【損失拡大を防ぐ】実行レバレッジの出し方使い方

取引方法

● 当サイトの厳選ランキング! ●

1位XM Trading (エックスエム)評判レビュー公式サイト
2位Gemforex (ゲムフォレックス)評判レビュー公式サイト
3位iForex (アイフォレックス)評判レビュー公式サイト
4位TitanFX (タイタンFX)評判レビュー公式サイト
5位Axiory (アキシオリー)評判レビュー公式サイト
ハイローオーストラリア評判レビュー公式サイト


海外FXでは最大レバレッジが5000倍だったり、利益への期待が膨らみます。
しかし損失もそれだけ一度にかさんでしまうのかと心配になります。

そんなときに「実行レバレッジ」を調整すれば、計画的なトレードをすることができるのです。

今回の解説ポイント
・【計算式つき】実行レバレッジの意味
・なぜ実行レバレッジが必要なの?
・【一覧つき】実行レバレッジでロスカットレベルを避ける方法
・ おすすめ実行レバレッジの値

実行レバレッジとは【答えあり】

誰でも自己資金には限界があります。
「それをどう生かすか?」のヒントになるのが実行レバレッジです。

実行レバレッジの意味【答え】

実行レバレッジとは?
置いてある口座資金の何倍で取引をしているか?の「何倍」の値です

これで実行レバレッジの理解はほぼ完璧です。

FXは、国内も海外もレバレッジがかかっていて、少ない手元資金で大きなトレードができることが魅力です。
特に「実行レバレッジ1倍」は、FXでない現物取引のときに必要な額と同じです。
ですから基準としても重要な値となります。
これは「レバレッジをかけなくても取引できるだけの資金が、口座に入っていますよ」という意味だからです。

この「実行レバレッジ」がなぜ注目されるのかというと、簡単にいえば証拠金の管理のためです

ギリギリ過ぎると危ないし、常に実行レバレッジ1でも海外FXの意味がないですから、ちょうどいい証拠金を用意したいのです。
※ちなみに口座資金という用語は、ここでは口座内の証拠金残高と同じ意味で使っています。

※証拠金などの用語はこちら
【注意点】海外FXで資金を溶かさない対策法とは?

知っておきたい3つのレバレッジ

ここで少しお話を挟みます。
「〇〇レバレッジ」についてです。

レバレッジにいろんな名前がついていることがあります。
ネットで何かを探しているとごちゃごちゃになってしまいます。

実行レバレッジを入れて3種類を把握しておけば、トレード計画を立てるときにも問題ないので、一度整理しておきましょう。

  1. レバレッジ
  2. 実行レバレッジ
  3. 最大レバレッジ

ここからの説明は、例としてこのパターンを使います。

口座に20,000円入っている(証拠金残高20,000円)
・ドル円が135円のときに1万通貨でトレードしたい
・使う口座は、通貨のレバレッジが1000倍の業者である

レバレッジ(必要証拠金に対してのレバレッジ)

一番よく使う単なる「レバレッジ」のことです。

他のレバレッジの種類と呼び分けるときは「必要証拠金に対するレバレッジ」などといいます。
意味はそのままです。

「必要証拠金に対するレバレッジ」=普段私たちが「ここの業者のこの銘柄ってレバレッジ〇倍だね」と言っているときの値と同じです。

「この業者でドル円は、レバレッジ1000倍で取引できます。
だから1万通貨のときの必要証拠金は1,350円でいいんですよ。
必要証拠金に対するレバレッジは1000倍ですね」

言葉としては、上記のような使い方をします。
このときの必要証拠金が1,350円で、実際に取引する1万通貨は円にすると1,350,000円です。
(ドル円135円の場合)

計算式
必要証拠金に対するレバレッジ1000倍=1万通貨x135円÷1,350円

※海外FXとレバレッジの関係とは
GemForex(ゲムフォレックス)レバレッジ5000倍の評判ってどう?人気ボーナスは釣りなのか?
【Q&Aつき!】海外FXは不安?今さら聞けない疑問に答えるよ

【複数の口座】別業者の口座を同時に開設するのはなぜ?

実行レバレッジ

今回の話題のメインのレバレッジがこれです。
使っている証拠金ではなく、口座全体の資金でその銘柄をどれだけ持てるかということを考えるのが実行レバレッジです。
自分の資金という実力に対して何倍の取引をしているか?とも言えます。

また、呼び方が違うことがあります。
「運用レバレッジ」ともいわれ、口座資金に対してどんな倍率で運用しているのかに着目した言い方ですが意味は同じです。

口座内資金が、最初の例でいうと「20,000円」です。
ポジション評価額は、同じ例で1万通貨xドル円135円=1,350,000円です。

ですので、例の場合の実行レバレッジは、以下のようになります。
実行レバレッジの計算には口座残高を使っていることがわかります。

計算は、【ポジションの評価額に対し口座内に用意した資金の比率】を出します。
口座内の資金は初期の資金です。
ポジション評価額が、ポジションを持った後に増えたり減ったりしている額です。

計算式
実行レバレッジ67.5倍=1,350,000円÷20,000

この計算式でもわかるように、実行レバレッジは銘柄の価格によって常に動くものです。
でも、一般にひとつ価格を選んで、目安の値を出すことがほとんどです。

トレード計画に使うときも、そのようにすれば良いでしょう。

最大レバレッジ

これもそのままの意味で、このサイト内でもよく使っている用語です。
その業者でかけられる最大のレバレッジといった意味です。

国内FXの最大レバレッジは25倍で、海外FXのTitan FXの最大レバレッジは500倍ということになります。
XMなら1000倍です。
GemForexは、キャンペーンによって5000倍になったりします。

※各業者比較
https://thekaigaifx.com/category/review/

計算式
計算式はなく、その業者が発表しているレバレッジのうち最大のものが最大レバレッジです。
業者ごとに違うほか、銘柄や時世によって変わることがあります。

※ここでもし口座内に1,350円だけ入金してあったら「フルレバレッジ」と呼んで使い分けています。
これは「実行レバレッジ1000倍」と同じ意味ですが、あまりそうは言わずに「フルレバレッジ」と呼ばれます。
また、「フルレバレッジ」は、資金管理とは別の領域の話として話題になることが多いようです。

※1回に売買する通貨の数を「ポジションサイズ」と呼ぶことがあります。
「1万通貨をロングした」「1万通貨をショートした」という場合はどちらも「ポジションサイズは1万通貨」となります。

※フルレバレッジ(フルレバ)に最適なテクニックとは

海外FXのフルレバ実は安全?手法とおすすめ業者

実行レバレッジを考えておくメリット

  • ゼロカットまでの距離をあらかじめわかっておける
  • ギャンブル気分を抑えて投資家目線でトレードを考えることができる
  • 専門家の話を理解しやすくなる

知っていればすぐに勝てるわけでもないし、トレード毎に実行レバレッジを考えるのは面倒なものです。
それでも「自分が今何をやっているのか?」をはっきり見るためには優秀はツールです。

実行レバレッジを考えておくデメリット

  • 計算が面倒
  • 実行レバレッジ1なんていう資金はそもそも持っていないので気分が暗くなる
「面倒だ」が最大のデメリットです。
それにスキャルパーの中には「知らなくても勝てる」という意見を持つ人もいます。

ただしFXをやっていると、他のトレーダーは大体知っている事なのでやっぱり知っておきたいと思えてくるようです。

※ゼロカット、マージンコール、ロスカットについて
iFOREXでMT4は使える?同時活用で本気のゼロカット

※MT4の使い方
【完全版】MT4(メタトレーダー4)のダウンロード・インストール方法
【完全版】MT4(メタトレーダー4)の 操作方法 ~初心者編~

実行レバレッジの使い方

それでは実際に使っていきましょう。

トレーダーとしての立ち位置を知る

よく使うのは「今って実行レバレッジいくらかな」と自分の立ち位置のようなものを知りたいときです。

「自分が少なすぎる資金で無理して大ロットを持っていないか?」
「せっかくの海外FXで口座資金に余裕を持たせすぎてお金を遊ばせていないか?」
といった判断に使えます。

あくまで目安ですが、例を書いておきます。
レバレッジ1000倍の場合、このくらいだと平均的です。
ついでに、次に書くロスカットに対してもまあまあ安心です。

  • スプレッド極狭の口座で秒スキャする:フルレバ~実行レバレッジ10倍
  • 普通にデイトレードをコツコツ毎日する:実行レバレッジ25倍~実行レバレッジ700倍
  • スイングトレード以上:実行レバレッジ500倍~実行レバレッジ700倍

※ただし、あまり動かない時代と想定した、クロス円で考えています。
銘柄ごとに違うので次の「ロスカットに近いかどうかを知る方法」も見ながらトレードごとに出してみるのをおすすめします。

ロスカットに近いかどうかを知る方法

実際に身につまされるのが「ロスカット水準にどれだけ近いか」ということです。
近すぎず遠すぎずが良いのですが、人により考えが違います。

「これだ!」という明確なルールは確立されていないようです。
それぞれ経験で決めるのがいいのではないかと思いますが、決め方のヒントを書きます。

ドル円

(ロスカット水準を証拠金残高20%とします。)

海外FXでは「証拠金の残高が口座資金の20%まで減ったら強制的にロスカット」というルールを採用しているとことがほとんどです。

(「証拠金維持率が20%を下回ったら」と同じ意味)

20%というのも大体どこの業者も同じです。
ただし口座タイプや銘柄などでも変わることがあるのでトレードの前に必ず確認するとして、ここでは20%を例にしておきます。

この20%というのは証拠金維持率ではありません。
「初期に用意した口座の資金が20%しか残っていない」ことなので、ここでロスカットをしてくれれば資金を少しでも守ることにつながります。
といっても、されないような資金の管理は必要で、適度にストップ注文を入れておいたほうが賢いです。

そして、実行レバレッジは低いほうが、そのポジションはロスカットレベルから遠いことになります。

ドル円が135円のときに1万通貨のポジションを持つ場合(業者のレバレッジは1000)

※単純計算の試算なので、手数料やスリッページは考慮していません。
ただし大手の海外業者は、ロスカットまでに30pipsくらいの余裕を持たせてくれます。
色々ありますが、この表も一応参考にしてください。

スタート時の口座残高(a)口座残高20%(b)a―bロスカットまでのpips
実行レバレッジ11,350,000円270,000円1,080,000円10,800
実行レバレッジ10013,500円2,700円10,800円108
実行レバレッジ1000(フルレバ)1,350円270円1,080円10.8

※(a)の金額を用意して(b)の金額になるまで負け続けてしまうと「ロスカットになります」ということを表しています。

表を見ると【ちょうどいい口座残高はいくら?】の問いは【実行レバレッジをいくつにする?】と同じ意味です。
その銘柄がどれだけ荒く動くのか?またはあまり動かないのか?を知るにはインジケーターのATRが便利です。

ドル円は、普段は1日に1円(100pips)も動けば仰天するような通貨ペアです。
それだけ安定したボラティリティでいつも推移しているのです。
(ただしロシアの戦況次第で高ボラティリティに変化する可能性もあります)

※ATRの使い方
海外FXにもボラティリティは必要?ないと危険かも!
【資金管理の手順】FXで家計簿が神レベルなワケとは?

コモディティなどの銘柄

コモディティなどは通貨と違い、スプレッドが大きくて値動きも急に荒くなります。
できれば実行レバレッジが望ましいですが、それでは海外FXの良さがなくなってしまいます。

銘柄にもよりますが、ゴールドや原油といったそこそこポピュラーで流動性のある銘柄なら実行レバレッジは通貨と同じか、少し低めにする程度で大丈夫です。

海外FX業者のコモディティ(商品)スプレッド比較

ポイント
つまり、ロスカット水準プラスある程度の余裕を持たせた証拠金残高が良い

ロスカットレベルと証拠金維持率がわからないときは

ロスカットレベル(ロスカット水準)については詳しい記事があるので、こちらを参照してください。

※ロスカットレベルと証拠金維持率の出し方はここ
海外FXのフルレバ実は安全?手法とおすすめ業者

まとめ

実行レバレッジをあらかじめ知ってから資金を準備し、トレードすれば損失が広がるのを未然に防げます。
必要以上の資金を無駄に使わなくなるからです。

ロスカットとの関係が大事なのですが、少しわかりにくいかもしれません。
「ロスカットに近いかどうかを知る方法」も見ながらゆっくりと決めていきましょう。

※すぐに売買テクニックを知りたいならこちら

【負けても安心!】実は海外FXのスキャルピングは負けた時のリスクが小さいわけとは?

【スキャルピング派必見!】エントリーポイントの見つけ方

スキャルピングと中長期トレードで【ブレイクアウト】を使おう

海外fx口座を選んでスキャルピングテクニック8パターンをマスターする!

【ファンダメンタルズ!】勝率を上げるための5つの指標とは?

【一度逃げた人用】本当にわかってる?移動平均線のすべて

● 当サイトの厳選ランキング! ●

1位XM Trading (エックスエム)評判レビュー公式サイト
2位Gemforex (ゲムフォレックス)評判レビュー公式サイト
3位iForex (アイフォレックス)評判レビュー公式サイト
4位TitanFX (タイタンFX)評判レビュー公式サイト
5位Axiory (アキシオリー)評判レビュー公式サイト
ハイローオーストラリア評判レビュー公式サイト