最後の項目になる「資金管理の重要なポイント」を先に確認してください。

強制ロスカットによるダメージの軽減方法

強制ロスカット水準の低いブローカーを選ぶ

ここから先は資金を溶かさないための注意点や具体的な対策についてご紹介していきます。やはりまずポイントになるのは、損失が最悪な状況で確定してしまう「強制ロスカット」をどう防ぐのかという点です。

そこで注目したいのは、FX業者によって強制ロスカット水準が異なるということです。

強制ロスカット水準が高いほど早い段階で強制ロスカットになってしまいます。逆に強制ロスカット水準が低いと、それだけ耐えられる幅が広がるということです。

例えば10万円の有効証拠金があったとして、5万円分ポジションを保有したとします。

  1. 証拠金維持率100%を下回ったら強制ロスカットのFX業者
    → 5万円の含み損で強制ロスカット(5万円の損失確定)
  2. 証拠金維持率20%を下回ったら強制ロスカットのFX業者
    → 8万円の含み損で強制ロスカット(8万円の損失確定)
  3. 証拠金維持率0%で強制ロスカットのFX業者
    → 10万円の含み損で強制ロスカット(10万円の損失確定)

強制ロスカット水準が低いほど損失確定の金額は大きくなってしまうものの、ある程度の変動の幅には耐えることができ、その間に為替レートが反発すれば利益を出すことができます。

強制ロスカット水準が、国内FX業者の平均である証拠金維持率100%と、一般的な海外FX業者の証拠金維持率20%では、耐えられる含み損が「1.6倍」も差があります。

強制ロスカット水準が証拠金維持率20%という日本人トレーダーに人気の海外FX業者だと、「XM」、「Axiory」、「Gemforex」、「TitanFX」が挙げられます。

ちなみに強制ロスカット水準が証拠金維持率0%というFX業者は海外でもほとんどありません。仮にあったとしてもライセンスを所有していない無許可業者であれば、出金拒否などトラブルに繋がるリスクがありますので避けた方がいいでしょう。

そんな中で唯一信頼できるFX業者が、「iForex」です。iForexは、英領バージン諸島のFSCのライセンスを所有しています。最大レバレッジは400倍ですし、証拠金維持率が0%にならない限り強制ロスカットになることもありません。

ボーナスも充実していますので、有効証拠金は入金以上になります。ですから同じ相場の変動でも他のFX業者よりも強制ロスカットになりにくいわけです。

iForexでは、国内FXと比較すると「2倍」の含み損まで耐えることが可能です。

ゼロカットシステムの利用

超ハイレバレッジだからこそわずかな変動で大きな含み益や含み損になるわけですが、そうなると

「もし証拠金維持率が0%を割り込んだ場合どうなるのだろう?」

という心配も出てくるでしょう。

結論から言いますと、「ゼロカットシステム」です。

時々、何かしらのサプライズによって相場が急変し、為替レートが飛ぶ場合があります。市場が混乱し、為替レートが提示できず、しばらくの時間取り引き停止になって、再び為替レートが示された際には強制ロスカットラインを大きく下回って証拠金維持率がマイナスになったケースも実際にあります。

国内FXであれば救済処置はありませんので、マイナス分は借金です。借金の追証が発生し、損失を埋める入金ができなければ資産の差し押さえなどになってしまいます。そう考えると国内FXはかなりリスクが高いのです。

しかし海外FXには基本的に「ゼロカットシステム」が採用されています。これは証拠金がマイナスになった際に、そのマイナス分をFX業者が負担してくれるというシステムです。

2016年のスイスフランショックでは実際に発動されています。ですからiForexの場合、証拠金維持率ギリギリまで粘りつつ、それでダメだったとしても証拠金維持率のマイナスは心配する必要はありません。

だからこそ大胆なトレードができるというのが海外FXの大きな魅力です。海外FXは「ハイリターンが期待でき、さらにリスクは限定的」という点で、国内FXとはまったく異なります。

つまり強制ロスカットに対する考え方を変えてもいいのです。20.0pipsの含み損で強制ロスカット。60.0pipsの含み益で利益確定だっとして、3回のエントリーで1回でも勝てれば20.0pipsの利益となります。

1Lot(10万通貨)のポジションしか保有していなかったとしても、これで2万円の利益です。25,000円の資金があればこのギャンブルトレードは充分に可能です。

国内FXでも千通貨まで取引単位を下げれば25,000円でもポジションは保有できますが、その場合、20.0pipsの利益でわずか200円ですからほとんど稼げません。

海外FXであれば「強制ロスカットは仕方がない」という割り切りが必要です。ダメだったら次の機会と切り替えた方がいいでしょう。

ここで下手に入金し、有効証拠金を増やして含み損に耐えようとすると中途半端になり、損失が大きくなってしまいます。

ゼロカットシステムがあり、借金になるリスクはまったくないわけですから、最低限の有効証拠金で取り引きしていくことが、強制ロスカットのダメージを軽減する方法です。

ただし5.0pipsの含み損にも耐えられないといった有効証拠金だと、エントリーした瞬間に強制ロスカットとなり、いくら取り引きを繰り返しても利益が膨らまないので、20.0pipsぐらいの含み損には耐えられるようにしておくのがいいでしょう。

資金を溶かさないための有効対策

順張りすべきか、逆張りすべきか

海外FXでは、「含み損にあまり耐えられない」という条件のもとで利益を出していく取り引き方法を考えていく必要があります。

そうなると「現状のトレンド」がとても重要です。このトレンドを利用していく方法として、「順張り」と「逆張り」があります。順張りは、そのままトレンドの方向についていく取り引きスタイルで、逆張りはトレンドに逆行した取り引きをします。

逆張りは、チャート上のサポートライン、レジスタンスラインといった節目で、為替レートが反発するという性質を有効活用した取り引きスタイルですが、エントリーした瞬間はトレンドに逆行しているポジションを保有しているため含み損が発生しやすいという面もあります。

耐えられる含み損が限定的だからこそ、この逆張りは超ハイレバレッジの取り引きでは不向きです。逆張りを積上げていく「ナンピン」という手法は海外FXでは禁じ手という認識でいいでしょう。

抵抗線まで為替レートが近づいたら利益確定。ブレイクしたらまた順張りしてついていくというスタイルが理想的です。

為替レートで反発したらエントリーは一端見送り、どちらかのトレンドが強くなるまで待つのがいいでしょう。FXは24時間取り引きできるという点がメリットですが、そのためにどうしても常にポジションを保有したがる傾向があります。

超ハイレバレッジですから一度の勝ちで大きな利益を獲得できますので、チャンスのときだけエントリーすることが大切です。

「待つのも相場」という言葉がありますが、海外FXの場合は特にそれが当てはまります。

参考にするローソク足チャートは、短い期間のものよりも長い期間の方を重要視すべきです。1分足チャートや5分足チャートといった短期チャートは、変動が激しく読みにくい傾向があります。

短期チャートでのレジスタンスラインやサポートラインをブレイクしても、「ダマし」になりやすく、そうなると順張りしても反発に飲み込まれて強制ロスカットになる可能性が高まります。

1時間足チャートの動き、日足チャートの動きもしっかりと注目しながら強いトレンドが発生しているのか、抵抗線はどこになるのかを確認してください。長期チャートであればダマしの発生も少なくなるので、トレンドに乗りやすくなります。

資金管理の重要なポイント

FXで資金を溶かす人の特徴は、「感情的に取り引きしてしまい、資金管理がおろそかになる」という点です。その典型が「損切り」ができないというパターンになります。

主要通貨ペアの為替レートであれば、トレンドが発生し、一時的に急騰、急落することがあっても長い目で見ると、また回復するという傾向があります。特に米ドル/日本円はそういった特徴が強いですので、一時的に含み損を抱えても、「もしかしたら為替レートが回復して、この含み損は含み益になるかもしれない」と損切りできなくなりやすいのです。

確かにいずれは為替レートはまた元の価格に戻るでしょうが、それは1年後かもしれませんし、5年後かもしれません。そこまでの期間に含み損がさらに膨らみ、損失が大きくなって耐えられなくなる可能性もあります。

超レバレッジで損失も大きくなりやすい海外FXですからこそ、証拠金の追加入金でしのぐことはやめましょう。強制ロスカットになるまで入金しないというスタイルで充分です。

切り替えて次のチャンスをうかがうべきです。誰でも損失が確定するのは嫌なことですが、そこは避けては通れません。負けた分を取り戻そうと感情的になって売買を繰り返すのもNGです。

今日はマイナスでも、明日がプラスになればいいのです。冷静になってチャートを分析できるまで、取り引きはしないというスタイルがいいでしょう。

長期でポジションを保有するのであれば、この超ハイレバレッジを利用して、最低限のポジション量を保有しましょう。つまり「実効レバレッジを引き下げる」という方法です。

具体的に、XMで取り引きしている米ドル/日本円(1ドル106円)のふたつの例を比較してみます。XMは入金100%ボーナスがあり、入金額が10万円でもボーナス10万円で有効証拠金が20万円になります。

それだけ多くのポジションを保有できるのですが、実効レバレッジを下げると余裕を持った取り引きが可能です。

  • Aさん 有効証拠金20万円 15Lot(150万通貨)保有 必要証拠金179,055円
  • Bさん 有効証拠金20万円 1Lot(10万通貨)保有 必要証拠金11,937円

Aさんはポジション量が多いので、この状況だと10.7pipsほどの含み損で強制ロスカット。ボーナスよりも入金した残高が優先してマイナスになるので、元本はすべて失います。残ったのは出金できないボーナスの4万円だけです。

Bさんはポジション量が少ないので、160.0pipsほどの含み損まで耐えることが可能です。これでも1円の変動で10万円の利益を得ることができます。

国内FXであれば10万円の入金で10万通貨も保有することは不可能です。できても2万通貨が限界ですから、1円の変動でも2万円の利益、しかもこの状況だと152.0pipsの含み損で強制ロスカットです。

超ハイレバレッジは、ポジションを保有しすぎるからハイリスクになるのであって、耐えられる損失を考えて資金管理を行えば、国内FXよりもハイリターンを狙うことができ、かつ、含み損にも耐えやすくなるのです。

「超ハイレバレッジ=ハイリスク」では決してありません。無理にポジションを保有するからそうなるのであって、余裕を持って取り引きをすれば国内FXよりも強制ロスカットになりにくく、長期でポジションを保有することもできます。

そして大きなチャンスが訪れたら決済し、利益確定すればいいのです。資金管理をしっかりと行えば、「超ハイレバレッジ=ローリスク」であることがわかります。

XMであれば最大レバレッジは888倍ですが、それだけ多くのポジションを保有できると考えるのではなく、それだけ余裕をもって取り引きができると考えて海外FXを活用できると、資金を溶かすリスクはかなり軽減できます。しかもそれでも充分に利益を出すことが可能なのです。

ちなみに海外FXでは残高に応じてレバレッジに制限がかかるケースがあります。XMであれば口座残高が2万ドル以上になると最大レバレッジは200倍です。

こうなると証拠金維持率にも影響してきますし、許容できる損失も変わってきますので注意してください。対応策としてはオーバー分は出金して調整するというのがいいでしょう。

Axioryでも口座残高10万ドルで最大レバレッジ300倍に制限、Gemforexも口座残高20万ドル(200万円)以上で最大レバレッジが500倍まで制限がかけられます。その点のルールも事前にしっかりと確認しておくべきです。

まとめ

国内FXと海外FXでは条件が大きく異なります。国内FXと同じ感覚で取り引きしていると資金を溶かしてしまう危険性がありますので、改めて海外FXの特徴を確認してください。

「超ハイレバレッジ」、「強制ロスカット水準の低さ」、「ゼロカットシステム」といった海外FXの特徴を有効利用していけば、資金を溶かすリスクやダメージを軽減することができます。

大切な資産ですから、溶かすことなく、海外FXで効果的に増やしていきましょう。

● 当サイトの厳選ランキング! ●

1位XM Trading (エックスエム)評判レビュー公式サイト
2位Gemforex (ゲムフォレックス)評判レビュー公式サイト
3位iForex (アイフォレックス)評判レビュー公式サイト
4位TitanFX (タイタンFX)評判レビュー公式サイト
5位Axiory (アキシオリー)評判レビュー公式サイト