【海外FX・入金方法一覧】拒否される方法とは?

入金・出金方法

● 当サイトの厳選ランキング! ●

1位XM Trading (エックスエム)評判レビュー公式サイト
2位TitanFX (タイタンFX)評判レビュー公式サイト
3位BigBoss (ビッグボス)評判レビュー公式サイト
4位iForex (アイフォレックス)評判レビュー公式サイト
5位Exness (エクスネス)評判レビュー公式サイト
ハイローオーストラリア評判レビュー公式サイト

 

※GemForexは現在サービスを停止しています
GemForexは、集団による第3者名義貸し・口座転売等が同時期に発生した事で資金難に陥り、大幅な出金遅延につながったため、2023年5月31日(水)にサービスを一時停止しました。
GemForexはサービス停止後の新規発注は停止しており、今後は事業継承を行い、事業継承が完了し次第サービスを再開する予定です。

プリペイドカードとデビットカードを混同するサイトが溢れていて意味不明になっています。
海外FXトレーダーが困っているだろうとFPがこの記事を書きました。

海外FXでは使えなくなった入金方法があり、最近ではペイペイ銀行が話題になりましたね。

今回は「拒否されてしまう入金方法」と「可能な入金方法」を特集します。

Googleプレイカードやアップルのプリペイドカードなど、他ではあまり書いていないカードも調べました。

入金が拒否されても他の方法でできます。
出金は銀行にできたりするので、慌てずに出金で悩んでいる人もぜひ読んでいってください。

今回の解説ポイント
・海外FXの入金ができなくなった方法一覧
・海外FXで使える銀行・クレジットカード一覧(2023年版)
・入金方法別気を付けること

海外FXにプリペイドカードで入金できる?【結論】

海外FX口座に入金するとそのお金は「証拠金」と表示されてトレードに使うことができます。

今回は海外FX口座に入金できるプリペイドカードを探るわけですが・・・
ここで残念な結論です。

「個人にきちんと紐づけされていない金融系カードは使えない」と思っておいたほうが良いです!

つまり、「普通に考えてプリペイドカードは海外FXの入金には使えないね」ということです。

例外もありますが基本はこうです。
「使えません」とつっぱねる主体が海外FX業者のこともありますし、プリペイドカード発行者の場合もあります。

理由はなぜなのでしょうか?
簡単に解説します。

第一の理由はやはり、犯罪防止・不正防止です。

プリペイドカード
マネーカードで「個人情報を登録しなくても現金をチャージすれば使える」という特徴を持っています。

そんな中、2022年に起きた「ペイペイ銀行の件」が有名です。
これは銀行側が海外FXへのデビットカード入金を禁止した出来事です。

プリペイドカードの事件ではないですが見てみましょう。
(プリペイドカードとデビットカードの違いは「プリペイドカードとデビットカードの違いとは」で)

ペイペイ(PayPay)銀行の件とは

電子マネーのペイペイと紐づけられたペイペイ銀行はとても便利です。

それなのに、何故XMを排除してしまったのでしょうか?

ペイペイ銀行の件ざっくり

(2022年の2月頃)XMはデビットカードでの入金キャンペーンをしていました。
しかしそれ以前に、既にペイペイ銀行ではオンラインカジノや海外投資関係へ入金することができなくなっていたのです。

ペイペイ銀行公式ページより


これが決まったのが2021年8月だったのですが、知らずにペイペイのVisaデビットカードでXMに入金しようとしてびっくりしたトレーダーが多発したということでした。
PyaPay(ペイペイ)銀行によると、この措置は顧客保護のためとのことでした。

【間違えやすい】ペイペイ「銀行」からの入金はできてしまう

海外FXへの入金ができない事がはっきりしているのは「ペイペイ銀行のデビットカード」だけです。

※ペイペイ銀行そのものの口座から、PC画面の銀行送金をすると他の理由がない限りは入金はできます。
こちらも急にできなくなる可能性はあります。

しかし、デビットカードと銀行そのものを勘違いして間違えてすぐに絶望しないようにしましょう。

プリペイドカードとデビットカードの違いとは

  • 「プリペイドカード」はカードにあらかじめお金をチャージして支払いや入金などに使うものです。
    個人情報を登録しなくても使えます。
    コンビニで売っているgoogle play ギフトカードなどがそうです。
    銀行が発行することもあります。
    ※住所や電話番号などの個人情報と紐づけられていないため、犯罪に使われる可能性があるとされます。
  • 「デビットカード」は銀行が発行します。
    カードの持ち主が支払いや入金をすると即座にその人の銀行口座からお金が引かれます。
    クレジットカードと違って後払いではないので厳しい与信審査などがありません。
    誰にでも持てると軽く書いたサイトがありますが、そもそも引き落とし口座がなければ作れません。
    ということは、個人情報も含んだカードとなります。
    ※プリペイドカードよりは信用力のあるカードなので犯罪にも使われにくいです。

以上がこの2種類のカードの違いです。
ではこれから、間違えやすい入金方法を少し整理します。

銀行そのものとデビットカードの違い

・銀行というのは「銀行」です。
給与が振り込まれたりする銀行のことです。

ゆうちょ銀行など実店舗があるとイメージが湧きやすいですね。
ペイペイ銀行も実店舗はないけれどネット上で営業している銀行です。

・ペイペイ銀行のデビットカードは「ペイペイ銀行が発行したデビットカード」です。
上の写真のようにカードの実体があります。

正式な名前は「Visaデビットカード」でカードで買い物ができる仕組みです。
ただし、後払いではなくて「買い物をすると同時に自分のペイペイ銀行からお金が差し引かれ」ます。

これが、海外FXで使えないペイペイ銀行のデビットカードです。

※上の写真だと左側が話題になっていた「ペイペイ銀行のVisaデビットカード」です。

実は、ペイペイ銀行では「銀行カード」と「デビットカード」は同じ1枚のカードでこれら2つの役割を果たしています。
ペイペイ銀行で発行された銀行カードで、デビットカードのお買い物もできてATMでお金を引き出すこともできるのです。
使いすぎを防ぐとか家計を上手に管理するとか良い使い方ができて便利に作られています。

ただし、もう1枚似たようなカードがありそれが「ペイペイカード」です。

デビットカードとクレジットカード(ペイペイカード)の違い

ではクレジットカードはどうでしょうか?

上の写真で右側がペイペイが発行したクレジットカード「PayPayカード」です。
これはペイペイ銀行の口座がなくても作ることができ、他のクレジットカードと同じように使えます。
例えば、「ライフカード」「セゾンカード」「石油会社発行のクレジットカード」などです。

デビットカードとの大きな違いは【後払い】なことです。

クレジットカードは全て「〇月〇日までの利用の請求は翌月の△日」などと決まっています。

海外FX口座にクレジットカードで入金するときには、買い物をするときと同じ流れになりクレジット会社側もそのように取り扱います。
それが理由なのか、ペイペイカードでのクレジットカード入金ができることがあります。

「ペイペイ」「PayPay」と聞いただけで「もうだめだ」と早合点しなくてよいかもしれませんので、もう一度手元のカードを確認してみましょう。

海外FX業者(XM)に入金する6つの方法

※海外FX業者は自分の口座に入金しないとトレードができません。

海外FXはどうやって入金するのか全体像をつかんでおきましょう。
ここでも一番の人気業者である「XM」を例にあげてみます。
6つの方法全てXM側に支払う入金手数料は無料です。

  1. VISAカード
  2. JCBカード
  3. Bitwallet
  4. STICPAY
  5. 国内銀行送金
  6. BXONE

①②の「VISAカード」「JCBカード」がクレジットカード入金です。
使いたいクレジットカードにどちらかのマークがあれば、基本は使えます。
クレジットカードの利用金額いっぱいだとか、海外FXとは関係のない制限があって使えないときもあるので気を付けてくださいね。

③④⑥は決済代行会社です。
怖いイメージがありますが、Bitwalletは世界中で使われていて慣れると楽なので使うトレーダーは多いです。

※XMでの詳しい使い方はこちら
【画像つき】XM(XM Trading)の入金・出金解説!
XMの評判ってどう?9年使い続けてわかったXM Tradingのチートとは?

※海外FXの入出金おすすめな方法はこちら
海外FXの入金と出金をメリットとデメリットで比較!(ネタバレ→bitwalletを使おう)

GemForexの入金事情について

海外FX業者の入金方法はXMとそんなに大差ありません。
ただし、XMと同じくらい人気が高いGemForexの状況は違います。

GemForexの入出金でBitwalletなどの仲介業者を通す方法は、メンテナンス中になっていて使えないようです。

とはいえ、銀行送金が使えなくなることはまずないので困ったときは銀行送金を使うと良いです。

GemForex(ゲムフォレックス)レバレッジ5000倍の評判ってどう?人気ボーナスは釣りなのか?
【保存版】GemForexのおすすめ入出金方法を画像つきで解説!
【知らなきゃ損!】GemForexのお財布口座がこんなにすごい!

海外FXで拒否される入金方法一覧【業者別】

FX業者ではないのですが、「ハイローオーストラリア」も話題に上りやすいので一覧に入れておきました。
使えていたのに使えなくなったものもあります。

※それから、これは【入金】のときだけの話です。
入金はできないけど出金はできる銀行があったりします。

※出金できない銀行の特集はこちら
イオン銀行は使えない!は嘘?XMで入出金できる国内銀行一覧【2023年最新版】

【ハイローオーストラリア】と【ザ・オプション】を29項目で徹底比較!
【ゼロからわかる!】ハイローオーストラリアと海外FXの違いとは?

【海外FX業者別】拒否される入金方法

拒否される方法には「x」、大丈夫な方法には「〇」をしています。

銀行

銀行送金という形で海外FX業者のアカウントやトレード口座に入金できるかどうかです。
ネット銀行とリアル銀行があります。
入出金で話題になったところを中心に気になる銀行を調べてみました。

XM Trading (エックスエム)Gemforex (ゲムフォレックス)iForex (アイフォレックス)TitanFX (タイタンFX)BigBoss (ビッグボス)ハイローオーストラリア
PayPay銀行
イオン銀行
楽天銀行
ソニー銀行
ゆうちょ銀行
SBI銀行
みずほ銀行
(ネット支店ではX)

(ネット支店ではX)

(ネット支店ではX)

(ネット支店ではX)

(ネット支店ではX)

(ネット支店ではX)

以前はネット専業銀行のほうが融通が利いて出金も入金もすぐできるところばかりでした。
今はなにか金融庁に言われてしまったのか、ここに書いている以外のネット銀行もできるところがなくなってしまいました。

特にじぶん銀行の規制は炎上レベルで騒ぎになりましたね。
最近は使う人があまりいないので一覧からは外しています。

なぜか入出金ともにリアル店舗を持つ銀行のほとんどができます。
特に面白いのが地方銀行で、あまり厳しくないのか大体全てのところができます。
ただし地方銀行も今後方針が変わるかもしれないので、入出金のときは使っている業者に問い合わせるのが正確です。

おおまかな印象としては「出金できない銀行も入金はできる」ことが多いです。

クレジットカード

クレジットカードの名前は無限にあります。
しかし、決済を通す会社はVISAやMasterなど数社しかありません。
持っているクレジットカードに「VISA」のマークがあればVISA系のカードということになります。
「VISAが使える」ならVISA系は全て使えることになります。

XM Trading (エックスエム)Gemforex (ゲムフォレックス)iForex
(アイフォレックス)
TitanFX
(タイタンFX)
BigBoss
(ビッグボス)
ハイローオーストラリア
VISA系
Master系X
JCB系XX
DinersXXXXX
American expressXXXXXX
上のほうにも書きましたが、「銀行カード」「デビットカード」「クレジットカード」を間違えないようにしましょう。

ペイペイは銀行カードとデビットカードが1枚にまとまっていますが、三井など別々に発行する銀行もあります。

それから、三菱UFJ銀行のように「無登録業者とのクレジットカード取引を停止する場合がある」と注意書きを出している銀行もあります。

誤解を防ぐには高額すぎる入金を繰り返すなど不穏に思われる入金はやめて1日の最高入金額ギリギリまでにするなど気を付けることです。
こういった注意書きは大きな都市銀行を中心に書かれるようになってきています。

しかし今月(2023年2月)もハイローオーストラリアから三菱UFJ銀行に出金できたので、びっくりするほどの高額でなければ気にしなくて良いようです。

デビットカード

XM Trading (エックスエム)Gemforex (ゲムフォレックス)iForex
(アイフォレックス)
TitanFX
(タイタンFX)
BigBoss
(ビッグボス)
ハイローオーストラリア
PayPayカードXXXXXX
三菱UFJ銀行デビットカードXXXXXX
その他銀行系デビットカードXXXXXX
海外業者発行のデビットカード(※)

デビットカードもクレジットカードのようにVISAやMasterのマークがあり普通なら使えます。
しかし、発行している国内銀行のほとんどが海外FXやバイナリーオプションへの送金を停止しているので結局できないことになってしまいます。

※ただし国内銀行系のデビットカードだけの話で、海外FX業者発行のデビットカードは使えることがあります。
「VISAデビット」といった名称のものです。
それから海外FX業者が発行していることもあります。
人気の海外FX業者だと、例えばたとえばLAND-FXが発行していて一応使えます。

LAND-FX(ランドFX)の評判ってどう?【独自比較】8メリットと4デメリット

プリペイドカード

XM Trading (エックスエム)Gemforex (ゲムフォレックス)iForex
(アイフォレックス)
TitanFX
(タイタンFX)
BigBoss
(ビッグボス)
ハイローオーストラリア
Google PlayギフトカードXXXXXX
ApplePayギフトカードXXXXXX
iTunesカードXXXXXX
webmoney カードXXXXXX
NEOMONEYサービス終了サービス終了サービス終了サービス終了サービス終了サービス終了
マネパカード新規登録中止新規登録中止新規登録中止新規登録中止新規登録中止新規登録中止
LAND-FXカードX

コンビニで売っているプリペイドカードも含めて、気になるプリペイドカードを調べてみました。

Webmoneyはコンビニで売っているカードとは別にネット上で主に展開するWM Transfer LtdのWebMoneyがあります。
こちらは過去には海外FXへの入金ができていましたが、現在できるのはLAND-FX他数社のみになっています。

Google PlayではFBSに入金できた報告があります。

三井住友のVISAプリペイドカードが使えたようですが、三井住友は国内の金融機関なのでここが「扱わない」と決めてしまうと使えなくなります。
一覧ではいちおうすべて「X」にしてあります。

ペイパルなどの決済代行会社

入出金のルールが厳しくなったGemForex以外はBitwalletもSTICPAYも使えます。

XM Trading (エックスエム)Gemforex (ゲムフォレックス)iForex
(アイフォレックス)
TitanFX
(タイタンFX)
BigBoss
(ビッグボス)
ハイローオーストラリア
ペイパルXXXXXX
bitwalletX
STICPAYX

ネッテラーなど過去に使いやすかったところは、日本向けサービスそのものを停止しています。

銀行送金の実際

海外FX業者側からは国内銀行からの送金を禁止していません。
全ての日本語対応海外FX業者でそうです。
しかし、国内の銀行側で禁止してしまうことがあります。

とはいえ、銀行から海外FXアカウントへお金を送る(この記事では入金といっています)ことは特に禁止していないところがほとんどです。

出金について少しだけ

「ペイペイのプリペイドカードから入金できた時期に入金したということは、今は出金もできないの?」
こんなふうに不安になりますね。

GemForexをはじめ海外FX業者のほうでも、出金できない方法を増やしているところがあります。
国内銀行のなかで出金できるところに口座を持っておくかBitwalletなどのアカウントを持っておくと安心でです。
出金の特集はいくつかあるので読んでみて下さい。

イオン銀行は使えない!は嘘?XMで入出金できる国内銀行一覧【2023年最新版】

まとめ【救いは取次システム】

XMは入出金の取次の会社を通して銀行送金をしやすくしてくれています。
なんとかできるものですので、諦めず落ち着いて入金方法を探しましょう。
このサイトでおすすめしている大手海外FXでは日本語で丁寧に入出金方法を解説してくれています。

※それぞれの海外FX各評価はこちら
海外FXの評価レビュー

● 当サイトの厳選ランキング! ●

1位XM Trading (エックスエム)評判レビュー公式サイト
2位TitanFX (タイタンFX)評判レビュー公式サイト
3位BigBoss (ビッグボス)評判レビュー公式サイト
4位iForex (アイフォレックス)評判レビュー公式サイト
5位Exness (エクスネス)評判レビュー公式サイト
ハイローオーストラリア評判レビュー公式サイト