AXYORYを使い倒す!達人がやっている活用テクニック3選

取引方法

● 当サイトの厳選ランキング! ●

1位XM Trading (エックスエム)評判レビュー公式サイト
2位Gemforex (ゲムフォレックス)評判レビュー公式サイト
3位iForex (アイフォレックス)評判レビュー公式サイト
4位TitanFX (タイタンFX)評判レビュー公式サイト
5位Axiory (アキシオリー)評判レビュー公式サイト
ハイローオーストラリア評判レビュー公式サイト


せっかく開設した海外FX口座、

業者の個性を生かした手法で最高のパフォーマンスをたたき出したいですね。

でも、YouTubeで話題になった「ノーリスクトレード」をしても規約違反にならないのでしょうか?

今回は、AXYORYならではの手法と、規約違反のトレード、

そして達人もやっているちょっと賢い活用法を3パターンご紹介します。

窓埋めトレード

国内FXの窓埋めと基本は同じです。

月曜日の早朝など、窓の空きやすい時間帯を狙って逆張りをする手法です。

この手法はチャートさえ見られればできるので、プラットフォームは選びません。

cTraderでもMT4/MT5でもできます。

窓埋めトレードの手法

具体的には、窓ができた後にその価格帯にレートが戻ってくると想定してトレードするのです。

そのポジションを取り、思惑通りになって利益が出たらポジションを閉じるという手法です。

具体的な手法と手順

図で示したので見てください。

手順は以下に書きました。

スキャルピング的にもできますが、窓が埋まるまでの待ち時間があるのがふつうです。

  1. 窓をみつけて、ショートエントリー
  2. 窓がはじまったところをイグジットポイントに決める
  3. イグジットポイントまで下がったら手仕舞い

この図の例では「ショートエントリー」でした。

でもチャートが逆の形になれば「ロングエントリー」をします。

窓埋めトレードには2種類あるのです。

窓は、上昇と下降の形別に名前がついています。

  • 上昇して窓を作るのを「上窓」(ギャップアップ)
  • 下降して窓を作るのを「下窓」(ギャップダウン)

といいます。

ですので、上の例は「上窓」です。

(英語のサイトだとup gapと書いてありますが、日本ではギャップアップの呼び方が定着しているみたいです)

大きい窓じゃなくても窓埋めトレードできる?

窓が小さい時も、Axioryのナノ・スプレッド口座なら満足いく利益が出やすいです。

Axioryの口座タイプで窓埋めのおすすめ度が違います。

スタンダード口座ナノ・スプレッド口座テラ口座アルファ口座
おすすめ度
理由スプレッドが広がりやすい窓の時間帯は避けた方がいいかもおすすめ。手数料(※)を意識しつつGO!おすすめ。手数料(※)を意識しつつGO!現物株式の口座です。日本株はできません。窓は空きやすいですが、市場スタートは日本時間の夜なので注意。

※ナノ/テラ口座はどちらも片道3USD、往復6USDです。
1ドル110円なら往復660円です。
これ以上の利益を出せればいいわけです。

手数料とポジションサイズの関係

Axioryは、海外FXなのに1000通貨からトレードできるのも魅力。

スプレッドの狭いナノ/テラ口座で行うのがおすすめです。

でも、1000通貨しかポジションをとっていないと手数料負けしてしまいます。

たとえばクロス円の1pipsは円にすると0.01円(1銭)です。

窓埋めの場合、ざっくりですがドル円で10pipsくらい取るのが普通ですので、

そうすると1,000通貨だと100円しか利益になりません。
(円口座の場合)

つまり「窓埋めで10pipsくらい取りたいな」と思ったら、

利益は往復手数料の660円より大きくになるよう、

ポジションサイズを逆算する必要があるわけです。

この例だと、6600通貨なら10pipsは660円ですので、ここが分岐点になります。

これ以上のポジションサイズでないと、ナノ/テラ口座を使う意味がないということになります。

例:クロス円の場合

1,000通貨1万通貨10万通貨
10pips動くと
利益は?
100円1,000円10,000円
手数料との差-560円+340円+9,340円

こんなふうに通貨ごとにチェックしてからポジションサイズを決めてください。

ドル円よりも窓が大きくてそれだけ利益も大きい通貨ペアもあるし(ポンド円やポンドドル)、そうでない通貨ペアもあります。

窓の大きさは過去のチャートを見て比較しましょう。

また、プラスになるといっても数百円だけでは海外FXの意味がなくなるので、

納得いくポジションサイズにすることも大切です。
(だいたいは10万通貨を基準としてやる人が多いです)

ポイント
窓埋めトレードは、ナノ/テラ口座で10万通貨以上ですると効率がいい!

窓ができる理由と埋まる理由

なぜ成功しやすいのか、窓埋めトレードのしくみを知っておきましょう。

FXを中心に説明します。

できる理由

土日はインターバンク市場がお休みで世界中の金融機関は取引を行っていません。

そうすると通貨のレートは変わらないはずですが、

中東の一部で取引をしているところがあります。

主要通貨をいきなり動かすほどでなくても、土日を挟めばそれなりの値動きになるので、

月曜日に見てみると窓が開きやすいのです。

それに加えて土日の間に要人発言政治経済のニュースがあって、それが為替にも関係するようなものだと

世界で一番早くはじまるオセアニア市場で暴落や暴騰が起きます。

そして、我々のアジア市場が開くころには窓がすごく大きいという結果になります。

それまでにニュースによって市場参加者が慌てふためいた痕跡が残ったということです。

埋まる理由

窓ができる理由は以上ですが、埋まる理由も市場参加者のポジションにあります。

一度取ったポジションは利益確定をしなければならないので、

そういう人たちの反対売買で窓を埋める方向にチャートも進んでいくということです。

ポイント
・窓埋めトレードは市場参加者が慌てたときがチャンス
・FXでは月曜日に窓を開けることが多い

窓埋めトレードのメリットデメリット

※ナノ/テラ口座でもスプレッドが広がる可能性はゼロではないです。

NDD方式の辛いところですが、不正をされてストップ狩りされるよりはよっぽどいいはず。

ゼロカットシステムもありますしね。

「【負けても安心!】実は海外FXのスキャルピングは負けた時のリスクが小さいわけとは?」

「Axiory(アキシオリー)の評判ってどう?【比較】14メリットと11デメリット」

メリット

  • 知識や経験がほぼ不要で初心者でも利益が出せる
  • トレードする曜日と時間が決まっていて予定を立てやすい

デメリット

  • 窓ができても埋まらずそのままのこともある
  • せっかく窓埋めできたのに値幅が小さくてあまり利益が出ないこともある
  • 特にAxioryのナノ・スプレッド口座では手数料がかかるので、小さいロットで短時間のトレードは思うように利益が乗らないので注意しましょう。

ほんとうに儲かる?【アルファ口座を最大活用!】

簡単そうで楽しそうな窓埋めトレード、ほんとうに儲かるのでしょうか?

儲けるためのコツはひとつだけ!

きちんと利益を出すには、コツがあります。

コツはひとつだけです。

窓が埋まったらすぐに利益確定をすれば儲かります。

最初から「窓埋めトレード」をする計画でエントリーするわけですから、

欲を出して持ち続けるとまた戻ったりして結局プラスマイナスゼロになります。

そして、それを取り戻そうと慌てるとどんどんマイナスになっていきます。

それから、新興国通貨は、窓は大きいですがスプレッドが開きやすいので成功しないことがあります。

半面、窓をあまり作らない主要通貨は一度窓ができれば埋める確率も高く、

流動性があることからスプレッドの開きもすぐに収まります。

こんなことも気を付けながら銘柄選びをして、

「うまくいかなければすぐ損切りして潔く諦め次のチャンスを待つ」

と決めて実行していればちゃんと口座資金は増えていきます。

上の図だと、窓がはじまったところの青いラインが目標のポジションクローズ位置です。

ポジションを持つ前から、ここで利益を確定すると決めておくのです。

このチャートだと最新のレートは青いラインよりも下がっています。

しかしこれは後になってたまたま下がっただけで、また上がるかもしれません。

窓が埋まるのは、窓を作った人たちのポジションが終わるからだという理由でエントリーしているので

それ以上追いかけたら理由がむちゃくちゃになってしまいます。

実際に欲を出してずっとポジションを持っていたらまた上昇して利益が幻になった例もあります。

※例に使ったチャートは、メキシコペソ/円の4時間足です。この場合、利益確定までは2日半くらいかかっています。半日で窓を埋めるときもあるし、こうなることもあります。

諦めるポイントも自分なりに決めておくと良いです。

「2日間だけ待つ」とかですね。

ストップロス注文は、窓を作る前の高値か、それよりひとつ前の高値で良いです。

必ず入れましょう。

※ストップロスや利益確定の基本はこちら
『【計算一切なし!】移動平均線で「損切り」「利益確定」「エントリー」を1度に決める』

それと、メキシコペソ/円は意外と流動性があってスプレッドの開きも穏やかなときがあります。

これも時期によって変わりますが、覚えておいて損はないです。

※決めたとおりにできなくて悩んでいたら、メンタル管理についても読んでおこう!
「【あきらめるのはまだ早い!】トレードを1年単位で計画する利点と方法」
「【資金管理の手順】FXで家計簿が神レベルなワケとは?」

【まだ知られていないおすすめ手法!】アルファ口座で窓埋めトレードをするには

そして、一番お伝えしたいのが「Axioryのアルファ口座の窓埋め」です。

アルファ口座でトレードできる銘柄は、欧米の株式です。

株は為替よりも窓を作りやすく、埋めやすいのです。

理由は、為替に比べれば流動性が低いから。

誰かの大きな注文ひとつで値が飛んでしまい大きな窓が開きます。

気まぐれなお金持ちが作った窓は、ちょっと埋まるかどうか正直わかりません。

しかし、前日の政策変更、事件事故、要人発言などで朝(ニューヨーク時間なら日本で夜)株式市場がドカンと窓開けということがしょっちゅうあります。

こういいう窓開けは、その日の午前中くらいに埋まってしまうことが多く、それは欧米の株式でも同じです。

このタイミングを狙って窓埋めトレードができるわけです。

ほかの業者では株専用口座がないですからAxioryならではの手法といえるのです。

月曜の朝でなくても、ニュースさえあれば窓ができるので、毎日チェックしてチャンスを見つけることができます。

銘柄は、フォルクスワーゲン、BMW、ネットフリックスなど有名企業ばかりです。

ですから日本にもニュースがよく届き窓の予想も立てやすいのも期待値が高いです。

注意点もあって、レバレッジが1倍です。

といっても1株ずつ売買できるので、銘柄によっては2万円くらいの証拠金でトレードできます。

アルファ口座の取引手数料は、米国市場で片道1.5USD、欧州市場では350円~380円です。

これを計算に入れたうえで窓埋めトレードをしましょう。

コツは、いくつかの株に絞り込んで毎日見ておくこと。

ニュースにも敏感に反応できますし、値動きの癖も知っているのでいざという時に的確にトレードできます。

その株を絞り込むのも難しそうですが、最初のうちは有名で大きな企業を2~3社にしておけばわかりやすいです。

以上、手法というよりトレード計画という感じでしたが、とても期待値の高いものなのでご紹介しました。

ポイント
・欧米株の窓埋めを狙えるのは、アルファ口座のあるAxioryだけ!
・窓埋めトレードは手数料も加味して銘柄ごとに計画的に行おう!

両建てトレード

他社では細かく禁止事項のもうけられている両建てですが、AXYORYでは禁止事項がありません。

チャットで問い合わせたところ” 弊社では特に両建て取引を禁止しておりません”とのことでした。

今の時点での回答なので、利用規約の変更の最新情報はAxioryからのメールなどで確認しておきましょう。

アービトラージ取引もできます。

これらのトレードは、FXでするのが主流です。

ここでもFXを中心にお話します。

※アービトラージや両建てについてはこちらにも書いてあるので、禁止業者もチェックしてみてください。
「アービトラージがわからない?わかるようにします!禁止業者とできる業者」

両建てトレードの手法

両建て手法は、口座を2つ以上用意して行いたいという人がとても多いのです。

しかし海外FXでさえ「複数口座での両建ては禁止」なところばかりで、両建て派にとって不便極まりないのです。

そこで「複数口座の両建ても禁止していない」Axioryが注目を浴びているのです。

では、手法です。

単純にいうと、売りと買いのポジションを同時に持つことで、

相場が上がっても下がっても損失をヘッジできるという方法です。

なんでこんなことをするのかというと、

持ち続けることでプラススワップが貰えるからです。

なので、これをするには売りと買いのスワップの差がプラスになる銘柄を選ばなくてはいけません。

両建てトレードのメリットデメリット

慣れればすらすらできる両建てトレードですが、初心者のうちは特に面倒くさそうだし、デメリットも知っておきたいですね。

メリット

リスクを極力抑えるための手法ですから、損失を少なくすることができ、うまくいけば利益を伸ばせます。

デメリット

銘柄を探すのが面倒です。

YouTubeなどで「この銘柄が良い!」と言っていても、スワップを確認するとマイナススワップだったりします。

自分でスワップ一覧表を見て銘柄を探して、スワップが反転しないように時々チェックしなくてはなりません。

FXの両建てはシンプルにできますが、問題は現物株式です。

それから、Axioryならではの現物株式ではスワップはないので、単にヘッジの目的でしか両建てできないのです。

現物株式の口座はアルファ口座だけなので、複数口座を使った両建てもできません。

ナノ/テラ口座などでCFDと両建てっぽくして現物株式を持つことはできます。

やり方は下の記事の「日本の金融商品を使ったアービトラージ」とほぼ同じです。

できるのですが、やっぱり時間と手間がかかります。

「アービトラージがわからない?わかるようにします!禁止業者とできる業者」

ほんとうに儲かる?

ちょっと面倒ですが、Axioryの「取り扱い商品」のところからFX(通貨ペア)を選ぶと最新のスワップが日々更新されているので必ず確認します。

両建てしてプラススワップになるようにポジションを持ちましょう。

プラススワップのほうがマイナススワップより大きいほうがいいのですが、たまにしかそうなりません。

しかし見つけたらやってみたい手法です。

ときどきスワップをチェックしてポジションを入れ替えるのも地味な作業ですが、少しずつプラスになっていきます。

Axioryのスワップだと、「トライアングルアービトラージ」がいいかもしれません。

この手法も以前書いたので参考にしてください。

「アービトラージがわからない?わかるようにします!禁止業者とできる業者」

EAを作れる人は、これらの注文を自動でやっているようです。

ポイント
海外FXでも口座間両建てOKなAxioryはとっても貴重な存在!

【禁止です】ノーリスクトレード

結論からいうと、2021年のお中元ボーナスキャンペーン時に流行ってしまった「ノーリスクトレード」は、禁止です。

今後ボーナスキャンペーンがあったとしても規約違反になる可能性が高いです。

すでに2021年のボーナスキャンペーンは終わっています。

その際にも注意喚起がされていたので、次回のボーナスキャンペーンももちろん禁止になるでしょう。

規約違反なので、ノーリスクトレードをすれば強制的にアカウント解約になります。

ノーリスクトレードの手法【やってはダメ】

ボーナスをもらったあと、ほかの口座にボーナスだけ移したあと、自己資金は出金してトレードを行う。

わかりにくいのですが、ふつうAxioryでは両建てもアービトラージも禁止はしていないのです。

でも、さすがにボーナスだけ使ってするのはちょっと、ということのようです。

ボーナスだけ使って両建て、どっちに転んでも利益が残るとなってはノーリスクではありますが、

Axioryのサービス精神を逆手に取った裏切り行為のようにも感じられます。

メリット

なし。

口座凍結されてしまいます。

デメリット

口座凍結されます。

今後のボーナスキャンペーンでも同じと思われます。

ほんとうに儲かる?

儲かりません。

ポイント
楽しいボーナスキャンペーンは正直に使って利益を上げよう!

AXYORY口座の活用方法【その他】

他にないシステムが次々とリリースされるAXYORY。

知らないともったいない便利技をすこしご紹介します。

一度口座を作れば、使い倒して楽しめるのがAxioryなのです。

FXの達人や上級者って、こういうのを見つけるのが上手ですよね!

通貨インデックスがある!

通貨インデックスとは、ドル円などのように2通貨だけを比べるのではなく、

ドルをいくつもの通貨(ユーロ、円、ポンド、カナダドル、スウェーデンクローナ、スイスフラン)と比較してどれだけ強いかを導き出した値です。

これが他の通貨のインデックスの基礎になるドルインデックスと呼ばれるものです。

Axioryでは、「合成通貨指数」といってドルだけでなく、円やニュージーランドドルなどのインデックスも見ることができます。

Axioryでは、トレーダーの使い方次第と表現していますが、

これらを見比べることで活発な取引のある通貨を見つけることができ、銘柄選びに役立ってくれます。

(値動きがしっかりあると戦略によってはとても勝ちやすくなります)

ワンクリック注文と板注文

cTraderMT4/MT5も簡単にワンクリックで発注ができます。

板注文もできるので、注文の多い価格帯を確認しながらトレードすることができます。

ストライクインジケータ

インジケーターが豊富なのもAXYORYの特徴です。

たとえばMT4の「ストライクインジケータ」は、ほかのトレーダーよりも有利なスタートを切ることができるインジケーターです。

ストライクインジケータをはじめとするインジケーターは、口座を開設すれば無料で使えます!

※ストライクインジケータを使うにはMT4を知ろう!
「【完全版】MT4(メタトレーダー4)のダウンロード・インストール方法」
「【完全版】MT4(メタトレーダー4)の 操作方法 ~初心者編~」

まとめ

今回は、Axioryの持ち味を生かした勝てる使い方をご紹介しました。

海外FXトレーダーとして「ここが不満なんだけど」と深層心理でモヤモヤしていたことをたくさん解決してくれている業者です。

Axioryで新しいトレード体験に飛び込んでみたいですね!

※まだまだ海外FXのことがよくわからない方は、こちらの記事も読んでください。
テクニカル分析とファンダメンタル分析の解説も、現役トレーダーや本物のテクニカルアナリストにしか書けない内容ばかりですよ!

※ナノ/テラ口座を持つなら、スキャルピングの手法も知っておこう!
「【負けても安心!】実は海外FXのスキャルピングは負けた時のリスクが小さいわけとは?」
「【スキャルピング派必見!】エントリーポイントの見つけ方」
「スキャルピングと中長期トレードで【ブレイクアウト】を使おう」
「海外fx口座を選んでスキャルピングテクニック8パターンをマスターする!」

● 当サイトの厳選ランキング! ●

1位XM Trading (エックスエム)評判レビュー公式サイト
2位Gemforex (ゲムフォレックス)評判レビュー公式サイト
3位iForex (アイフォレックス)評判レビュー公式サイト
4位TitanFX (タイタンFX)評判レビュー公式サイト
5位Axiory (アキシオリー)評判レビュー公式サイト
ハイローオーストラリア評判レビュー公式サイト