メタトレーダーは海外FXと国内FXどちらで自動売買取引したほうがいい?

ツール

FX(外国為替証拠金取引)の売買をする際に使用するトレードプラットフォームの中で、世界的に最も普及しているのが「MT4」や「MT5」です。

国内FX業者でも採用しているところが増えてきていますが、国内FXの場合、実は制限がかけられているので、そのパフォーマンスを充分発揮できているわけではありません。

今回は、同じMT4を使えたとしても、国内FXと海外FXでは何が違うのか。そもそもMT4やMT5を使用することで、どんなメリットがあるのかについてお伝えしていきます。

これを読めば、MT4やMT5でFXの利益を伸ばしていきたいのであれば、海外FX業者を選択すべきだということがはっきりとわかります。

今回の記事のポイント!
MT4・MT5による自動売買取引のメリット
国内FXと海外FXでのMT4・MT5の利用制限の違い

自動売買取引をするならMT4・MT5がおすすめ

MT4とMT5の特徴と利用できる海外FX業者

Metaquotes Ltd.(2019年からMetaquotes Software Courpから表記名変更、本社もロシアからキプロス共和国へ移動)が開発し、無料で提供しているトレードプラットフォームが、「MT4」(Meta Trader4)、そして「MT5」(Meta Trader5)です。

MT4は2005年からサービスが開始され、MT5は2010年からサービスを開始しています。MT5の方が後継で、ハイスペックということになります。MT4のアップデートはもう終了しており、Metaquotes Ltd.はMT5のアップデートのみを継続していますから、MT4とMT5のスペック差は今後開いていくことになるでしょう。

それでもなお世界市場でのシェアは、MT5よりもMT4の方が高い状態です。2018年のシェアは日本市場を除くと「55%」がMT4となっています。これにはいくつかの理由があり、詳しくは後述しますが、MT4とMT5ではプログラム言語が異なるため(MT4はMQL4、MT5はMQL5)、互換性がないという点が大きな理由のひとつです。そのためMT5のサービスに切り替えず、MT4のサービスをそのまま提供し続けているFX業者も多いわけです。

【大手海外FX業者のトレードプラットフォーム】

XM Trading → MT4・MT5ともに使用可能
iForex  → MT4・MT5ともに対応していない
Gemforex  → MT4のみ使用可能
Titanfx  → MT4・MT5ともに使用可能
Axiory → MT4のみ使用可能

以上の5社は、ライセンスも所有しており、日本人トレーダーも多く利用しているおすすめの海外FX業者です。

もちろんMT4やMT5以外にもトレードプラットフォームはあります。例えばAxioryはMT4以外にもcTraderといった裁量トレードのスキャルピングに特化したトレードプラットフォームを採用していますが、MT4・MT5以外の情報について今回は割愛させていただきます。

なお、MT4とMT5を比較した場合、「動作スピード」に差があります。特にスキャルピングのような超短期売買の場合は、約定のわずかな遅延が積み重なると大きな差に繋がりますので、MT5の方を選択した方が環境はいいでしょう。

板情報といって、株式の取り引きではよく目にしますが、現在の為替レートの上下にどのくらいの注文が入っているのかわかる機能もMT5は持ち合わせています。ただしこちらはXM、Titanfxでは利用できません。

インジケーターの充実度

MT4・MT5を使用する魅力のひとつが「テクニカルインジケーターの充実度」です。国内FX業者のオリジナルトレードプラットフォームであれば、インジケーターは数種類程度ですが、MT4だと標準搭載しているインジケーターの数は「30」、MT5だと「38」もあります。これがMT4・MT5がFX中級者・上級者向けのトレードプラットフォームと呼ばれている理由です。

FXのテクニカル分析はもちろんチャートを利用します。そこで為替レートの節目を読み取り、売買することで勝率を高めていくわけですが、為替レートの節目というのが参考にするインジケーターによって異なります。

ここでポイントなのが、「より市場心理を見抜けるインジケーターを利用すること」、「なるべく多くのトレーダーが参考にしているインジケーターを利用すること」です。ですから種類が多ければいいというものでもありません。

一般の一流トレーダーが開発した最新のインジケーターもダウンロードして、簡単に利用することができるという点が優れています。「カスタムインジケーター」も充実しているのです。トレーダーが重要視するインジケーターも時代と共に変化していきます。そこに柔軟に対応できるのがMT4とMT5の強みです。

ちなみにローソク足チャートの時間足は、MT4が9種類であるのに対して、MT5は21種類と豊富です。2分足、3分足、4分足といったようにかなり細かく分けて分析することできるのがMT5です。

国内FX業者が独自に提供しているトレードプラットフォームでもインジケーターは搭載されていますが、基本的に初心者向けのメジャーなものが大多数です。

種類がかなり絞られているので整理しやすい反面、限定的な分析になってしまい、トレード力をさらに向上していきたい中級者には物足りないものがあります。

よりFXを突き詰めていきたいのであれば、FX初心者であっても最初からMT4やMT5にチャレンジしていくべきでしょう。

EAで様々なストラテジー(戦略)を実践可能

MT4やMT5を利用する最大のメリットは、「自動売買ツールによるシステムトレードの充実ぶり」です。その数はもはや数え切れないほどなのです。

なぜそれほどまでに自動売買ツールがあるのかというと、MOL4やMOL5といったプログラミング言語を勉強すれば誰でも自分で自動売買ツールを開発できるからです。このMT4やMT5で使用する自動売買ツールを「EA」(Expert Advisor)と呼んでいます。

MT4やMT5であれば、超一流トレーダーが開発した最新EAをダウンロードして、自分の感覚で売買する裁量トレードではなく、超一流トレーダーのストラテジー(戦略)による24時間自動売買も可能です。

寝ている間(この時間帯が、世界的には一番取り引きが活性化する時間帯です)や、仕事や家事をしている間もEAがどんどん利益を積上げていってくれます。まさに不労所得です。

トレーダーは、最小限チャートの状況を確認するだけで充分です。1日2回くらいですから負担にもなりません。

もちろんそれだけの成果を出すEAですから高価なものになりますが、実はEAは無料で提供されているものもあり、簡単に手に入れることもできます。特にもともとEAを開発する会社であった「Gemforex」では、「EA使いたい放題サービス」を行っています。

有料だと実際に使ってみて効果がなければ損するだけですが、無料の使いたい放題であればいろいろなEAを試しに使ってみることができます(MT4対応のEAのみです)。

1週間以内、1ヶ月以内での成績ランキングや人気ランキングも掲載されていますので、システムトレード初心者でもEAを選択しやすくなっています。Gemforexではトレーダーを4つに区分しており、ステータスは口座残高によって異なります。このステータスによって月にダウンロードできるEAの数が決まっています。

【Gemforex:EA使いたい放題サービス】

ビギナーズ → 口座残高5万~10万円 月に1つEAがダウンロード可能
アドバンス → 口座残高10万~20万円 月に3つEAがダウンロード可能
プロフェッショナル → 口座残高20万~30万円 月に5つEAがダウンロード可能
マスターズ → 口座残高30万円以上 無制限でEAがダウンロード可能

気にせずバンバンEAをダウンロードして試していきたい人は、口座残高は30万円以上を維持するようにしてください。EAは複数稼働することもできます。米ドル/日本円はこのEAで、トルコリラ/日本円はこのEAでというように使い分けもできるというわけです。

通貨ペアによってEAの成績も変わってきますので、複数稼働させた方が効果は出やすいです。

ただし、パソコンは24時間起動させておく必要があり、スペックによる問題も浮上してきますので、VPS(Virtual Private Server:仮想専用サーバー)のサービスも同時に利用するのがいいでしょう。

これだと自然災害で停電してもEAは別の場所のサーバーを利用しているので問題ありませんし、電気代のコスト削減にもなります。XMやGemforexは無料でVPSを利用できるサービスも提供しています。

またMT4やMT5にはEAのバックテストの機能があり、過去の為替レートの変動に対してどれだけの利益を出せるのか、どれだけの損失になるのかをテストすることができます。実際にしっかり対応できているのか確認できるのも、システムトレード初心者には嬉しい点です。

裁量トレードでいくら頑張っても成果が出ないという人には、多少のコストがかかってもMT4やMT5でシステムトレードをしてみることをおすすめします。

そこで問題になるのが、MT4を利用しても国内FXと海外FXではかなり環境が違うということと、システムトレードといっても国内FXと海外FXでは、選択肢にかなり差があるということです。ここからは国内FXと海外FXの違いについて詳しくお伝えしていきます。

国内FXと海外FXではMT4の利用方法が違う

国内FXではMT4に制限をかけているケースが多い

国内FXの場合は、自社で開発したトレードプラットフォームを提供しているFX業者の数が圧倒的です。ですからMT4が利用できるFX業者には限りがあります。MT5となると国内では1社、2社という数です。

さらに注意しなければならないのは、MT4が利用できたとしても、制限がかけられているケースが多いということです。

【国内FX業者のMT4の制限の例】

インジケーターは標準に搭載しているもののみ。ダウンロード不可。
EAにはそもそも対応していないので、EAによるシステムトレード不可。

インジケーターもEAもダウンロードできないのであれば、そもそもMT4を使う必要性があるのかという話です。MT4のメリットを全部削除しているようなものです。

ですから国内FXで「うちはMT4が使えるよ」と宣伝していても、よくその内容を確認する必要があるでしょう。特にEAが使えないのは致命的です。

その点、海外FX業者には制限がありませんから、「インジケーターがダウンロードできるのだろうか?」、「EAによるシステムトレードができるのだろうか?」といった心配をしなくて済みます(海外FXでも、MT4やMT5を採用していないFX業者は別です)。

つまり、MT4の本来のパフォーマンスを発揮するためには、国内のFX業者ではなく、海外のFX業者を選んだ方が得策だといえます。

MT4という名前だけで国内FX業者を選んでも宝の持ち腐れということになってしまいます。MT4やMT5の最大の強みは、最新の為替相場にマッチしたインジケーターやEAを使える点であることを忘れてはいけません。

国内FXはオリジナルの自動売買ツール限定

それでは国内FXでは自動売買ツールを利用したシステムトレードができないのか?というと、そういうわけではありません。国内のFX業者でもMT4が利用できなくても、システムトレードをウリにしているところは増えてきました。

しかしEAを利用したシステムトレードとは明らかに大きな違いがあります。

ひとつは、「自動売買ツールが限定されている」という点です。単純に買いか売りかを選択し、値幅を決めてあとは自動売買ツールに任せるだけといったものです。設定がとてもシンプルですが、このひとつの方法しか提供していないので、通貨ペアや値幅を決めるぐらいですべて同じトレードスタイルになります。

もちろんシステムトレード初心者にとってはわかりやすい仕組みですが、これだけでスプレッドが広くなり、コスト増になります。

EAであればいろいろなインジケーターを参考にして売買のラインを決め、自動取引をしてくれるものなど多彩です。種類が豊富な分だけ選ぶのに悩むという側面はありますが、状況によっていろいろ使い分けできるので、それだけ勝てる可能性も高まります。

システムトレードが1種類だけというのは、さすがに限定的すぎて臨機応変な対応は困難です。

もうひとつは、「いろいろなストラテジーを選べたとしても、そもそも開発者が少ない」という点です。システムトレードの方法がひとつではなく、選択肢が豊富にはなっている国内FX業者もあります。

選択肢が多いのはメリットになりますが、MT4のEAを開発している人たちが世界規模に対して、日本国内のさらに限定された人たちの中だけで開発され、提供されているものなので、実績面で不安があります。利用しているトレーダーの数が少ないので、説得力に欠けるのです。

しかも国内FXでシェアの高い大手の業者は、システムトレード自体に対応していなかったりもします。

その点、MT4やMT5のEAの開発者は、世界中の敏腕トレーダーであり、利用者の数も比較になりません。そこで確かな実績をあげているということは、かなり信用できる自動売買ツールということです。

ある程度高額なEAであったとしても、その分だけ利益を出すことができるのであれば必要な投資です。

また、EAは自分でプログラミングすることも可能です。プログラミングが苦手な人でも比較的楽に開発できるようなサイトが多くありますので、自分なりのストラテジーを反映した自動売買ツールを開発したいという人はチャレンジしてみるのもいいのではないでしょうか。

成果が出るのであれば、それを売り出すことも可能です。この点もMT4が人気を誇っている理由のひとつでしょう。

つまり同じシステムトレードにしても、国内FXと海外FXでは、規模も成果もまったく異なるのです。だからこそここまでMT4のシェアが高いわけです。世界中のトレーダーはFXで勝つために、海外FX業者のMT4やMT5を利用しているのです。

海外FXでのシステムトレードの注意点

便利なシステムトレードですが、海外FXで超ハイレバレッジの取り引きをする場合は注意してください。余剰金によってはあっという間に強制ロスカットになってしまうリスクもあります。

許容できる損失をしっかりと確認したうえで、EAを利用していきましょう。

また、完全にEAに任せっきりになるのではなく、毎日チャートを確認することや、ファンダメンタルズ要素についての情報には敏感になっておく必要があります。急変があった場合はEAの稼働を止めることや、設定を変えることなどを検討しなければなりません。

そういった最低限の勉強や努力は、FXで勝つためには不可欠です。

成果を出せないEAについてはすっぱりと切り捨てることも重要です。特に古いEAを使い続けても成果を出すことは難しくなりますので、新しいもので自分のトレードスタイルに合ったものを定期的に探すこともしていきましょう。

なかなかEAを使って成果が出ない場合は、EAのバックテストだけではなく、現在の為替相場の変動に対してどのくらいの成果をあげているのかというフォワードテストもしっかり確認してください。

さらにバックテストやフォワードテストには、スプレッドやスリップページが反映されていませんので、実際に利用すると利益幅は狭くなります。その点の考慮も忘れずにしてください。公開されている勝率よりも実際は低くなるという傾向があります。

また、MT4とMT5はプラグラミング言語が異なるので、MT4のEAをMT5で使うことはできません。逆も然りです。そうなるとEAの品揃えが充実しているのがMT4なので、どうしてもMT5に切り替えられないトレーダーや、MT5の提供に消極的なFX業者も多くなります。

MT5のシェアが思うように伸びないのはそのあたりが原因です。EAを購入する際は、MT4用なのか、MT5用なのか間違えないように注意してください。

まとめ

FXにおいて最も愛用されているトレードプラットフォームが、MT4やMT5になりますが、本当にその性能を発揮し、勝率を高めてくれるのは海外のFX業者が提供しているMT4やMT5です。

その違いを事前に把握しておき、海外FXで最先端のインジケーターやEAを利用し、FXの利益を積み上げてください。

特にどうしても感情的になって取り引きしてしまい、損失が大きくなるという悩みを抱えている人は、自動で利益確定・損切りをしてくれるシステムトレードはおすすめです。方法を変えれば、成果も大きく変わってきます。

ぜひ一度、MT4やMT5のEAを利用したシステムトレードも体験してみてください。大切な資産ですから、効果的に増やしていく方法を検討していきましょう。

● 当サイトの厳選ランキング! ●

1位XM Trading (エックスエム)評判レビュー公式サイト
2位Gemforex (ゲムフォレックス)評判レビュー公式サイト
3位iForex (アイフォレックス)評判レビュー公式サイト
4位TitanFX (タイタンFX)評判レビュー公式サイト
5位Axiory (アキシオリー)評判レビュー公式サイト