【トレーダー目線】cTraderはMT4/MT5より使いにくい?

ツール

● 当サイトの厳選ランキング! ●

1位XM Trading (エックスエム)評判レビュー公式サイト
2位Gemforex (ゲムフォレックス)評判レビュー公式サイト
3位iForex (アイフォレックス)評判レビュー公式サイト
4位TitanFX (タイタンFX)評判レビュー公式サイト
5位Axiory (アキシオリー)評判レビュー公式サイト
ハイローオーストラリア評判レビュー公式サイト


cTraderは、操作方法がシンプルなのですぐに使えるようになります!
「cTraderを一度使ったら、MT4には戻れないよ」と言っているトレーダーも居るほどです。

海外FXのプラットフォームで注目を集めているcTraderは、Axioryで使うことができます。

ただ、使いにくいという意見もありますが本当でしょうか。
実は、MT4/MT5を使えている人ならだれでもすぐに覚えられる仕様になっています。
食わず嫌いがもったいないプラットフォームなのです。
ぜひ挑戦してみましょう。

今回の解説ポイント
・cTraderの特徴とMT4/MT5との違いとすごい特徴 どの業者を選べばいいか
・ダウンロード方法
・かんたんデモ体験
・操作方法と使い方

cTraderとは

透明性の高さで人気のあるNDD方式の海外FX業者との組み合わせで、
約定も速くスプレッドも狭い理想的な短期トレードが叶うのがcTraderです!

cTraderの運営会社は、SPOTWARE(Spotware Systems Ltd.)で、
cTraderをはじめFXサービスを提供している会社です。

cTraderはNDD方式に適したトレード環境を目指したプラットフォームで、
そのため最も小さなスプレッドが0.0pipsになることもあります。

※ここにもcTrsderについて新しい情報があります

Axioryを使い倒す!達人がやっている活用テクニック4選

cTraderとMT4/MT5、トレーダー目線のメリットデメリット

実際にトレードで利用しないと良さがわからないことがあります。
そこで、トレーダー目線で「cTraderならでは」「あって良かった」と思える機能を比較しました。

導入方法など初歩的な事柄は、

「iFOREXでMT4は使える?同時活用で本気のゼロカット」
の「プラットフォームの比較」の章で比較しています。

ぜひこちらも読んでおいてください。

cTraderとMT4/MT5【トレーダー目線での比較】

では、実際に使っていて「違うな」「これはいい!」とトレーダーが感じるポイント
に絞って比較しましょう。

cTraderのデータは、Windows版のダウンロードタイプ(一番よく使うタイプ)を基本にしています。

cTraderMT4MT5
操作性全般(※)
サウンド切り替え(※)できるが面倒できるが面倒
ウォッチリスト作成××
価格アラート標準装備
予定損益の確認××
同時決済の時間差なしありあり
板情報(※)×
オートチャーチスト××
センチメント機能××
EAとカスタムインジケーターまだ少ない豊富豊富
EAバックテスト
(8年まで)

※「操作性全般」については、各プラットフォームの使い方がわかってからの比較です。
 使い方を知らないうちは、何をやっても「使いにくい」と感じるからです。

※サウンド切り替えというのは、約定時などの効果音を出すかどうかの設定です。
 MT4/MT5の「ぼよよん音」を不快と感じるのに、
 消す操作が意外と面倒だと嫌になった人も多いはず。
cTrsderはチャート横のスピーカーボタンをクリックすればワンタッチでできる
 ので優秀です。

※MT4/MT5にも「板注文画面」という機能があるのですが、
 下の図のように価格帯を見るために使うことに特化しています。
 対してcTraderの板情報は注文がどの価格帯に入っているかを目視できるため、
 相場を予測するのにも使える便利なものです。

※ MT4のサウンド設定はこちらの「MT4のオプション機能」「9.音声設定」にあります(MT5もほぼ同じ)

【完全版】MT4(メタトレーダー4)の 操作方法 ~レベルアップ編~

cTraderのメリット

【トレーダー目線での比較】の表にもあるように、
MT4/MT5でできないことができるのがcTrader
です!

EAとカスタムインジケーターは、MT4/MT5に比べるとまだ少ないです。
それでもEAが300個以上、
カスタムインジケーターとインジケーターを合わせると1000個以上になってきました。
(2022年2月現在)

さらにcTraderの人気が上昇しているため、
カスタムインジケーターも増やしてくれるかもしれません。

カスタムインジケーターはcTDNというコミュニティで提供しています。
無料のインジケーターもありますが、解説はまだ英語だけのようです。

また、MT4のインジケーターをcTrader用に書き換える日本人のツワモノも出てきています。
こういったことは、使いやすくなるのを楽しみに待ちましょう。

では、わかりやすく箇条書きにして、
特にトレーダーの間で喜ばれているメリットを並べます。

  • チャートからの発注がしやすいという意見が多い
  • 板情報が便利
  • 複数ポジションの一括決済の時間差がない
  • 約定拒否、価格操作の可能性がとても少ない
  • 予定損益の確認がすぐできる
  • 日本語設定ができる
  • スプレッドが狭く最小で0.0pips
  • EAとカスタムインジケーターは、C#言語で構築できる

数少ないEAなどのプログラムは、
(プログラムが得意な多くのトレーダーが知っているであろう)
【C#言語】で構築できます!
これはすごいポテンシャルを秘めているといえます。

ポイント
MT4/MT5のように専用プログラム言語を新たに覚えなくてもいい!

自分で作れなくても、そのうち優秀なトレーダーがコミュニティで提供してくれるかもしれません。
cTraderを立ち上げていれば、コミュニティにもアクセスしやすくなっています。

※MT4のEAやカスタムインジケーター(外部インジケーター)を知りたいならこちら

cTraderのデメリット

  • 慣れるまでは辛い
  • アップグレードでたまに使いにくくなる
  • スマホ版アプリは使いにくいとの評判
  • まだWindows10までにしか対応していない
  • EAとインジケーターが少ない

※Windowsは、11に更新されつつあります。
 しかし、まだ10も十分使えますし、
 cTrader側も順次対策してくれると思うのであまり心配しなくていいと思います。

※ただし、ある日急に使いづらくなったようなときには、
 何が原因かわからないのでいったんトレードに使うのを中止するといった
 臨機応変な対応をしましょう。

【使いにくい】は本当?

一部の過去バージョンとスマホアプリが使いにくいという意見は多かったので、
それは本当のようです!

使いにくいバージョンは「3.8」でした。
→今はバージョンアップを終えていて、そこまでの悪評は目にしなくなりました。
 2022年6月現在のバージョンは4.2です。

スマホアプリを見てみると、こちらも少しずつ改善されているようです。
iPhoneアプリは使えるという意見がありました。
一括決済はスマホアプリでもできます。

ポイント
・使いにくいのは一部の要素だけ!
・すぐに改善される傾向があり、心配しすぎる必要はない

※MT4/MT5のことも知りたいなら

cTraderに向いているトレーダーはどんな人?

スプレッドの狭さと価格提供の透明性、素早い操作性を合わせて結論を出すと、
cTraderにはスキャルパー(スキャルピングをするトレーダー)が向いています!

実際、先輩トレーダーはデイトレード~中長期の投資ではMT4/MT5を使い、
スキャルピングではcTrsderを使うというようにしています。

この使い分けは、業者の使い分けともいえます。
スイングトレード→XM
 スキャルピング派→TradeviewやMYFXマーケッツのcTraderを使う
という使い分け

cTraderを導入している業者はまだ少数派なため、
そのためだけに口座を作るパターンもあるわけです。

ポイント
cTraderはスキャルパーに向いている!

※複数の業者の使い分けとは

【複数の口座】別業者の口座を同時に開設するのはなぜ?

cTraderを導入している海外FX業者

こちらが導入している業者です。

選ぶべき業者は?

Tradeviewを選べば、特にストレスなく使えるはずです。
また、IFCMarketsは受賞歴もあり信頼度も高いのでこちらもおすすめです。

トレードビューは、cTraderを導入している海外FX業者名です!
トレードプラットフォームのTradingviewとは違います。

(Tradingviewってなに?こんなにすごい無料サービス)

ダウンロードとインストール

cTraderのダウンロード方法とインストール方法をスッキリ解説します。
画像はAxioryという業者のものですが、どこも似た感じです。
それに、これまでMT4/MT5をダウントードしたことのある方は、
同じような手順ですので難しくありません。
思い出しながら行ってください。

【完全版】MT4(メタトレーダー4)のダウンロード・インストール方法

Windows10の画面で解説します。

  1. 各業者のマイページにあたるところ(ここではMyAxiory)にログインして、
    メニューから「プラットフォームとツール」「cTrader」の順に選択します。
  1. 「cTraderのダウンロード」の下の「ダウンロードする」をクリック
  1. PCの「ダウンロード」フォルダのこれをダブルクリックすると、
    インストールウィザードが立ち上がり、「インストール」を選ぶとインストールが始まります。
  1. セキュリティの警告が出ても「Install」「はい」をクリックしながら終わるのを待てば、
    デスクトップにアイコンが作られてインストール終了です。

最後にアイコンをダブルクリックしてcTraderを立ち上げて、
IDとパスワードでログインすれば使えます。

※IDとパスワードは初回に設定が必要なことがあります。

Spotware社の名前で「cTIDのパスワード設定」のメールが来ます。
それに従って設定しましょう。(cTraderにログインするための設定)
このときのメールはAxioryからではないので、ビックリしないようにしましょう!

※AxioryなどのFX業者からあらかじめIDを送られている場合もあります。
 口座開設時のAxioryからのメールを確認してみてください。

ポイント
・PCになにかのアプリをダウンロードしたことのある人なら、同じように行えます
・難しく考えなくて大丈夫!

【誰も知らない?】最短時間でデモを試す方法

約2ステップでデモを試すことができますが、意外と知られていません!

意外と書いているところが少ないのですが、簡単な登録でデモを試すことができます。

「Axioryでのダウンロードとインストール」の”2.”の画面では、
右側に「Web版cTrader」へのリンクがあります。
そこの「アクセスする」をクリックするとブラウザで使えるcTraderに行けます。
ログインはFacebookかGoogleのアカウントでもできるのです。

ログインに成功すると、バーチャルマネーのUSD1000ドルが入っているデモ口座が開きます。

※見つからない場合は、ここから行ってみてください。公式のデモで、ブラウザから操作できます。https://ct.spotware.com/

また、ダウンロードタイプでも、
FX業者のIDを入力せずにFacebookかGoogleアカウントを選ぶとデモ口座を作ってくれます。

ポイント
cTraderは操作性と反応の良さが素晴らしいのですが・・
それは敏感なための誤発注を誘う事にもなります。
タップミスやクリックミスが致命傷になるかもしれません。
ご誤発注をしないためにもデモ口座で操作の練習をするのをおすすめします!

※デモ口座の大切さ

XMそして人気業者のデモ口座【作り方使い方】

実際のメニューと操作方法

今回取り上げた機能の使い方を、ここで簡単にまとめておきます。

日本語設定

基本設定は、左下にある歯車マークから行えます。

最初に日本語に設定しておくと楽です!
出たメニューの左側「General」をクリックして国旗の絵を出しましょう。

イギリス国旗をクリックしてプルダウンメニューを出すと日本の国旗が出ます。
(選ぶと警告が出ますが再起動しますよという意味です)
そのまま「Restart」をクリックすれば変わります。

サウンド切り替え

これは『cTraderとMT4/MT5【トレーダー目線での比較】』の図を見てください。

メニューが出ていない場合は、左上の三点リーダー(漢字の三みたいなメニュー)を開くと出ます。
通常の発注は図の「※」のところで行います。

では図を見ながら解説します。

  1. ウォッチリスト(閲覧と作成)

図の「1」で閲覧、銘柄を選ぶことができ、チャートに表示できます。
作成は、左上の三点リーダーの「Trade」のメニューの
一番下に「+新規ウォッチリストを作成」があるので、
そこから作ることができます。

  1. チャートからの発注

「2」をクリックすると売り買いを選ぶことができます。
瞬時に約定するので気を付けましょう。
下に出る小さいボタンをドロップすると、
チャート上の任意の場所で指値をすることもできます。

  1. 予定損益の確認

「3」のポジション表示部分をダブルクリックか右クリックで出るメニューで指値の設定と、
それに対する予定損益の確認ができます。

  1. 同時決済

「すべてのポジションを閉じる」をクリックします。
「ポジション」タブを選んで今のポジションを表示させると、右上に出ます。
一瞬で約定してしまうので注意してください。

  1. 板情報

DoMのタブを開きます。
ここを開くと、
【売りがいくらでどのくらい入っているか、そして買いはどうなのかが目視でわかります。】

  1. センチメント機能

チャート発注ボタンの下に板情報を一本にまとめたようなのが出ています。
これが市場のセンチメントで、
【買いたい人が多いのか、それとも売りたい人が多いのかが一目でわかります。】

  1. オートチャーチスト

「7」のタブを開きます。
オートチャーチスト(Autochartist)とは、
さまざまなテクニカル分析の結果、未来はどうなるかを予測して図で示すものです。

当たったり当たらなかったりしますが、トレードの参考になります。

EAとカスタムインジケーター

・EAなどプログラムをするようなメニューは、
 左上の三点リーダーを開くと「Automate」というのが出るのでそこから行います。
・元のチャート画面に戻りたいときは、
 すぐ上のローソク足のマークの「Trade」をクリックすると戻れます。

EAのバックテスト

バックテストは、「Automate」のすぐ下の「Analyze」から行えます。

このバックテストの方法や項目は、
MT4/MT5のバックテストと大差ないので経験があればすぐ馴染めます。

経験がない場合、こちらも読んでください。

※MT4はこうします

MT4でバックテストとフォワードテスト【理由から方法まで】

MT4/MT5のレポートを最高に活用して敏腕トレーダーになる!

まとめ

今回は導入したいという希望があるときのために、
最初に知っておくといいことだけを簡単に網羅しました。

スキャルピング派ならぜひとも使ってみたいプラットフォームです。

スキャルピングについてもっと知りたい方はこちらも読んでみてください。

※新しくて面白いスキャルピング手法を知ろう!

【負けても安心!】実は海外FXのスキャルピングは負けた時のリスクが小さいわけとは?

【スキャルピング派必見!】エントリーポイントの見つけ方

スキャルピングと中長期トレードで【ブレイクアウト】を使おう

海外fx口座を選んでスキャルピングテクニック8パターンをマスターする!

※スキャルピングにおすすめのほかの業者は?

「【厳選3業者】スキャルピングやるトレーダーにおすすめはここ!」

● 当サイトの厳選ランキング! ●

1位XM Trading (エックスエム)評判レビュー公式サイト
2位Gemforex (ゲムフォレックス)評判レビュー公式サイト
3位iForex (アイフォレックス)評判レビュー公式サイト
4位TitanFX (タイタンFX)評判レビュー公式サイト
5位Axiory (アキシオリー)評判レビュー公式サイト
ハイローオーストラリア評判レビュー公式サイト